大人がバレエをはじめました
  • 18Jun
    • 希望

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」道端に咲いていたデイジー。花言葉は「希望」です。今朝、近畿地方で大きな地震があったそうですね。大きな被害が出ていることをニュースで知りました。少しでも早く復興出来ますよう、お祈り申し上げます。東日本大震災を経験している私としては、今回の大地震が他人事とは思えず、こういったときに、いつも通りブログを更新していいものか、と迷いました。ですが、ブログを通じて皆様に希望を与えられる存在でありたいと思っている私としては、こういったときもいつもと同じようにブログを更新した方がいいのではないかという結論に達し、いつも通りブログを更新することにしました。そんなわけで、昨日参加したバレエ教室のレッスンレポ行きます。レッスン最初のストレッチで、毎回恒例のタオルギャザー。なんと出来るようになりました~~~(自分への拍手)やれば出来るんだと嬉しくなりましたタオルギャザーの後は、いつも足の指を使ってタオルを畳むことになっているのですが、これはまだちょっと無理…(^o^;)いつかきっと出来るようになるでしょう前回できた、タオルを長い状態で持って、肘をまっすぐにしたまま頭を越えてタオルを前から後ろ、後ろから前へと動かす動き。前回は出来たのですが、今回は出来ませんでした前回は長めのタオルを使ったのが良かったのかもしれません。このバレエ教室の日曜日のレッスンは両手バーと片手バーが隔週で実施されます。今週は両手バー。最初は、アキレス腱を伸ばすストレッチが入った動き。ストレッチのやり方も注意されました。そして、プリエ。上体が倒れないように注意しなきゃね(前回注意されました。)ずっと通っていたバレエスタジオでは、ドゥミプリエの後、グランプリエということが多かったのですが、ここではルルベになるので、いつも間違いそうになります(^o^;)今回も私の後ろについて、いろいろ指導して下さる先生。「床を押す」「背中伸びたまま」という注意あり。そして、5番ルルベでも、「床を押す」「背中伸ばす」「肩は上げない」といった注意がありました。タンデュでの注意は、「軸脚曲げない。」なんか、プリエにしても、ルルベにしても、タンデュにしても、毎回同じことを注意されている気が…(^_^;)毎回恒例になっている、一つのパの全員個人指導。今回はシュ・スーでした。この個人指導の前に、シュ・スー→軸脚でない方の脚を軸足の甲に沿って前後に動かす→プリエ→カトルを1回やりました。そのときのみんなのシュ・スーの状態が、先生は気になったのではないかと思います。今回の個人指導は私から。「内腿締めて」「もっと締めて」腿と腿の間に先生が手を入れていて、その手をギュッとするように何度も言われます。ギュッとしたくても、出来ないんです(^_^;)「背中上げて」「肩は下げて」「頭は上」また同じことを注意されている…(^o^;)「お腹持ち上げて」持ち上がらない…(^_^;)「ごめんね」と言いながら、私のお腹を叩いて持ち上げようとする先生。毎度、お手数をお掛けしますm(_ _ )m先生に力づくで押し上げられると、すごく綺麗な状態私の身体って、ここまで持ち上げられるんだ他の参加者の方々にも褒めていただけましたでも、しんどい…これをキープしなければならないとのこと。カトルの前のプリエでも、背中を丸めず、引き上げたままにするようにとの指示がありました。私の後は、他の方々も先生に直してもらっていました。やっぱり内腿を締めるように注意されていましたね。ですが、私ほどは時間が掛かっていませんでした。やはり、先生を一番手こずらせているのは、私のようですシュ・スーの徹底指導の後、先程の動きをもう一度。う~~~~ん、やっぱりカトルがいまいちだなそして、ルルベパッセ。「軸脚曲げない」「バナナになってる」先生が言っているバナナとは、パッセの脚が前に行ってることを言うらしい。5番からパッセになるときに、一瞬フレックスの足が見えると、私ともう一人の方が注意されました。はい、気を付けますアラベスクが出てくる動きもやりました。「背中まっすぐ」「肩、前に出さない」「そう、良くなった」お褒めてもらえたここでは毎回やっているエシャペも登場。「膝曲げない」とこれもまた、いつもの注意。分かってはいるのですが、何回も繰り返して疲れてくると、曲がってしまうんですよね(^o^;)普通に何度もエシャペを繰り返した後、今度は1本だけ指をバーにおいて、またエシャペ。最初のエシャペですでに息切れしていた参加者たち。(もちろん、私も含みます)1本指でやると、さらにヘロヘロこの辺りで、「お腹空いてきた」との声が聞こえました。同感ですバーレッスンだけで、すでに汗だくですいゃ~、バレエってしんどいですね。このバレエ教室のレッスンは、そんなに難しいことをやるわけではないのですが、体力はかなり使います。特に今の私は、先生から頻繁に個人指導を受けているので、人一倍体力を消耗している気がします。(この日も先週に引き続き、レッスン終了後、ヒレカツ定食をがっつきました)ですが、先生も大変だと思うんですよね。先生は私の身体をよく引き上げて下さるのですが、かなりの力を入れて引き上げているのが分かります。何とか自力で引き上げられる状態にならなきゃこの後のセンターレッスンでは、さらに体力を使う動きが待っていたのでした。そのセンターレッスンについては、次回のブログ記事で書きます。また読んで下さいねこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      NEW!

