寒中お見舞い申し上げます。

本格的な寒さを迎える今日この頃 皆さま お変わりございませんか?

例年になく強い寒波の襲来 コロナの急激な感染拡大と 心も冷える日々ですが

日本人の底力で この試練を乗り越えて参りましょう。

 

私たちは 古来 様々な災害・疫病に見舞われながらも その都度 苦難を乗り越えて

来ました。 日本の美しい四季や二十四節気を大切にしつつ過ごした先人たちの

知恵と勇気と行動は 新しい生活スタイルの中でも活かされます。

緊急事態宣言下 自粛生活の中にあっても 心穏やかに 過ごしたい いつも通りに

過ごしたいですね。

 

この時季 愛らしいおひなさまを目にすると 「春だなぁ」と感じます。

おひなさまはいつ飾るのでしょう?

ひなまつりは 春を寿ぐという意味もあり 立春から2月半ばの間に飾ると良いと

されています。

牛2021年立春は 2月3日(水) 一粒万倍日でもあります。]

季節の分かれ目 節分は 立春の前日です。

2月3日が節分と思われがちですが 地球と太陽の位置関係から

地球の公転周期に微妙なズレが生じ 今年は 2月2日。

これは124年ぶりだそうです。 そして恵方は 南南東。

節分には 恵方巻をいただいて 豆まきで厄払い。

すっきりと春を迎える気持ちで おひなさまを飾りましょう。

 

今年も おひなさま のふろしき が 入荷しています。

  

ひな桜 赤 68cm レーヨン      ひな桜 ピンク 68cm レーヨン 

 

音符おだいりさまとおひなさま ふたりならんで すましがお

  およめにいらした ねえさまの よくにたかんじょのしろいかお 音符

 

タペストリーとして 飾るだけで お部屋が明るく 華やかになります。

春よ 来い来い 早く 来い桜

 

今年 初節句をお迎えのお嬢様 ご家族の皆さま おめでとうございます。

なかなか 思うように会えない日々 お名入れをしてプレゼントお贈りしてはいかがでしょう。

幾久しく お美しく お健やかに 成長されますよう  願いをこめてピンクハート