行動する薬剤師 沼田真由美のコトノハ -2ページ目

行動する薬剤師 沼田真由美のコトノハ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

本日、6月18日は私の45歳の誕生日です。


最近、私自身の今後の人生についてよく考えています。



昭和47年に父、福元正哉が鹿児島市紫原の地に医薬品販売、生薬卸として福元薬品を開店させてから43年。

現在では福元薬局、たいよう薬局として6店舗になり、総勢30名以上の仲間とともに頑張っております。


家族もおかげさまで皆元気です。


私が父の死をきっかけに薬局を継いで20年。


自分自身では泥を這うような気持ちで、夢中で生きてきたように感じておりましたが、今、あらためて振り返ってみますと、なんと恵まれた、守られた、ありがたい20年であったかと感じ入ります。


今現在も、おかげさまで忙しい毎日を過ごしておりますが、これまでの20年では、とにかく目の前のことに必死で取り組んできて、そしてそのことに、私自身の「生きる意味」があったように思います。


でも、不思議なのですが、これから先は、なんだか、「おまけ」にいただいた人生のような気がするのです。

だから、ある意味、自分のためだけの人生ではなく、周りのために私自身がなにができるのか、ということを問われているような気がしています。


とはいえ、私に何ができるのか、何をなすべきか、まだわからないのですが、そのことを意識しながら、私に与えられたこれからの人生をすすんでいきたいと思います。


45年、私を生かしていただいたすべてに感謝。