      45
      テーマ:
  • 17Jun
    • カッコいいバレエ。綺麗なバレエ。

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」またまた薔薇ですこれは、よくお昼ご飯を食べに行くお店の近くで咲いていた薔薇つぼみなので、これから花開くのが楽しみさて、前回のブログ記事「底力」の続き、この間の金曜日に参加したバレエスクールのレッスン、今回はセンターレッスン編です。今回も先生の指示通りに二つにグループ分けされました。私がいない方のグループが先。私のグループの番になり、私が構えたら、「みなみさん、背中もっと引き上げて」「腕、もっと下げて」という先生の声が飛んできました。引き合うような感じなのかなと、そういう風にやってみる。「鏡に映った姿、カッコいいでしょ」と先生。確かにタンデュとシャッセが入った動き。全体に対して、「ちゃんとプリエしてからシャッセ」という注意がありました。はい、気を付けますパッセ→横に脚を上げる→アラベスクという動き。「パッセして脚を上げる」の時点で、先生から、「みなみさん、背中伸ばして」という指示がありました。続いて、「脚、上げようとしなくていいから、背中そのまま」という指示あり。今は脚よりも背中優先なんですねアラベスクからプロムナード。回るときに腕の上下を変えるのは分かってきました。ですが、私の回り方、すごくぎこちないです(^_^;)次のタンデュ中心の動き。これはいつも同じ音楽が使われます。ジャズっぽくて、カッコいいんですよ動きもカッコいい残念ながら、私はカッコよくないな…カッコいいバレエを目指します次は、ピケ・アラベスク×2回→トンベ→パドブレ→ピルエット×2回→シェネという動き。最初の組の上手な二人にちょっとだけやらせる先生。(次の組がスタートするタイミングを確認するためらしい)「ちょっと気になったんだけど…」と言って、ピケ・アラベスクの前にしっかり片脚プリエするようにとの注意がありました。頭では分かっているはずなのに、「本番」になると、いろいろ細かい部分が分からなくなり、かなりひどい状態の私…(^_^;)そしてなぜか私がピルエットをすると、床がギュギュっと言うんですよ。なんでだなんか余計な力が入っているのかな(この問題については、後日参加したレッスンで、原因らしきものを発見しました。)ジャンプは、シャンジュマン16回。第1グループが跳ぼうとしたとき、音楽が始まった途端、「そうだ」と言って、音楽を止める先生。もうすっかり準備していたので、ずっこけそうになる皆さん。結局、第1グループはそのまま行きました。第2グループの前に、「アクセントこういう風にして」と説明する先生。説明をされても、私にはよく分かりません。他の方は先生の言う通りにしていたらしい。終わった後の先生のお話で、「空中に留まる時間を長く」という意味だと分かりました。そして、1歩→2歩→グラン・パドシャ、これを3回。出来てるのか、出来ていないのか、自分ではよく分かりません。3歩目で跳ぶはずなのですが、なんか1歩多いような気が…(^o^;)それに、膝を曲げてから跳んでいないので、グラン・パドシャではなく、グラン・ジュテになっている気も…(^_^;)最後は、毎回恒例のピケ・ターン。前回までは初心者さんと私は、先生と一緒にピケで立つ×3回、4回目は回るだったのが、今回は初心者さんがお休みだったせいか、他の方々と同じようにやることに。え~~~この速さでやるの結局、ゆっくりやりました左で思いっ切り目が回り、ふらふらと壁にたどり着く私…(^_^;)顔を付けていないからかなこのレッスンを受けた日の夜、めしょんさんのブログ記事を読んでいたら、こんなことが書いてありました。(めしょんさんのブログは、Facebookで友達だった人がシェアしていたのをきっかけにして知ったブログで、私のお気に入りブログ5本の指に入ります。)「“好きなこと”や“綺麗なこと”を探す脳は幸せ脳で “ダメなとこ”ばかり探すのは不幸脳だって。」私は、バレエをやっていると、上手くいかないことが多く、つい“ダメなとこ”ばかり探してしまいがちになります。あ、私、不幸脳かもですが、今回のレッスンのジャズっぽい音楽のときの動きはすごくカッコいいと思いましたし、バレエ全般について、綺麗だなといつも思っています。そして、バレエが好きだと自信を持って言えます。綺麗なものを自信を持って綺麗と言え、好きなものを自信を持って好きだと言える。私は、やっぱり幸せ脳かなこんな自分に自信を持って、バレエを続けていきたいと思っていますこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      50
      テーマ:
  • 16Jun
    • 底力

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」先日バスに乗っていて、もうすぐ降りるというとき、窓の外に薔薇の花がたくさん咲いているところを見つけましたバスを降りた後、行くべき方向とは反対方向に向かい、撮ったのが上の写真です。こんなにたくさんの綺麗な薔薇を見つける私は、きっと高見沢さんからの薔薇の花束のバースデープレゼントもゲット出来るでしょうあ、しつこいしつこいくらい宣言した方が現実になるらしいので、もうちょっと頑張ってみますさて、昨日、バレエスクールのレッスンに参加してきました。スタジオに着いたら、一つ前の子供たちのポアントレッスンをまだやっているところ。その様子を見ながら、同じレッスンに参加する大人バレエの方々とお話していました。先週の帰りにお話したのとは別の、かなり上手な方とお話したら、その方は子供のころから20歳ころまでバレエをやっていて、再開したのは1年半ほど前だとのこと。1年半であのレベルか~やっぱり小さい頃やっていた人は違うんだな…その方から聞いたお話では、皆さんそんなに長くやっているわけではない、とのことでした。そうなんですね。私も頑張ろう今回はいつもより参加人数が少なめでした。私が付いたバーは二人だけなので、互い違いになる。なので、私の前には人がいない状態…(まだまだここのレッスンには慣れていないので、出来れば前に人がいてほしいところ…)そして、レッスン開始。よし、今日こそは背中を注意されないようにするぞそれにしても、何で私の手の動きはこんなにぎこちないかな、と最初のプリエ中心の動きのとき、正面の鏡を見ながら思う…タンデュ中心の動きの音に合わせての「本番」が1回終わった後、全体に向かって、「タンデュやって、5番に入れてみて」と言う先生。言われた通りにする参加者たち。「それって5番」あ、ちゃんと5番に入ってないな(^o^;)「もっと入れられるでしょ」はい、入れられます(^_^;)「こんなんなってる人や、こんなんなってる人が多い」と言って、先生はかなり甘い5番の状態を見せて下さいました。そして、両手バーになるようにとのこと。5番→ドゥミプリエ→背中引き上げ、頭引っ張り上げる。指示通りにしたところ、みんな、綺麗な5番になりました「そうやってみて。毎回、ちょっとずつでもいいから、努力してみて。じゃないと、綺麗な5番にならないよ。」分かりました努力します途中遅れて来た方がいて、私がいたバーに付き、私のバーは3人になりました。(ここのバレエスクールは、短めのバーを、正面の鏡に向かって垂直方向に、何本も置いています。)先週もやったマイケルジャクソンのように、45度に倒れる動き。左手バーでやった後、先生は突然、こう言いました。「みんなあっち(スタジオの右)を向いて」右を向くと、次々と指示が飛んできます。「床の上にうつ伏せになって肘をついて」「身体、一直線のまま持ち上げて」これはもしかしてそう、プランクでした。カウントする先生。「1、2、3、4、5、6、7、8」これで終わりかと思ったらさらに、「1、2、3、4、5、6、7、8」まだ続く。