1月16日(木曜日) 鳴門のビニール鯛サビキ

場所:鳴門(亀浦漁港) 

船:大黒丸、

狙い:40~50cm位の寒真鯛沢山(笑)

仕掛け:胴付き7本針(枝3号、幹4号、ビニール疑似餌)

 

潮:小潮(月齢20.9、旧12/22)

鳴門海峡での潮位:
03:26 84cm 満潮
09:21 34cm 干潮
16:26 126cm 満潮
23:15 46cm 干潮
 

鳴門海峡での潮流:
h:m 流速(kn)
00:37 転流
03:51 8.2 南流
06:54 転流
10:11 8.8 北流
13:35 転流
16:42 8.2 南流
19:56 転流
22:47 7.3 北流


 

鮃狙いで空きの確認、餌が終わってしまったので、鯛ラバー、鯛サビキ、メバルで出船との事
前回鯛ラバーでの釣行だったので鯛サビキに、メバルはもっと大きくなってからかな(笑)
港に着くと駐車場がガラ空き?!、余り釣果が良くないのかな?
船長も到着し荷物を積み込む、今日の釣座は右舷舳だ。
船長に釣況をお聞きすると

鯛は滅茶厳しい、魚探に映らん、偶に写っても喰わん、喰っても直ぐバレる
メバルはリリースサイズのコンマイのなら釣れる

ツバスなら餌で釣るとナンボでも釣れるが餌が無いとの事
同船の方と相談して鯛サビキで行くことに
道具の準備をしている内に漁場到着、港を出て直ぐの漁場から開始


7時 漁場到着



急いで準備を終え長い仕掛けを投入、底に着くと巻き巻き開始
何度か落として巻き巻きをしているとコンコンと鯛の反応が!!
よし! やった! そのまま巻き上げていくと・・・

あと少しの所で無断で途中下車されてしまった・・トホホ
船長が笑いながらバレたな・・、俺も同じ・・と
こんな事が2,3回続いた後、やっとデカイ鯛の感触が・・

電動任せにせず手巻きで巻き上げていく


8時5分 お刺身サイズの鯛ゲットだ!!



良型の鯛を釣り上げてニンマリ(笑)、

お神酒を捧げて感謝、そのお下がりをグッと一杯(笑)
30分位後に更に良型をもう一枚追加、この調子ならクーラー一杯も・・・(笑)
所がその後はサッパリ、反応も消えてしまった、

やる気のある鯛を探して橋を潜り前の海へ
アチコチポイント探るがドコモ反応が無いか、有ってもやる気なし、すぐに反応が消えてしまう
再び橋を潜り瀬戸内側へ戻るが・・・鯛の反応は無い
餌の鯵は無いがツバス祭りの漁場へ行くことに


10時25分 沢山の船が来ている



サビキ仕掛けで鯛、ツバス狙いだ(笑)
ツバスの反応は底近くに出ているので少しだけ巻けばいいよ・・と指示
何度目かの潮上りの後、ゴトゴトと当たりが、鯛?、ツバス?・・、ツバスだ!
ユルユルのドラッグが滑る、慎重にドラッグを締めながら巻き上げていく
途中で更に喰いついたらしく重さが増した。

早く挙げないとツバスが鈴なりになって切られてしまうよ・・と船長から注意を(笑)
船長がリーダーを掴んで玉網で掬ってくれる


11時5分 4連でツバスゲットだ!!



この後ツバスも喰わなく成ったので再び鯛の漁場へ
浅いポイントで巻き巻きしていると鯛の当たり、チャリがタブルで上がってきた
やる気のある鯛を探してウロウロと・・・(笑)
最後のポイントの最後の流しでお魚がヒット!! 鯛? ツバス?
船長がツバスだ、早く上げないとキツイ駆け上がりなので根がかりするよ・・と
頑張って巻き上げるが、ツバスが更に喰いついたみたいで中々巻けない、

その内に竿が大きく曲がった、根がかりだ・・トホホ
仕掛けをプツンして本日はお終い・・・(笑)
船は目の前の港へ全速力










良型の寒真鯛をゲットできたがもう少し数が・・欲しかったな・・・(笑)、孫たちに食べて貰う分には十分かな?











 

本日の釣果 

鯛 ~約50cm位 4匹、

ツバス ~約50cm位 4匹