(有)SAIYO 藤本はり・きゅう整骨院 はまなか はり・きゅう整骨院のブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ヘルニアでお悩みの方へ

このようなお悩みはありませんか?


・腰が強く痛む

・足がしびれて長時間歩けない

・臀部(お尻)から足にかけて電気が走るように     

  痛む

・背中の肩甲骨あたりが痛む

・首や肩から手にかけてしびれている

・病院でヘルニアと診断され薬や注射を続けている






ヘルニアとは?


「ヘルニア」とは「何かが飛びだすこと」を意味していて、背骨と背骨の間にありクッションの役割を持つ「椎間板」の中の髄核と呼ばれる組織が外に飛び出した状態を、「椎間板ヘルニア」と呼びます。


椎間板は二重構造になっており、外部を繊維輪、内部を髄核と呼び、髄核は80%が水分で出来ています。

その椎間板に外部から圧力が加わり、内部の髄核が外へ飛び出すので、「お饅頭を外からグッと押すと中から餡が飛び出てきた」というイメージです。


上記で紹介した椎間板ヘルニアの中でも、発生する場所によって腰部椎間板ヘルニア、頸部椎間板ヘルニアに分けられます。


それ以外にも、臍ヘルニア(でべその一種)、鼠経ヘルニア(脱腸)などがあります。





ヘルニアの実際


一般的なイメージでは、

「高齢になるとヘルニアを起こして腰が痛くなる」

「ヘルニアによって飛び出した組織が神経に触れて、しびれや痛みが起こる」

と思われがちですが、実はそうではありません。


まず、最もヘルニアを起こしやすい年齢は「20代前半」です。

これは、スポーツや肉体労働で最も体に負荷がかかる時期だからです。

決して「高齢になり筋肉が衰えたせいでヘルニアになる」訳ではありません。


症状に関しては、痛みを起こしたり神経を圧迫するのは「硬くなった筋肉」です。

臀部(お尻)の筋肉が硬くなって近くを通る神経を圧迫し引き起こされるのが「坐骨神経痛」と呼ばれるものです。

ここが、「ヘルニア」に対して大きな誤解を持たれている所です。


ヘルニアを起こすという事はその部分に大きな負荷がかかっているという事で、それによって緊張を起こした筋肉が痛みを引き起こしています。

よって「ヘルニア」が痛みと直結しているわけではないという事です。


ある文献では、「腰痛の無い」事を条件にランダムに選んだ100人を病院に送ったところ、8割の方にヘルニアが見つかり、その中の割は手術を勧められる結果になったとあります。


このことからも、「ヘルニア」=「痛み」ではないとわかります。




当院のヘルニアの施術方法とは?


「ヘルニアに対する施術」というよりも「痛みの原因となっている箇所への施術」を行っています。


痛みを引き起こしている原因は「体のゆがみ」にあることがほとんどです。


ここでの「体のゆがみ」は、「脳」が間違った姿勢を正しいものとして誤認している状態です。


マッサージなどの刺激によってこの脳の誤認を解いていき、体を正しい状態へ戻していきます。これによって痛みも改善され、なおかつ疲れの溜まらない、健康な体へと変わっていきます。


 


病院でヘルニアと診断されてしまっても、選択肢は薬や手術だけではありません。


お悩みの方は、伊丹市の藤本はりきゅう整骨院・整体院へお気軽にご相談ください。





ブログ

本院の公式LINE、ウェブサイト


http://instabio.cc/11022hmxcZ


http://bit.ly/31zwJjG





SAIYO 藤本はり・きゅう整骨院 バイタルリアクト 交通事故さんのプロフィールページ

https://profile.ameba.jp/me

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>