「1、2、3、4、5、6、7、8」苦しそうな声が聞こえる(^_^;)3セットか4セットやった後、やっと終了崩れ落ちる方、続出。私は意外と平気でした。キックボクシングをやっていた頃、スポーツクラブでパーソナルトレーニングを受けていたことがあったのですが、そのとき、プランクはよくやっていました。キックボクシングをやめてからも時々参加していた、スポーツクラブのピラティスのレッスンでも、プランクはよく出て来ました。底力、出しました(昨日、レッスンを受けた後に読んだ田宮陽子さんのブログ記事に「底力」と書かれていたのを見て、自分のブログのタイトルに使いたくなりました。)「(このプランク)どこに効いた」とみんなに聞く先生。当然、お腹ですよね腰とか、別の部分を言う方もいて、ちょっとびっくりお腹で正解でした「45度に倒れる動きは、体幹を使う。ぷるぷるするくらい体幹を使わなければならない。」プランクをやったのは、そのためだったのですね。右手バーでもう1回同じ動き。思いっ切り倒れてみました。ぷるぷるはしなかったけど…(^_^;)全体に対して、「良くなった」との先生のお言葉がありました。ちなみに、今朝、起きようとしたら、お腹に激しい筋肉痛が…(^_^;)プランクをやったことをすっかり忘れていたので、一瞬、「何が起こったんだ」と思ってしまいました(^_^;)毎回やっている、かなり複雑で、バーに向かってぺた~っと下がる動きもあるアンシェヌマン。途中で方向を間違えて、あれとなってしまいました(^_^;)先生がそばに来て、一緒に動いて下さいました。ありがとうございますm(_ _ )mこの動きには、Y字バランスも入っています。私はY字バランスが出来ないので、いつも曲げた膝の下に腕を入れて持ち上げていました。右手バーのとき、先生が私のそばにやって来て、こう言いました。「背中まっすぐにして」「脚、真横に伸ばして」「脚を下から持って」「この状態でやって」分かりましたかなり丁寧に教えて頂いたので、難しい部分は終わっていました。そして、毎回おなじみの速くて複雑なフラッペ。私のバーにいた上手な方に、私の前でやるように指示する先生。ご配慮頂き、ありがとうございますm(_ _ )mおかげで助かりましたバーを使ったピルエット、今回もやりました。回る方向は正しかったと思うのですが、湿度が高かったせいなのか、ポアントの松やにを取るために、雑巾で床をふいたせいなのか、回るとギュギュっと音がする。私だけこの、回転するときに私だけ音がする現象は、センターレッスンでも起きました。それも含めてセンターレッスンについては、次回のブログ記事で書きます。また読んでくださいねこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      53
      テーマ:
  • 15Jun
    • バレエ史上最大の…

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」前々回、前回に続いて、アジサイ第3弾。これは前回とは別のガクアジサイです。ご紹介したアジサイは全て半径10メートルぐらいのところに集まって咲いているんですよさて、前回のブログ記事「最高のアラベスク」の続き、火曜日に参加したバレエレッスンのセンターレッスン編。センターも日曜日のレッスンに比べると、基本的なことが多かったです。一つ目は、かなりゆっくりな動き。正面に向かって少し斜め向きになる場合、どの程度身体を斜めにすればいいか、個人指導して頂きました。この動き、途中でアラベスクがあります。う~~~んバーレッスンで個人指導して頂いたときのようには脚が上がらない(^o^;)何とか先生の力を借りなくても、綺麗なアラベスクが出来るようになりたいものです。続いて、もう一つ、タンデュ中心の動きがありました。(内容を思い出せません(^o^;))そして、スートゥニュで立つ×3回→細かいパドブレで前へ→片脚プリエで片脚後ろ→シュスー→横へのパドブレ。音に合わせての「本番」を1回やった後、先生に呼ばれて個人指導をして頂きました。「スートゥニュは、前に出した脚は曲げずに、後ろ脚を蹴って、前脚に引き寄せる。」「シュスーは、もっとぴたっと脚と脚をくっつける。」「ルルベもっと高く」こういった注意を踏まえて片手バーで何度かやっているうちに、OKが出ました。丁寧に教えて頂いて感謝です1回目の「本番」は右脚前だったのですが、2回目は左脚前。片脚プリエの時点でふらつく私って…(^_^;)そしてジャンプ。まずはシンプルに6番でひたすら跳ぶ。「もっと上へ」「背中そのままで跳ぶ」という先生の声が飛んできます。次は1番でひたすら跳ぶ。「つま先伸ばす」「もっと高く跳ぶ」「背中の位置そのまま」「お腹に割り箸」んお腹に割り箸ってどういうこと(これは後で分かりました。)私はどうもジャンプのときに、前に倒れる癖があるらしいです。まぁ、ジャンプ以外のときも、そういった傾向はあるようですし、普段からそんな風になっている気もするんですけどね結構な回数をやったので、息切れする参加者たち。(もちろん私もです)「バレエは疲れるよね」と先生。おっしゃる通りでございます今回、家に帰り、レッスン内容について書き出したら、センターレッスンについての内容が少なめでした。なんかもっとやった気もするのですが、これ以上思い出せません。バーレッスンをかなり丁寧にやったので、センターレッスンの時間が短かったのかもレッスンが終わった後、先生にご挨拶しました。そのときに言われたのですが、私はプリエするときに上体が前に倒れているらしいです。(このブログを書きながら思ったのですが、ジャンプのときに前に倒れるのも、プリエの時点でそうなっているからなのかもしれません。)「お腹に割り箸を縦に入れる感じで、まっすぐのままやるように」とのお話でした。あ、お腹に割り箸って、そういう意味なんですね。基本的なことを、少人数制で丁寧に、しかも度々個人指導を交えながら教えて頂ける。私はなんて恵まれているんだ今回もレッスン後はお腹がペコペコ。晩ご飯、がっつきましたそして、予想はしていたのですが…バーレッスンでアラベスクをしっかりやったので、お尻が思いっ切り筋肉痛になりましたそれも、その日の内に来ました。椅子に座って、レッスンメモを書きながら、「お~筋肉痛来たな」と思っていた私です。その日の内に筋肉痛になるということは、若いってこと(よく、「年を取ると筋肉痛になるのが遅くなる」って言いますもんね)この筋肉痛、かなりひどかったです私のバレエ史上最大の筋肉痛でした。ですが、今回、先生の補助があったとは言え、頑張ればアラベスクで90度以上脚が上がること、綺麗な状態でアラベスクが出来ることが分かりました。私だって、やれば出来るんだ綺麗にアラベスクが出来た自分の姿を頭に焼き付けて、自力でも綺麗なアラベスクが出来るように頑張りたいと思いますこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      62
      テーマ:
  • 14Jun
    • 最高のアラベスク

