1万人が訪れる「観光いちじく園」を作る!

1万人が訪れる「観光いちじく園」を作る!

2025年までに1万人が訪れる「観光いちじく園」を開園します!

私達は、エースクール農業塾を通じて集まった「いちじくに熱い情熱を持つメンバー」です。「心に残る本当に美味しいいちじく」を沢山の方に味わって頂きたいと活動しています。

=目標=
私達メンバーは、2025年までにシーズン1万人が訪れる「観光いちじく園」を神戸に開園します。

=理念=
1.ここにしかない「心が動く本物の美味しさ」を追求する
2.メンバー間で技術・情報を共有し、ともに成長していく
3.地球に負担の少ない持続可能な農業を目指す

=メンバー=
T.K....メンバー最年長。いちじく&いちご農家を目指し研修中。
O.K....現医薬品開発者。脱サラ就農を目指す。
S.k....現金融マン。脱サラ就農を目指す。
M.D....現メディアマン。半農半Xを目指す。
K.E....現不動産業。??
T.Y....現いちじく園園主。

2週間ほど前に芽かきをした新梢がすくすくと育ってきました。

園の周りでは水を張った田んぼが増え、神戸の都心から車で30分余りの場所とは思えない田園風景が広がっています。

 

 


さて、きょうはいちじくの誘引作業です。

葉のつけ根の部分で、膨らみ始めたなり始めた実を傷めないよう、ひもを枝にくるくると巻き付け、頭上の誘引線に引っ掛けて結びます。
こうしていちじくの枝を吊り上げます。同時に芽かきも。

 


専門書によると、いちじくの誘引にはこんな意味合いがあるそうです。

「新梢の下垂による日照不足や作業性の低下、葉ずれによる傷果の発生を防止する目的で、結果枝の誘引を行なう」 株本暉久編著(1996)『イチジク 栽培から加工・売り方まで』(新特産シリーズ)農文協
 

なるほど。日々是勉強であります。

(M.D.)