先月、膵臓がんで闘病していた妹が
38歳の若さで亡くなりました。

その日の朝、母から
「〇〇ちゃんもう厳しいみたいや、
後2,3日かもしれん」とラインが。
私はその日は駆けつけることができず、
次の日に会いに行く予定でした。

その数時間後、お母さんの手を掴んで
絞り出したような声で「おかあさん…」
と発したのが最後の言葉でした。

妹の旦那さんが仕事から駆けつけた時は
妹の意識はもうありませんでした。

妹の親友も駆けつけてくれ、
夕方、母と旦那さんと親友に見守られながら
息を引き取りました。

お葬式は全国から妹のために親族、友人、職場の人が多数参列してくれ、
ものすごい数のお花や弔電が届きました。
妹の人徳だなぁと感じました。
最後、棺の中はお花で溢れ、閉まりきらないほどでした。
私は妹が好きだったコーヒー豆を、
子達は四つ葉のクローバーをたくさん貼った手紙を入れました。
涙が止まりませんでした。

今現在、妹が逝ってから一ヶ月経ちますが、
まだどこかにいて、ひょっこり会いに来てくれそうな感じがします。

やっと幸せになれた矢先のがん宣告から
3年。
妹は本当によく頑張りました。

彼女と一緒に二人三脚で闘ってくれた
妹の旦那さんには感謝してもしきれません。
彼は妹と結婚できて幸せでした、
と言ってくれました。

本当にありがとう。
彼のおかげで妹も幸せな最期を過ごせたと確信しています。

多分私はこれから一生メソメソすると思います。

でも妹の分までしっかり生きようと思います。





子達、夏休みが始まってます。

基本は私も夫も仕事なので、
娘はこども園、息子は小学校のプール&キッズクラブへ。

しかし小学校のキッズクラブは
夏休み期間中利用できるのは良いのですが、
お昼の12時から13時の間は家に一旦帰って
ご飯を食べてからまたキッズクラブへ
行く、という流れになります。

家に誰もいないので
1人でご飯を食べ、そのまま私が帰ってくるまでの時間お留守番することになっています。
(昼からまたキッズクラブへ行くこともできますが、家から学校までちょっと距離があるのでガーン

仕事中息子から携帯にメールが来ます。
しかも頻繁に🤣
「いまかえった」
「なんかふあん」
「ごはんたべた」
「ママなにしてるの」
などなど

そうだよね、不安だよね😫

私がいない間やることリストを書いて
メモを置いておくのですが、
ちゃんとやってます照れ

たとえば、
かけ算ドリル2ページ
「オセロの勝ち方」を読む
将棋フォーカスを見る
将棋トーナメントを見る

などのミッションを与えていますウインク


夏休みの宿題はほぼ終わってるので
(後は読書感想文と絵日記と工作だけ)
なにか課題を与えてほしいようです。

それでも暇になると
ひたすらボーリングやってます
(100均の)


自分で計算し、あべれえじ計算まで!(笑)
スコアの計算あってるのかは謎ですが。
どんだけ好きやねん!
てかストライクかスペアばっかでスゲーポーンニヤニヤ

なんやかんやで楽しんで過ごしているようでよかった😊




娘の斜視手術から3週間が経ちました。

先日、某大学病院で術後検査へ行ってきました。

経過は順調ラブ
赤目もほとんど消えました。

というか真っ赤なお目々だったのは5日間ほどでした。

子供の回復力は本当にすごい爆笑おねがい




そして術後毎日2時間毎に眼球トレーニングを
ストイックに行った結果か、
なんとなんとびっくり
ほとんど両眼視機能がなかった娘、
今回の検査では
少しその機能を獲得し始めてるとのことビックリマークビックリマーク

先生本当にありがとうございます〜えーんえーんえーん

娘もトレーニングほんとに頑張った〜えーん
私もがんばった〜チュー

今後、完全な両眼視機能は得られるかは
まだわかりませんが、
なるべく両目を使うような
ビーズ通しなどの遊びを多く取り入れてくださいとのことでした。

とりあえず、娘の眼に関しては
一安心です。

しかし、他にも周りの家族の病状などで
心配事はつきませんが😣

私の仕事の方も
最近本当にしんどいです。
会社行きたくない病が酷い…
お金稼ぐって大変だなぁチーンチーンチーン

しかーしおーっ!
私がどんよりしてたら
家族も心配するので
この休み中に気分転換、リフレッシュしなきゃな!