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」昨日に引き続き、アジサイの写真です。これはガクアジサイですね。これからどんな風に変化していくのか、楽しみですさて、日曜日に引き続き火曜日も、今月から通うことにしたバレエ教室のレッスンに参加してきました。こちらは毎週両手バーとのことで、日曜日よりも基本的なことが多いらしい。人数も日曜日より少なめ。ここのバレエ教室は、最初のストレッチの時間に足指のほぐしやタオルギャザーもやるので、今回は5本指のバレエタイツにしました。「え、5本指のタイツ」と先生や他の参加者の方々にびっくりされるあ、やっぱり5本指のタイツって珍しいんですかねで、5本指のタイツでも、やっぱりタオルギャザーは出来ない(^o^;)タオルギャザーをやった後、足指を使ってタオルを畳むことになっているのですが、私はいつも早々にあきらめてしまいますですが、今回、出来るようになったストレッチがありました。フェイスタオルを対角線上(左上と右下)に持って、肘を伸ばしたまま、自分の頭を通り越すような感じで、前から後ろ、後ろから前へと動かすストレッチ。私は前から後ろに動かすとき、どうしても肘が曲がってしまっていたんですよ。それが、今回、肘を伸ばしたまま出来たんです。先生にも、「出来たね」と言って頂けました。やりました~~~で、バーレッスン開始。最初のプリエ中心の動き。先生が私の後ろに付いて下さいました。「背中もっと後ろ」「頭、上へ」「お腹引き上げて」「背中このまま下がる」といった注意をしながら、私の身体を何とか、バレエであるべき状態にしようとして下さる先生。ありがとうございますm(_ _ )mタンデュでは、「軸脚、絶対曲がらないように」という注意あり。後ろのタンデュについては、出す方の脚の膝も曲がっているらしく、その点も注意されました。ジュテでは、横に出した脚のかかとが前を向くように注意される。ロンド・ジャンブ・ア・テールでは、「背中、ずっとこのまま」と言われました。「このまま」というのは、丸まらないで引き上がった状態です。鏡を見ながら思ったのですが、自分としては胸を張りすぎじゃないかと思うくらいがちょうどいいみたい。ロンド・ジャンブ・アン・レールからのアラベスクもあったのですが、音に合わせての「本番」後、一人一人、先生にアラベスクの状態をチェックして頂きました。「もっと脚伸ばして」「もっと伸びる」私の脚をさすりながら言う先生。「軸脚曲げない」「上体まっすぐ」上体が前に倒れないようにするだけでなく、捻れないようにすることも注意されました。確かに、正面の鏡に映る私の姿は、上体が捻れている…(^o^;)そんな風に、いろいろ注意をしながら、どんどん私の脚を上げていく先生。かなり時間を掛けて個人指導をして頂いた結果、先生の口からこんな言葉が…「ほら、こんなに上がったよ。90度以上上がってるよ。」本当だアラベスクでこんなに脚が上がったのは初めて自分史上最高のアラベスクですやれば出来るんだ先生に脚を持ち上げられている状態だけど…一人一人丁寧に教えて頂けるのは、本当にありがたいですその後もバーレッスンは続きます。「シュスーもっと脚を近付けて」今回もまた、脇を引き上げられました。自力だとふらつく状態。「もっと床を押す」「もっと上へ」確かに押す感覚も上へ伸びる感覚も足りなかったと実感しました。ルルベパッセ、腕はアンナヴァン。「手のひらをすくう」との指示がありました。手のひらを上に向けることです。ふらつく私…(^o^;)「足、バナナ」と先生。カマ足ってことですかねここでも、「腕、もっと前」「手のひらすくう」「背中伸ばす」といった注意を受けました。エシャペでは「本番」が1回終わった後、先生が、「みなみさん、エシャペ」やってみろということらしい。やってみましたここでも注意の嵐。「かかとを前へ」「膝、しっかり伸ばす」「背中丸めない」「腹筋あるんだから、もっと引き上げられるはず」え私、腹筋ありますかね「そんなに脚広げなくていいから」確かに、狭めにしたらやりやすいですが、その後、あまりにも狭くしすぎて、「もっと広く」と言われちゃいました(^o^;)注意された通りにしたら、先生にこう言って頂けました。「そう、良くなった。運動神経いいね」運動神経がいい初めて言われました先生、褒め上手ですねバーレッスンの最後はグランバットマン。両手バーで後ろのみ。「床を擦るように」と全体への注意あり。そして、「軸脚曲げない」「上体倒れない」という個人的注意あり。正面の鏡で自分の姿を確認。あ、なんか綺麗なグランバットマンあくまでも自分基準ですさっきアラベスクで徹底指導して頂いたのが影響しているかもさぁ、この調子でセンターレッスンだ~センターレッスンについては、次回のブログ記事で書きます。また読んで下さいねこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      64
      テーマ:
  • 13Jun
    • 大人バレエ初心者が共感できる言葉

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」私が住んでいる地方でも、少しずつアジサイが色づき始めています。先日このブログに写真を載せたアジサイも、今はこんな感じです。ちなみに、1週間前はこんな感じでした(同じお花ですよ)これからどんどん色づいていくのが楽しみですそれでは、前回のブログ記事「豹変するバレエの先生」の続き、日曜日に受けたバレエレッスンのセンターレッスン編です。最初のタンデュ中心の動き。前に2回タンデュした後、戻さずにそのまま4番でルルベ…のはずなのに、つい2回目も5番に戻してしまう…(^o^;)左向き→右向きで2セットやりましたが、ようやく2セット目でちゃんとやれました確かピケ・アラベスクからパドブレのときだったと思うのですが、しっかりと5番にしてからパドブレするように全体に対して注意がありました。はい、気を付けますタンデュ中心の動きを2つやった後、ピルエットのための練習。前回もやった、4分の1回転ずつパッセで立つ練習です。今回は、4分の1、4分の1、2分の1、1回転、となります。え~と、パッセの脚はどっちに下ろせばいいんだあ、前でいいんですね。前の脚をプレパレーションで4番にするんだ。前回よりは上手く行っているかなと思っていたら、「腕柔らかく!」という先生の大きな声が飛んできました。「柔らかく」という注意ですが、その注意は鋭くて、お腹から声が出ている感じ。笑顔で話している印象と全く違います。「先生、豹変するなぁ」と思った瞬間でした(^_^;)終わった後、今度は笑顔で、「みなみさん、パッセは前ね」と言う先生。分かってはいるのですが…どうしても後ろに行っちゃうんですよね(^o^;)次はエシャペ。ジャンプするバージョンです。5番→2番→5番→シャンジュマン。ここは本番前の練習時間があまりありません。音に合わせての「本番」。あ、シャンジュマン1回多かった(^o^;)この頃、よくやるパターンですそして、「シソンヌやったことある」と笑顔で私に聞く先生。「はい」ここで、バレエスタジオのレッスンでよくご一緒する方が言っていた言葉が頭に浮かびました。「やったことがあるのと、出来るのとは別の問題」大人バレエ初心者が共感できる言葉ですよねシソンヌ2回→3回目は腕を逆にしてピケ・アラベスク→シャッセ→2歩歩く→前へのアッサンブレ。シソンヌはオープンスタジオのレッスンではよくやっていましたが、バレエスタジオではしばらくやっていませんでした。つまり、久しぶりってことですこの動きのときは、たっぷりと練習タイムがありました。「シソンヌは両脚で踏み切る」分かってはいるのですが、上手く出来ませんそして、前へのアッサンブレ。バレエスタジオで一度やったことがあります。腕は前のアロンジェ。なんか、キョンシー感が半端ないんですけど…それに、腕の上下の高さが左右逆だと途中で気が付きました(^_^;)最後は、前回もやった、回転で顔を付ける練習。「次回からスートゥニュやるからね」と先生が言っていたので、この練習は、私と、私と同じように前回体験レッスンを受けた後入会した人のためにやっている様子。ありがとうございますm(_ _ )m私はまだ、顔を回し始めてから前を向くまでにタイムラグがある気がします。そのせいか、目が回るここでも、「背中まっすぐ」という注意を受けました。この日は気温が低かったのですが、レッスンが終わる頃には、先生も参加者もみんな汗をかいていました。雨が降っていたせいか、私はこの日、朝から身体がだるかったんですよ。ですが、レッスンが始まった途端、そんなことはすっかり忘れ、レッスンを楽しむことが出来ました。レッスンが終わる頃には、身も心もすっきりした感じやっぱりバレエって楽しいな~レッスン後、先生から、「良くなってきている」「背中伸びてきている」と言って頂きました。良かった~~~お昼前のレッスンだったので、終わる頃には、お腹がペコペコ家の近くに最近出来た豚肉料理のお店で、ヒレカツ定食をがっつり頂きましたその日の夜、先生からメールを頂きました。前回より良くなっていること、そして、「疲れたと思うのでゆっくり休んで下さいね」と書かれていました。「豹変する先生」なんて書いちゃいましたが、先生が厳しくなるのは、レッスンに参加する人にもっと上手になって欲しいという想いが強いからだと思います。いい先生に出逢えて、本当に感謝していますバレエスタジオがお休みになることを知ってから2ヶ月間、ネットで調べまくり、バレエ用品店に置いてあるチラシを見まくっても、それでも見つけることが出来なかった、知る人ぞ知るバレエ教室。そのバレエ教室の存在をひょんなことから知り、いい先生に教えて頂いている私って、本当に幸せ者です先生に注意されることに気を付けながら、バレエを楽しんでいきたいと思っていますこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      61
