池袋ガーデンクリニックのブログ

池袋ガーデンクリニックのブログ

池袋ガーデンクリニックスタッフのブログです。


テーマ:

晴れ こんにちは!

第4回目の更新になります

 

前回は「食事」について書きました。

参考になりましたでしょうか…目??

 

『受け口治したいけれど、ごはん食べれなくなりそうで怖いな…』

という不安のある人のちょっとした“安心”につながってくれてたらなって思います。

もちろん慣れるまでの個人差はあるんですけどね。

もしかしたら慣れに時間のかかる人もいるかもしれませんし、

中には私なんかよりもスイスイと色んな物が食べられるようになる人もいるかもしれません。

私の場合、慣れるのに早すぎることもなく、かと言って遅いという感じでもないと思うので、

目安だと思っていただければと思います(∩・ω・)∩キラキラ

 

そんな感じで1日1日をゆるく生きている私ですが、

無事に術後から一カ月が経ちました合格

 

     \ ぱちぱち /

(ノ。・ω・)八(。・ω・。)八(・ω・。)ノ

 

早いものです。

私が手術を受けたことを知っている方々も『早いね~』と言ってくれるほどに。

そして、私が思っていた一カ月後と、実際の一カ月後はだいぶ違うものでした。

それはこれまでの記事でも書かせてもらったように、

痛みであったり、食事であったり、できることだったりとさまざまなことが、

「想像していたものと違う」という感覚を与えてくれました。

たった一カ月かもしれませんが、こうして普通の生活に戻れているのは、

不便に感じる生活の中でも助けてくれる人たちがいたり、

支えてくれた両親がいたり、『治して良かったね』と言ってくれる友人がいたからです。

当たり前にしていること、できていることって実は当たり前のことではなく、

実はとても難しく複雑なことばっかりなんだって今回の一件で学びました。

だから手術をしてくれた先生やクリニックの方々だけではなく、

接してくれる周囲の人たちに感謝 感謝ですラブレター

 

それでは本題!

一カ月検診のこと書きたいと思います(o´・ω・`o)ノシ

 

まずは、歯科で噛み合わせチェック!

実はこの数日前、3番目と5番目の歯をつないでくれていた、

ボンド?のような被せ物が朝の洗顔時に取れるというアクシデントが発生。

(歯みがき時じゃないんだ…)

 

ということもあって、噛み合わせを診てもらうついでに、

付け直してもらいました歯

 

『私の私生活に問題があったのかな…』と思っていましたが、

歯科の先生曰く、取れることは全然あるし、しょうがないとのこと。

また取れたら教えてくださいねと言ってもらえました。

そして、噛み合わせも問題なしOK

しかし、前歯でのガブリ!ごはんはもう少し我慢。

頑張れ下の歯たち…。

傷の消毒をしてもらって歯科検診は終わりでした。

 

 

続きまして外科検診…

まず一カ月後のお写真を撮ってもらいますカメラ

 

☟ それがコチラ ☟

正面

 

横から

斜めから

 

…だいぶすっきりしましたヾ(;ω;)

顔のムグムグした腫れやむくみはありません。

顔も小さくなったねって言ってくれる方々も多く、

輪郭をはっきり見せられるヘアスタイルもできるようになりましたむらさき音符

 

それまで顔は大きいタイプだと思っていましたし、

横顔は絶対見られたくないという思いから、輪郭がはっきりするヘアスタイルは避けてました。

美容院に行っても『小顔に見えるやつで(・∀・)!ドン』って感じでしたし…。

しかし!今では耳にかけられて、快適な夏を過ごせています!通気性良い!

 

あと斜めからのお写真見て思ったんですが、

唇の形がきれいになったなって思えたんですくちびる

 

受け口のときは、舌唇の主張がやたら激しかったですし、

個人的にそれがかなりのコンプレックスだったので・・・(`;ω;´)!!

 

以前からコスメとか調べるのわりと好きで、

でもグロスとかリップとかはスルーしがちだったのですが、

今ではスルーしていたページがとても楽しくなりました口紅

あまり目立たないように薄い色とかナチュラルなピンクとかを手に取りがちでしたが、

今度からは濃い色だったり、今までできなかったリップメイクにも挑戦したいなって思っています。

 

ちょっと余談が入ってしまいましたね…すみません。

お話を一カ月検診に戻します手

 

症例写真を撮ってもらった後は、先生の診療タイム!

第2回目の記事でもちょっと触れましたが、溶ける糸がマジで溶けてくれているので、

縫い目がほとんで見えなくなりました。

先生も『傷口の治りも順調ですね』と言ってくれて安心さんですo(〃^▽^〃)oほっ

 

ただ先生曰く、アゴの部分。

下唇の下あたりといいますか、そのあたりがまだむくんでいる状態とのこと。

輪郭のむくみと違ってすごくわかりにくく、言われて初めて知りました。

 

・ごはんを食べ終わった後

・たくさん喋った後

・大きな口を開けたとき

 

傷口付近がモゴモゴとした違和感があったり、痛み止めを飲むまではいかなくても、

ちょっと痛みを感じたりといったときがあったのですが、それが原因だったのかな…と。

 

まだ一カ月ですからね。

だいぶ喋れるようになったし、色んな物が食べられるようにはなりました。

痛み止めだって必要ないほど…。

しかし、一カ月経っても、手術をする前みたく『何も感じないぜ!』というわけではありません。

不便に感じることが少なくなって、手術後の身体に慣れただけであって、

まだまだ“万全!”ではないことはお心に留めておいてくださいませ。

 

ただ、先生曰く『残っているアゴ部分のむくみもあと一カ月ぐらいですっきりしてくるよ』とのこと。

時たま感じるアゴの痛みは『三カ月後ぐらいで感じなくなるんじゃないかな』とのこと。

完全復活まで三か月は見るといった感じですね。

 

そんな感じで一カ月目検診は終わりました。

次は、さらに一カ月後…二か月目に診てもらいます。

それまで大切に大切にアゴとか歯とか守って生活します歯

 

①下の前歯を守る

②傷口を刺激しないようにする

③優しい歯磨き

④アゴに衝撃がかからないようにする

 

引き続き、これらに気を付けながら生活したいと思います手

 

人ってどの物事にしてもそうですが、慣れると気が抜けるといいますか、

慎重になっていたことがおろそかになってきたりする部分があると思うんです。

『もう大丈夫でしょ』みたいな。

でも、そういう時が一番怖いって人間はわかっているはずなんです。

頭の中で覚えているはずなんです。これまでそうしてミスをしてきたことも。

 

ちょっと大袈裟な感じに書いてしまったかもしれませんが、

大事な大事な自分の身体です。

慎重になって損はありませんので、無理だけはしないように。

自分に言い聞かせるように、私はこのブログを書いています鉛筆

 

これまでの更新が長々と書いてしまっていたので、今回はこの辺で失礼したいと思います。

次回、私のアゴや歯に何かしらの異常がない限り、

『下顎骨切り手術』を決意した理由とかきっかけとか、

手術前のことを書かせていただこうかなって思います。

 

術後の経過とは違った部分で需要があればいいなって思います。

読んでくださり、ありがとうございました乙女のトキメキ

 

それではまた食パン

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス