以下はネットニュースより

 

早期退職者募集が6年ぶりに1万人を超えるなど、過酷さを増す50代。会社からはお荷物扱いされ、妻からは熟年離婚を切り出され……そんな「50代の試練」に直面する先輩たちから、“憂鬱な50代”にならないための生き方を学び取る!

◆銀座のママが見た「50代でダメになる男」の特徴

 それまで順風満帆な人生を歩んでいても、50代を境に転落してしまう。

 そんな男の岐路に立ち会ってきたのが、水商売の世界の女性たち。24歳で銀座最年少ママとなった桐島とうかさんは、50代で転落する男と生き残る男の違いを語る。

「まず表情ですね。やっぱり暗い表情、眼差しで他人を見透かそうとしているような方は、次第に銀座でもお顔を見なくなります。相手の言葉に否定から入り、そのくせ自分の常識を疑わない。尊大なのに、どこか自信がなくて、自分が好きと素直に言えない。逆に、自分が好きで生き生きしている方は、表情も明るく、誰に対してもフラットで場が華やぐんです」

 飲みの場が華やぐということは、職場も華やぐということ。

「例えば、ガラケーをスマホに替えていないことを部下にツッコまれて腹を立て、場を白けさせるような方は、50代からあまり出世されません。部下に教えてもらうのが恥ずかしい、意見を聞くのが恥ずかしいと思っている方は、今の時代は、すぐに骨董品になります。

 一方、若い人と対等に接し、その人の輝ける場が別にあるなら、転職すら手伝ってあげられるような上司。こうした方は、自然と社内外から慕われ、ご自分が望まれなくても出世されます」

 50代以降の会社員人生を支えてくれるのは、最前線の若者たち。酒席だからこそ露わになる人間性で、見限られないように。

【桐島とうかさん