      2
      テーマ:
  • 12Jun
    • 豹変するバレエの先生

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」これは昼顔ですよねそういえば、何年か前に『昼顔』ってドラマが放送されていたとき、はまって毎週観てましたそんな話はさておき、今回は日曜日に参加したバレエレッスンのレポです。先週体験レッスンに参加し、すぐに入会を決意。今回は、入会後初めてのレッスン。先生は前回同様、とても優しい笑顔で迎えて下さいました前回私は、穴あきでも五本指でもないバレエタイツを履いていたんですよ。なので、レッスン最初のストレッチのときに、足の指を広げたり、タオルギャザーをしたり、といったことが上手く出来なかったため、今回は穴あきタイツを履いて、指が出るようにしました。にもかかわらず、やっぱりタオルギャザーが出来ない…(^o^;)タイツのせいではなかった…そういえば最近、家でタオルギャザーやってなかったな…またやるようにしようこのバレエ教室の日曜日のレッスンは、隔週で両手バーと片手バーになります。今週は片手バー。(一部、両手バーになります。)最初のプリエ中心の動きのときに、左手バーでは先生が付きっきりで教えて下さいました。「背中引き上げて」「お腹引き上げて」と言って、かなり力を込めて引き上げて下さいます。5番ルルベでは脇を引き上げられました。「もっと床押して」「もっと上がれる」「身長170cmになれる」先生に引き上げて頂くと、いつもよりずっと高くなり、本当に170cmになった気分ですやれば出来るんだ5番ルルベはその後も何度か直されましたが、「私の手に頼らないで」と言われちゃいました確かに、先生に支えて頂いている間はいいのですが、手を離されると、途端にバランスを崩してしまいます(^o^;)プリエ中心の動きが終わった後、プリエについての詳しい説明があり、一人ずつチェックされました。「腰骨を引き上げてから、外側に回す」とのことなのですが、他の方が直される様子を見ていても、かなりきつそうそして、私の番。かなり腰骨を引き上げられました。う~~~ん、かなりきつい…皆さん、「ここまでやらなきゃいけないんですね」って言っていました。その後のレッスンでも、しょっちゅう先生に注意される私…(^o^;)直されるのは、背中、お腹、そして時々腕。私はどうも腕をぴんと張りすぎる傾向があるようです。腕を正しい状態に押さえつけられながらやった動きもありました。「首の力は抜いて」「下を向かない」「シュスーもっと脚を近付けて」「もっと!」穏やかで優しそうな先生なのですが、注意をするときは、かなり厳しくなります。厳しく指導して頂けなければ上達しないので、ありがたいことです。ずっと通っていたバレエスタジオのやり方とちょっと違うので、タンデュやジュテなど、慣れているはずの動きでも、ちょっと戸惑ってしまうことも…えタンデュのアクセント、そっちなのこのテンポでやるの皆さん慣れているせいか、当然のようにやっている最初の方にも書きましたが、時々両手バーになります。6番ルルベで片足をもう片方の足にちょこんと付けた状態で、アップダウン。「軸脚もっと外側に」と注意されました。外側というのは、ターンアウトするという意味です。6番でもターンアウトするんですねそしてエシャペ(もちろん両手バー)。慣れないせいか、ちょっとテンポがずれてしまいます(^o^;)「膝もっと伸ばして」「プリエして」「跳び上がらない」と、ここでも次々と先生の注意が飛んで来ます。途中で、「左右これでいいんだっけ」の状態になってしまいました(^o^;)(他の方と脚の前後が逆のような…(^_^;))かなり長くエシャペをやって、ちょっと息切れ…しかし、これで終わりではなかった。「次、指1本で」左右の指1本だけをバーに置いてエシャペするらしい。バーに体重を掛けないということですね。皆さん、当然のようにやっている。私は、ますます怪しくなる(^_^;)ルルベパッセでバーから手を離してバランス。先生に脇を引き上げられました。手を離されたらバランス崩すな、きっと(^_^;)バーを使ってのジャンプ。やったことをよく覚えていませんが、最後にカトルが入っていました。説明するとき、「カトル」と言った後、笑顔で私を見る先生はい、頑張りますよぉ~頑張ってはみました頑張って全てが上手くいくなら、苦労はしないグランバットマンは両手バーで後ろのみ。左3回→シャンジュマン→右3回、を繰り返します。ここのところ、他のパとの融合が多かったので、なんかほっとします余裕があったせいか、自分を客観的に見ることが出来ました。上体が前に倒れすぎているかもいろいろ注意されたバーレッスンですが、「背中伸びてきた」「良くなってきた」と、時々、お褒めの言葉も頂きました先程も書きましたが、先生は穏やかで優しい先生で、実際、優しい言葉も掛けて頂くのですが、厳しいことを言うときは、かなり厳しい感じになります。この後のセンターレッスンでも、「先生、豹変するなぁ」と思ったときがありました。その辺も含めて、センターレッスンについては、次回のブログ記事で書きます。また読んで下さいねこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      71
      テーマ:
  • 11Jun
    • バレエの先生の名言

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」高見沢王子から薔薇の花束のバースデープレゼントをもらう日を夢見て、また薔薇の写真を載せちゃいましたまぁ、薔薇の写真を載せたからって、抽選に当たる確率が高くなるわけではないんですけどねさて、前回のブログ記事「バレエレッスンにマイケルジャクソン登場!?」の続き、この間の金曜日に参加したバレエスクールのレッスン、今回はセンターレッスン編です。最初の動きの説明。タンデュ→シャッセ→…(忘れた)…(確かアラベスクがあったはず)…→ピルエット→反対の動き。先週と同じく、2つにグループ分けされる。「○○さんはここ、△△さんはここ、××さんはここ、みなみさんはここ」と先生に位置を指定されました。私は2列目の左から2番目。右を向いても左を向いても、前に上手な方がいます。先生、ご配慮いただき、ありがとうございますm(_ _ )m位置も決まり、私がいるグループが先かと思いきや、「始めたばかりの二人がいるから、後」と先生。「(初心者の)○○さんとみなみさん、ちゃんと見ててね」はい、分かりました第一グループの動きを見ながら、スタジオの隅で一緒に動いていた私。そのせいか、だいたい出来ました(ピルエットはおいといて…)次は、第1とか第3とか第4のアラベスクが登場。バランスが崩れそうになるのを、なんとかこらえる。そして、ジャンプ。