いや、もうね、ほんとうにね、えぇ……。

そんな訳で、ども、映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

先日、おっさんのTwitterで、ちょっとした話をつぶやきました。

 


この文章を書く時に「やなり」って漢字は、どんな字だろう?ってことを考えてしまいました。

今まで大阪の分譲マンションや賃貸マンションでの生活だったので、「家鳴り」について、特に気にしたことがなかったんですよね。

で、漢字を調べようとしたんですが、私、てっきり「いえなり」だと思っていた訳です。

なにをどう思ってそうなったのか、わかんないですけれども。

それで、Google先生に検索をお願いしたらですね……

徳川家斉さんが現れました。

 


 


これは、さすがに違うと思った訳で、今度は漢字でそれっぽいやつ、「家鳴り」を検索窓に放り込んでみたら……

 


 

 

 


妖怪……だと……?

Wikipedia先生によると、妖怪だけでなく、家を構成している材質がきしむ音も「家鳴り」というそうでして、ようやく正しい読み方と漢字を把握することができました。

さすがに徳川家斉さんが出現したときは、一体どうしたら良いのか、途方に暮れてしまいましたけれども。



まぁ、大したことのない話なのですが、メモとしてブログに残しておこうと思い、記事にしてみました。

そんな訳で、今回はこの辺で。

しーゆー!



関連記事
「みになる」話



映画の感想を綴っているメインブログ
四十郎おっさんによる映画感想まがい

 

ども、映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

2020年の母の日は、5月10日の日曜日でした。

皆さんは、どのようなものをプレゼントされたでしょうか?



大阪にいた2019年までは、Amazonなどではなく、自分で雑貨ショップを巡り、ちょっと便利かも?と思えるアイテムを贈っておりました。

2020年は愛媛に移り住んだので、今回は楽天市場で人気らしい「訳ありバウムクーヘン」を購入しまして、プレゼントいたしました。

「訳ありバウムクーヘン」は下町バームクーヘンというお店で購入できる、結構お得なお菓子です。

このショップは楽天市場だけでなく、ヤフーショッピングにも出店されているようですね。

 

 

 


私の奥さんが、この商品を発見いたしまして、私にオススメやで!と言ってくれたのです。

あまり高価なものを贈ると、おかんが恐縮してしまうような気がするので、毎年2000円以内の商品におさえている私。

私のおかんは、お花とかに興味がなく、苦手なものもあるのですが私が把握できていないものもあって、今回はスイーツをチョイス。

おかんだけでなく、他の家族も食べることができるし、気楽に受け取って貰えるかな?という思いがあって購入してみました。



先立って、私の奥さんが義母へ同じものを贈っていて、このバウムクーヘンをちょっといただくことができました。

値段の割には意外と量が多くて、訳ありといえど、バウムクーヘンもしっかりしたものでして、3時のおやつとしては、非常に食べごたえのあるものでした。

どんな味がやってくるのかは、工場長さんのチョイスによるのですが、私が食べたのはチーズとメープル。

両方とも美味しかった。

個人的には、チーズのバウムクーヘンが好みでした。



「訳ありバウムクーヘン1kg」は送料無料の商品でございまして、それにもビックリしました。

個人的にはコスパの良いギフトだ!という感じで、これからもちょくちょく利用したいと思うお店です。

母の日は終わりましたが、バウムクーヘンなどのお菓子がお好きなお父さんへのギフトにいかがでしょうか?



そんな訳で、今回はこの辺で。

しーゆー!



関連記事
風月堂銀座と神戸風月堂の違いとは??



映画の感想を綴っているメインブログ
四十郎おっさんによる映画感想まがい



 

ども、映画好きな四十郎のおっさん999でございます。

おっさんの読書感想を綴っているブログに、先日下記の記事を投稿しました。


「ブログ魂 1日300PVを翌日から1日3,000PVにした方法」の読書感想


この記事をえっちらおっちら下書きしている時に「みになる」とタイピングしたんですよ。

で、「おや?」と思ったのです。

「みになるって、漢字で書くと、どう書くのだろう?」

学生の時に、みになるを書く時は「身になる」って書いた記憶があるんですね。

でも、パソコンの変換だと「実になる」が先に登場しました。

これ、どっちが正解なんだろう??

気になったので、調べてみました。

ちなみに、読書感想のブログで書いた「みになる」の意味は、「人のためになる」という意味でございます。

さて、皆さん、ご存知ですか?

 


 


正解は「身になる」でございました。

「実になる」は「木々に果実がなる」という意味では使用できますが、上記のような意味で使用する場合は「身になる」が正解のようです。

言われてみると当たり前のことなんですが、ふと立ち止まってしまうと、わからないものですね。

そんな訳で、今回は「みになる」話?でした。

それでは、この辺で。

しーゆー!




映画の感想を綴っているメインブログ
四十郎おっさんによる映画感想まがい




 

ども、映画好きな四十郎のおっさん999です。

大阪にいる頃よりも、だいぶ、偏頭痛の頻度が少なくなりました。

大阪在住の時は、毎日、偏頭痛に悩まされていたので、四国へ移ってきて良かった。

がっつり正社員やパートで勤めている訳ではないからかもしれませんけれども。

それでも、一ヶ月の半分くらいは偏頭痛に襲われたりします。



私は、かつて、頭痛外来へ通っておりました。今は通っていません。

私の場合、偏頭痛の原因はストレスでございました。このストレスをなくさないと偏頭痛は治らないという事になり、結局、最後まで完治することはありませんでした。

自分の性格上、ストレスを減らすのは、なかなか難しい。

そんな訳で、今は偏頭痛と上手に付き合う事を目標に過ごしております。



私の場合、基本的に市販薬の頭痛薬であるバファリンを使用しています。おっさんの場合は、これで大体の頭痛は治ってしまいます。

 

 

 


しかし、最近もあったのですが、バファリンで治らない頭痛がありました。

大阪にいた時にも似たような体験があり、その時はロキソニンを服用すると治りました。

頭痛薬といっても、頭痛に対するアプローチが違うのだと思います。そもそも、第一類と第二類という違いはありますが。

本当は自分で考えて薬をチョイスするよりも、薬剤師さんに相談した方が良いのだと思うのですが、なかなか良い薬屋さんはないですね。



私の場合、イブ頭痛薬を使用すると頭痛がひどくなった経緯があって、今は使用しておりません。

でも、人によってはイブが効く場合もあります。バファリンが効かないって人もいる。

なので、インターネットでおすすめの頭痛薬を調べたり尋ねたりして自分で判断するよりも、本当は専門家の人に相談した方が良いと思っております。



また、かつての私のように毎日頭痛に襲撃されても、エブリデイ薬を飲むのは駄目ですしね。毎日、頭痛薬を飲むと、今度は頭痛薬によって頭痛が発生するという一番危険なことになるので……。

このご時世、外出できないし、薬屋さんは忙しいし、頭痛の事を訊くのはなぁ……って思う方もいるかもしれません。

けれど、常備している市販薬を使用しても全く軽減されない時は、一度、薬剤師さんなどの専門家に相談した方が良いと思います。



外出が出来ない状況で、ストレスを上手にコントロールできず、頭痛が発生しているかもしれない人がいるかもしれないと思って、今回、このような記事を書きました。

あくまで、私個人の感想となっております。



それでは、今回はこの辺で。

しーゆー!



映画の感想を綴っているメインブログ
四十郎おっさんによる映画感想まがい




 

ども、映画好きな四十郎のおっさん999です。

先日、ご飯を食べているときに、たまたまテレビをつけていたら、「クイズ!THE違和感」という番組が流れていました。

「へぇ~」と思って、どんな内容なのかと思っていると、写真や映像を見て、普通とは異なる部分を当てるというものでした。

それは別に良いのですが、この番組の名前についている「違和感」に対して、なんか違和感を抱いてしまった……。



お祭りに参加している人々がカカシだったり、ビール瓶で作った建物などがあったのですが、遠目から見たら、違和感も何もない状態なんですよね。

そもそも、製作する側は、違和感がないように丁寧に作る訳であって、番組の趣旨と、全然違うと思うんですよね。

アハ体験やなぞなぞ、クイズのように「なるほど!」という爽快感がないので、なんだかなぁって感じでございました。

内容は普通なのだけど、完全に番組名が間違えているので、「番組を作っている人は違和感の意味もわからないの??」ってマイナスの印象を抱きやすいのではないかな??

 

ちなみに、違和感の意味についてですが、改めて書くと、

 

違和感(いわかん)とは、生理的、心理的にしっくりこない感覚。周囲の雰囲気にそぐわず、食い違っている印象を受けること。また、普段と様子が違うこと。不自然なさま。
ニコニコ大百科(仮)


になります。

番組としては、「普段と様子が違う」「不自然なさま」あたりのニュアンスで、番組名に持ってきているのかもしれないですけれど、それでも、内容がしっくりこないかな?って感じ。

まぁ、ゴールデンタイムにオンエアするということは、内容そのものは良質なのだとは思うのですけれどもね。

タイトルでなんか損しているなぁ……と感じた次第です。

もしかしたら、私だけなのかもしれないですけれども。



そんな訳で、今回はこの辺で。

最後までお読み頂きまして、ありがとうございました!

それでは、しーゆー!





映画の感想を綴っているメインブログ
四十郎おっさんによる映画感想まがい