仙台っこ盛夏号が発刊されました!


今回のコラムは、巣鴨のイベントについて。

地蔵通商店街。おばあちゃんの原宿です!


猿田彦神社にお参りして、


とげぬき地蔵にもお参りして、


東北の逸品を集めた座ガモールへ。



大正大学の学生さんが主催するイベント。


手作り感がGOOD😉



何年経っても復興支援してくれて、ありがたいです!

江ノ島へ

テーマ:
お天気の良い週末に、江ノ島へ。

海に癒されたかったのです笑

江ノ島に来るの、7〜8年ぶりかも!

江ノ電、味がありますね。

エスカーでラクラク登頂。

海がキレイ❗️


南国感。




紫陽花が見頃でしたー。




グルメは、生シラス入り海鮮丼!

と、エビ焼き。


管理職になって、ほぼ家と会社の往復。

以前みたいに、ドキドキしながら国内外買い付けに飛び回る日々が懐かしい(涙)

意識的に外に出て、息抜き目的だけじゃなく、自分の目で世の中のトレンドを見に行かないと!ですね。

はー、癒されました!


「生産性」を読んで

テーマ:

いま各社で取り組まれている働き方改革に必要な、生産性について、

ズバリ!書かれた「生産性」。

 

 

伊賀先生の「採用基準」を、バイブルのように何度も読み返してきましたので、

「生産性」もまたバイブルのようにいつも傍らに置いて実践しています。

 

どこの企業でも起こっていることと思いますが、私自身も、労働時間が

短くなる中において、これまでとは違った働き方をしないと、

以前のような成果を上げられなくなってきています。

 

生産性を上げるということは、労働時間や工数の投入資源に対して、

上げる成果のレベルを上げるということ。この書では、その具体的な

考え方や手法があますところなく解説されています。

 

生産性を上げることは、イコール成長することであり、

チーム全体も成長することであり、人口減少で国際競争力が求められる中、

個々人のワークライフバランスを上げることにも直結する。

 

それなら、どうしても、パフォーマンスの高い社員だけを残せばいい、という

思想に陥りそうなところまでフォローされています。

成長できない層にも研修をして、成長できるためのフィードバックを行ない、

みんなで成長しながら生産性を上げていくためのノウハウにも触れています。

生産性の考え方と並んで、マネジメントに悩む私にはここが刺さりました。

 

まずは自分自身が生産性を上げる動きを実践して、部下達にも個々のレベル

に合った指導をして、難しいところはフォローしながら、愛情をもって

チームとして成長しながら成果を上げられるよう、取り組んでいこうと思います。