左斜め前を向いて構える→すぐに正面に戻り、シャンジュマン4回→2番→5番→2番→5番→ジャンプして右斜め前を向く→二つ目の5番まで同じこと→カトル3回→最初の方向を向く。あ、カトルやるんですね。「右脚前だったら、右脚を後ろにして、また右前に戻って来る」分かっちゃいるけど、出来るかな音に合わせての「本番」の前に、初心者さん、私、もう二人でシャンジュマン単独の練習、16回「ここでジャンプの仕方を覚えて」と先生。その後、皆さんと同じことをしました。やっぱりカトルは上手くできなかった次は、トンベ→パドブレ→ピルエットの繰り返し。「△△さん、××さん(上手なお二人)、○○さん(初心者さん)とみなみさんと組んで」またまたご配慮いただき、ありがとうございますm(_ _ )m人数の関係で、私のグループは3人になりました。お二人の後ろに付く。なんとなく回る(^_^;)グランワルツは、やっぱりハイレベル。右にソッテ→クドピエ→左にソッテ→クドピエ→アラベスク→…(途中忘れた)…ジュテ・アントルラッセ→シャッセ→トンベ(だったはず)→最後はグラン・パドシャ(ソードシャ)。うん、前回よりは覚えているぞ(前回も似たような内容だったと思います。)これも上手な方と一緒にやらせて頂きました。ジュテ・アントルラッセのタイミングがつかめなくて、どうしてもワンテンポ遅れてしまう…そもそも、ちゃんとジュテ・アントルラッセが出来ているのか、はななだ疑問なのである初心者さんは本当にバレエが初めてらしく、どう動いていいか分からない様子。先生から檄が飛びました。「出来なくても動く!」名言ですねやっぱり出来なくても動いてみないと、出来るようにはならないですからね最後は、一人ずつ、斜めに向かってピケ・ターン。初心者さんと私は、先生と一緒に、ピケで立つ×3回→4回目は回るを繰り返すバージョンでした。今回も出来ないことが多かったですが、楽しいレッスンでした。帰り際、かなり上手な方に、「バレエやっていたんですか」と話し掛けられました。どうやら、全くの初心者には見えなかったようです。話している間にも、私の背中は丸まっていたらしく、「先生も言っていたけど、背中」と言われちゃいました(嫌な言い方ではありませんよ)普段から気を付けなきゃねその方は小さい頃、バレエをやっていたとのこと。ですが、ここに通っている方のうち、小さい頃からやっていたのは、数人だけだろうとのお話。え、そうなんですね皆さんお上手なので、てっきり小さい頃からやっていた方が多いものと思っていました。大人から始めたとは思えないでも、逆に考えると、大人から始めても、頑張ればここまで上手になれるということですよね。なんだか、希望の光が見えて来ました私も皆さんに追いつけるように頑張りますこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      63
      3
      テーマ:
  • 10Jun
    • バレエレッスンにマイケルジャクソン登場!?

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」先月、この花壇の写真をご紹介しました。昨日、同じ場所に行ったら、こうなってました季節ごとに花を植え替えているようですさて、この間の金曜日にバレエスクールのレッスンに参加してきました。ここは前の週に体験レッスンに参加し、今回が入会後、初めてのレッスンになります。最初のプリエ中心の動きのときに先生が私のところに来ました。肩をぐっと後ろに下げられ、「このぐらい胸を開いて」と言われる。「本番」後、先生に個人指導をして頂きました。「背中、もっと上げられないかな?」「お腹から脇をぐっと持ち上げて」先生が力づくで持ち上げて下さいました。かなり苦しい状態…「この状態をキープして」とのこと。次のタンデュ中心の動き。おっと、前に出すときは片手アンオーにするんだった。一人でアラセゴンにしていた私です(^o^;)ルルベパッセが意外とうまく行きました次のタンデュ中心の動きで、腕をアンオーにしたら、「腕は横でいいよ」と先生に言われてしまいました。あ、今度は違ったのですね(^_^;)そんな感じでレッスンが進み、途中、また先生が私のところにやって来ました。私は目下、髪をお団子にするため伸ばしている最中なのですが、まだ長さが足りないので、大きなヘアクリップで髪をまとめています。「ちょっとごめんね」と言って、そのクリップを持ち、私の頭を後ろかつ上に直す先生。身体も持ち上げられました。前回の体験レッスンレポにも書きましたが、このバレエスクールでは、ほとんど個人指導はありません。そんな中、指導して頂けるのは、大変ありがたいことです(きっと、あまりにもひどすぎて、見ていられないんだろうな)全体に対しては、所々で注意がありました。「体重を感じないルルベをして。同じ40kgでも、重さを感じないように」「腕はしっかり横に伸ばす。それによってバランスを取る。」「横のタンデュで回り道をしがち。最短距離を通る。」などなど…前回もやったかなり速いテンポでのフラッペ、ダブルフラッペ、そしてバッチュ。1回目のバッチュはアテールでフレックス。(バッチュというよりは、速いフラッペなのかもしれません。)2回目は、ルルベでクドピエでのバッチュ。前回よりは、まともになった感じ前回は私の前で動いてくれた先生、今回はバレエを始めて間もないと思われる方のところで個人指導をしていました。ロンド・ジャンブ・ア・テールの前に、片脚プリエで片脚を伸ばす動きがありました。「前に脚を出すときは、後ろに45度身体を傾ける。後ろに脚を出すときは、前に45度身体を傾ける。」との指示がありました。ここで突然、先生が、「マイケルジャクソンじゃないけど」と言って、前に45度倒れる動きを一瞬しました」あ~、なんか懐かしいそういう動き、ありましたねあれは特殊な靴を履いているから出来るらしいです。スタジオにあったモップを使って傾き方を説明する先生。「よくやりがちなのが、バー側の肩が内側に入ってしまうこと」との注意あり。私、やりそう(^_^;)ロンド・ジャンブ・ア・テールの前に、この身体を傾ける動きがあり、さらにロンド・ジャンブ・ア・テールでも、片脚プリエで片脚を伸ばして45度になり、腕も一緒に動かす動きがあります。皆さん、何てことなく、こなしていらっしゃる。すごいなここの参加者の皆さん、レベルが高い皆さん、子供のころからバレエをやっていらっしゃったのかなバーレッスンも後半になると、内容がかなり高度になります。先週もやった、高く振り上げた脚を振り下ろす動き。見様見真似でやってみる。(脚、全然上がらないけど…)途中、Y字バランスもありましたが、私は出来ないので、膝の下に腕を入れて持ち上げる。(いつも通っているバレエスタジオではこうやっていました。)ほとんどの方が、Y字バランス出来てる今回は、動きの最後に、ピルエットをして、回ったところでバーをつかむというのがありました。あれどっちに回るんだっけもう一人、私と同じようになった方がいて、先生から説明を受けていました。その説明を聞いて、私も確認。そして、先週もやった、バーに斜めに向かって、片脚を後ろに伸ばし、ぺた~と下がる動き。(うまく表現できませんが、バレエをやっている方だったら、お分かり頂けるのではないかと思います。)え~~~っと、どっちの脚を伸ばすんだっけ「右脚伸ばす」との先生の声。あ、逆にやってたバーレッスン終了後、「汗、出てきた」とみんなに聞く先生。「汗が出るくらい引き上げなきゃ」そうですね。それは私の課題でもあります。私の目下の目標は、水も滴るいい女よりも、汗も滴るバレエレッスンですねこの後のセンターレッスンについては、次回のブログ記事で書きます。また読んでくださいねこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      61
      テーマ:
  • 09Jun
    • 「やる気がでない時期」にも意味がある!

