LEDが欲しいけど色々な種類があるから、どれが良いの?

LEDバルブだけでも、砲弾型、FLUXタイプ、SMDタイプなどあり、 砲弾型は、スポット的に照らすことに優れ、FLUXは、「青み」が強く出る傾向があり、SMDはより「ホワイト色」に近い色が出るなど、タイプによって見え方・光り方が異なります。

それでは、もっと深く違いについてお伝えします。

    ・Flux LEDとは?
    ・SMD LEDとは?
    ・砲弾型タイプの特徴は?
    ・キャンセラー内蔵のLEDとは?
    ・ヒートシンクってなに?

それぞれの特徴をまとめました、商品選びの参考にしてください。

■LED商品の仕様について

 

【砲弾型 LEDタイプ】
砲弾型LEDバルブ

LEDの中でも光の指向性に優れたLEDの種類で、スポット的に照らす場合や、LEDのツブツブ感を演出したい場合に適しています。

また、サイズも小さくスペースの小さな箇所にも取り付けできる場合が多いです。 色味は、少し青みが強くなります。

砲弾型LEDバルブ

※LED砲弾型タイプ

砲弾型LEDバルブ

※LEDバルブ点灯写真

 

【Flux LEDタイプ】
砲弾型LEDバルブ

砲弾型タイプのLEDに比べ、光の拡散性が高く、広い範囲に光を照射できます。 ルームランプやスモールランプなど大きな箇所を照らす場合に適しています。

しかし、砲弾型に比べサイズが大きくなりがちで、スペースが小さな箇所には 取り付けが出来ない場合があります。 色味は、少し青みが強くなります。

砲弾型LEDバルブ

※Flux LEDタイプ

砲弾型LEDバルブ

※LEDバルブ点灯写真

 

【SMD LEDタイプ】
砲弾型LEDバルブ

SMDとは1チップの中に1~3個程度LEDの発光点を組み込むことができ、 小型化と光量を両立したLEDの種類になります。

1Wタイプ等の大光量チップもあるため、他のLEDの種類に比べ明るいものが多いです。 SMDの特徴を活かし、スペースが小さな箇所やルームランプなどに取り付けが適しています。

砲弾型LEDバルブ

※ルームランプ

しかし、チップに黄色い封入樹脂があるものもあり、ヘッドライトなどに装着した場合、 リフレクターに黄色く映りこんでしまう欠点がありますが、今流行りのLEDヘッドライトは、 明るさを求めるために大光量タイプが必要となりますので、SMDチップが多く採用されています。

砲弾型LEDバルブ

※SMDタイプのLEDバルブ

砲弾型LEDバルブ

※SMDが使用されているLEDヘッドライト

色は、白味が強くなります。


 

【キャンセラー内蔵タイプ】
砲弾型LEDバルブ

輸入車の多くでは、球切れを感知する機能が搭載されており、 LEDに交換することで、消費電力が大きく下がることで、車輌が球切れと感知してしまい、 メーターパネル内に警告灯が表示、チラつきが発生することがあります。

そこで、バルブ本体に抵抗などを組み込むことで、ハロゲンバルブと同等の電力を消費し、 球切れ警告機能に感知しないように製造されたものが、キャンセラー内蔵タイプになります。

輸入車のオーナー様は、キャンセラー内蔵のLEDをご選択ください。

LEDの強みである、省電力と低発熱の恩恵は受けられませんが、 ハロゲンバルブにはない色味や、明るさを求める場合はLEDがおすすめです。

砲弾型LEDバルブ

※キャンセラー内蔵LEDバルブ

砲弾型LEDバルブ

※取付け時。HIDと色味が統一されています。

 

【ヒートシンクタイプとは何ですか?】
砲弾型LEDバルブ

・低電力・低発熱が特徴のLEDでも、HIDやハロゲンに比べ少ないですが熱が発生します。 特に大光量のLEDチップの場合、発熱量も多く自身から発生した熱で、 チップ自体の故障や、内部構造の破損を招く場合があります。

そこで、LEDが発熱する熱を放熱するためのヒートシンクや、 フィンが必要になってきます。

言い替えれば、いくら大光量のチップを採用したLEDバルブでも、 放熱を考慮していない商品であれば、寿命も短くなりLEDの長寿命も期待できなくなります。

砲弾型LEDバルブ

※ヒートシンクのLEDバルブ点灯

砲弾型LEDバルブ

※取付け写真

まとめ

LEDバルブには、大きく分けて砲弾型、Flux、SMD、キャンセラー内蔵のタイプがあります。 砲弾型は、直進的な光りに強く、Fluxは「青み」、SMDは「白味」がそれぞれ強い商品となります。

キャンセラー内蔵LEDは、輸入車の方用となっています。

LEDは、明るさを求めると自身の熱で自滅してしまうので、放熱対策が必要となります。 一部のLEDバルブは、ヒートシンクを採用して放熱性を上げるなどの対策を行っていますので、 LEDを選ぶ際は、「放熱」の観点で考えることをおすすめします。