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」私はいろいろな方のブログを拝見していますが、最近、体調があまり良くないとか、身体のどこかが痛いとか、なんかやる気が出ない、といったことが書かれているブログ記事を度々見かけます。梅雨に入った地方も多いですし、梅雨入りしていなくても、湿度が高めだと、だるくて、やる気が出なくなるものですよね今回は、そんな風に「最近やる気が出ないんだよな」と思っている方に、こちらのブログ記事をご紹介しますいつもはバレエに関するブログをご紹介していますが、今回は、バレエとは全く関係のないブログです。今回このブログをご紹介したのには、二つの理由があります。一つは、ものすごくぶっちゃけて言いますが、「バレエ関係のブログで紹介したいと思えるものがな~~い」ということですこのブログでは、毎回、一番下に「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」をしていますので、よかったら情報提供をお願い致しますm(_ _ )mそして、もう一つの理由は、ものすごく個人的なことなのですが…もう何ヶ月も前から、あることに関して、モヤモヤするというか、しっくりこないというか、釈然としない、と思っていたことがあったんですよ。それが、数日前に、この田宮陽子さんのあるブログ記事を読んでいたら、「あ、そういうことだったのか」と腑に落ちることが書いてあったんです。(今回ご紹介したブログ記事とは別の記事です。)田宮陽子さんのブログを読んでいると、度々、「どうして今、私の置かれている状況や気持ちが分かるの」と言いたくなるくらい、そのときの私に合ったことが書かれているんですよ。これは、私だけでなく、田宮さんのブログの読者全般に言える状況らしいです。改めて、このブログってすごいと思い、今回ご紹介させて頂いた次第です。先月、ソフィバレエスタジオに行ったときのことを書いたブログ記事の中で、ソフィさんのブログについて、「私はいろいろなブログに読者登録していますが、その中でも3本の指に入るくらい大好きなブログです。」と書きましたが、他の2本のうち1本は、この田宮陽子さんのブログです。そもそも、私がアメーバに登録したのは、田宮さんのブログの読者登録をしたかったからなんですよ。Facebookでお友達になっている方が、田宮さんのブログをよく「いいね!」していまして、私も田宮さんのブログを読んでいる内に、すっかりファンになってしまいました田宮さんのブログが更新されたら、いち早く読みたい一心で、アメーバに登録したんです。登録したのが2016年の5月。それからこのブログを始める7月まで、私のブログは、「このブログにはまだ投稿がありません。」と表示される状態でしたブログを始めようと思ったのも、田宮さんのブログがきっかけでした。田宮さんのブログに、「これからの時代は、自分が知っていることで、みんなの役に立つことを惜しみなく情報提供することが重要になってくる。今は、ブログやFacebookなど、無料で情報提供する手段はたくさんある。」と書いてあったんです。アメーバに登録していることもあり、それならばブログを始めようかと思い、「私が知っていることで、皆さんのお役に立てることは何だろう」と考えたんです。そして、「大人になってからバレエを始めて、なかなか上手く行かず、やめようと思ったこともあった。私と同じような大人バレエ初心者の皆さんに、私が自分の経験を基にして、役立つ情報を提供し、バレエを楽しんで続けてもらえるような、そんなブログを作ろう」と思ったという訳なんです。だから、田宮さんのブログとの出会いがなかったら、このブログは存在しなかったことになります。このブログを楽しんで下さっている皆様、田宮さんに感謝して下さいねなんか、今回は、バレエとは関係のないブログになってしまいました。たまには、いいですよねこのブログを読んで下さっている方は、バレエ関係者の方が多いのですが、田宮さんがブログに書かれているようなことに興味がある方も結構多いみたいですし…田宮さんのブログは、ものすごく読者が多いようなので、こんなことを書くのはどうかと思いますが、一応、情報提供のときの決まり文句になっているので、いつもの文章、行きます皆さんもよかったら、「田宮陽子オフィシャルブログ『晴れになっても雨になっても光あふれる女性でいよう!』」をご覧になって下さいね(男性でも楽しめる内容ですよ)この情報が皆様のお役に立てば幸いです。このブログをご覧の皆様に役立つ情報があれば、またご紹介しますねこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      57
      テーマ:
  • 08Jun
    • この3つは覚えて下さい

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」お昼休みに、職場の近くにある神社へお詣りに行って来ました。この神社は申年と未年生まれの守り本尊で、お猿さんと羊さんの像があるんですよ。さて、前回のブログ記事「先生、それ、私ですね?」の続き、水曜日に参加したバレエサークルのレッスンレポ、センターレッスン編です。最初に新しいパの説明がありました。そのパとは…パ・ド・バスクです。バスクとは地方の名前らしいのですが…「バスクってフランスでしたっけ」とバレエ経験者の方に聞く先生。そうらしいです。パ・ド・バスクは私の記憶に残っている限り、やったことがありません。(パ・ド・バスクという名称を言われずにやっていた可能性はあります。)新しいパってなんだか嬉しい「スタジオに大きく×を書いて、その上の方のVの部分のように、左から右、あるいは右から左へ動く」というお話。脚の運びや腕の動かし方など、先生から詳しい説明がありました。分かりやすい説明のおかげで、私も何とか理解できましたこれを含めて、最初はタンデュ中心の動き。前→後ろ→横(左右交互に後ろに下がった後、同じように前に戻る)→パ・ド・バスク→反対向きで同じこと。動きには問題はなかったようなのですが、「本番」後、先生からこんな注意がありました。「観客にお尻が見えないように。片方のお尻だけ見えるのはまだいいけど、両方見えるのはダメ。」私は斜めになりすぎる傾向があるから、気を付けないと「次はエシャペ」と先生。おエシャペだですが、私が思ったエシャペとは違っていました。やることは、シャンジュマン×4回→2番→5番→2番→5番でジャンプ。私がエシャペと言われて頭に浮かんだのは、5番プリエと2番ルルベを繰り返しながら、脚の前後を入れ替える動きです。これについて、家に帰ってから『バレエ用語集』で調べたところ、5番と2番のジャンプを交互に繰り返すこともエシャペ(エシャペ・ソテ)と呼ぶのだということが分かりました。このジャンプはいつも通っているバレエスタジオでもよくやっていますが、先生はエシャペとは言っていなかったので、知りませんでした。「本番」後、「しっかりプリエしないと膝を痛める」との注意あり。そして、バランセ。斜め方向で左右にバランセ→横に左右バランセ→ピケ・アラベスク3回。目線も気を付けるようにとのお話。斜めのときは、上げた腕を見たり、下げた腕を見たり。横のときは、腕をウエーブのように動かします。この動き、私はバレエ経験者の方とペアでやることになりました。上手な方と一緒にやると、なんか自分までバレエが上手になった気がする単純な私です次はピケ。横方向に脚を出し、突き刺して立ってパッセ×3回→4回目は回る。「しっかり突き刺さないとバランスが取れない」とのこと。私が回転苦手なのは、しっかり突き刺していないからかも「ターンのときは、腕を広げてから丸める。障害物競走じゃないけど、立っている棒を1本ずつ自分に引き寄せるイメージ。視線は、進むべき方向を見て、首を切って振り返る。」といくつもの注意があった後の「本番」。先生の言っていることは理解できているのですが、実際にやるときには、いろんなことを忘れてしまいます(^_^;)これもバレエ経験者の方とペアでやりました。経験者の方が前、私が後ろで横に進んでいたら、先生が私の背中をぐっと引き上げる。あまた丸まっていたな(^_^;)バーレッスンのときはかなり気にしていたのですが、センターになると忘れてしまいがち。(特に後半、その傾向が強いです。)右に進むときに直され、左に進むときも、また直される。金曜日のバレエスクール、日曜日のバレエ教室に引き続き、また同じことを注意されてしまいました(^o^;)これがあるから、出来ることも出来なくなってしまうんだよな…反省m(_ _ )m最後は、トンベ→パドブレ。「パドブレは分かりますよね」とみんなに聞く先生。今回初参加の方はいなかったので、みんな分かります。トンベ→パドブレは、先月参加したソフィバレエスタジオ、金曜日のバレエスクール、日曜日のバレエ教室でも出て来ていました。いつも通っているバレエスタジオでは、シャッセ→パドブレをやることが多くて、トンベ→パドブレはあまりやっていなかったんですよ。それで、トンベ→パドブレをちゃんと体得出来ていなかった私。今回は、トンベ→パドブレだけを徹底指導して頂く。あ、こういうことか、と分かりました。ちなみに、トンベ→パドブレに合わせて、観客に挨拶するような腕の動かし方もやったのですが、ちゃんと出来ていたか、はななだ疑問です(^_^;)レッスンの最後に先生が言いました。「今日は、パ・ド・バスク、ピケ・ターン、トンベ→パドブレをやりました。この3つはしっかり覚えて下さい。」(他にもやったことはありますが、特にこの3つという意味だと思われます。)はい、分かりました今回は、初めてやるパや、普段あまりやらない動きなども丁寧に教えて頂き、大収穫って感じです。ここのところ、いろいろな先生のレッスンに参加していますが、それぞれの先生で教え方が違うので、毎回本当のバレエ初心者に戻ったような新鮮な気持ちになっています。このブログをやっていると、度々、「みなみさんがバレエを大好きだということが、すごく伝わってくる」というコメントやメッセージを頂くんですよ。はい、その通りです私、バレエが大好きなんですアラフィフですが、出来ればいつかはトゥシューズを履きたいと思っています。その日を夢見て、これからもバレエを頑張っていきたいと思っていますこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      67
      2
      テーマ:
  • 07Jun
    • 先生、それ、私ですね?

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」これは1週間くらい前に取ったアカツメクサの写真です。この辺りは、シロツメクサ、アカツメクサ、そして先日のブログでご紹介した黄色いお花が一面に咲き誇っていたのですが、今日、この辺り一帯の除草作業が行われ、全てなくなっていました機械での作業だから、お花だけ残すというわけにはいかないんでしょうね。朝やお昼休みや仕事帰りにお花を見て和んでいたので、ちょっと残念さて、バレエレッスンレポ行きますね昨日は、月に一度開催されるバレエサークルのレッスンに参加して来ました。このサークルが使用しているスタジオは、壁一面が鏡貼りになっているところに、バーがくっついているんです。だから、自分の姿を横からしっかりチェック出来ます。最初のプリエ中心の動き。2番のグランプリエでしっかり下まで下りることを意識しました。上体が前に倒れていないか、鏡でチェック。うん、大丈夫そうだな5番ルルベのときはもちろんのこと、1番で前に倒れたり、後ろに反るときも、「腿と腿ぴったりくっつけて」という注意がありました。5番ルルベでアンオーのときには、それに加えて頭を後ろにする感じで、なおかつ引き上げることを意識しました。私は5番ルルベは、以前は右脚前よりも左脚前の方が上手く行っていたのですが、最近は右脚前の方が上手く行きます。なんでだろうタンデュでは、「戻すときに膝が緩みがち。内腿を意識して、つま先を伸ばすように。」との注意が音に合わせての「本番」前にありました。最初のタンデュは、ドゥミを通ることを意識するために、ドゥミ→ポアント、これをゆっくりと2回→速く2回ということを、前、横、後ろとやりました。後ろが結構難しい…つま先に意識が行くと、上体が倒れがちになります(^o^;)タンリエが入ったタンデュもやりました。「タンデュからタンリエのところでは、一気に体重移動するように」「戻るときは 床を蹴る感覚」という注意がありました。横のタンリエもあり、途中でバーから手が離れた状態になります。確か前回も同じことをやって、そのときはふらついたような記憶が…今回はふらつきませんでした次はジュテ。悪い例として、つま先が上を向いて、ぺら~っとなっている状態を先生が見せて下さいました。「ドゥミを通らないと、こうなりがち」とのこと。私、そうなってるかもそして、ファスト・ジュテ。速いジュテ×4回→ピケ(タッチ)1回→5番に戻す→ピケ(タッチ)2回→5番に戻す。速くなるとこうなりがちだという悪い例。1回1回しっかり5番に戻さずに、また脚を出すという状態。先生、それ、私ですね(^_^;)その点に気を付けてやりました。今回、どの動きの時か忘れたのですが、アテールでのパッセ→バーから手を離してバランスがありました。この頃、ルルベパッセをよくやっていたせいか、アテールだと安定感を感じますフォンデュは3段階でやりました。足首に近い位置から脚を出して床に足を着く→ふくらはぎの辺りから脚を出す→膝の辺りから脚を出すというもの。確かこのフォンデュのときに、アティテュード→アラベスクをやった気がします。先生が見せた下さった悪いアラベスクの例。前に伸ばした腕と上体がまっすぐになるような感じで上体が倒れ、床と並行になっている…(^o^;)先生、それ、私ですね(^_^;)本当にやっちゃいけないことばかりやってるなぁロンド・ジャンブ・ア・テールでは、1周目、片脚プリエで腕を下から動かし、上でアロンジェという、腕と脚の連動が入りました。相変わらず、腕の動きに気を取られると、脚がおかしくなる私…(^_^;)ア・テールに続いてのアン・レールでは、後ろに脚を上げるときに、上体が倒れてしまいます。これじゃぁ、さっき、アラベスクで先生がやっていた悪い例になってしまう…と思っていたら、「前、横、後ろとも、上体の位置は変わらない」との注意がありました。はい、気を付けますフラッペでは、動きを分かりやすくするため、1回目と2回目は、ゆっくりとドゥミの状態で床に足を押しつけた後、つま先を床から離す、というのをやりました。その後、普通のフラッペが続きます。「削る感覚を忘れないように」との注意あり。いざやってみると、なんか分からなくなってきた…(^o^;)「頭で考えてると、分からなくなりますよね」と先生。その通りでございますパッセからアティテュード→バーから手を離してアロンジェという、私的にはかなり難易度が高い動きも…アティテュードについて、「つま先が下を向かないように」「膝は横」「後ろにいる人を巻き込む感覚」といった注意が「本番」前にありました。それを意識してやってみる。足裏つりそう(^o^;)これは、右脚前の方がバランスが取れましたバーレッスンの最後は、グランバットマン。「床を擦らないと、脚が上がらない」という「本番」前の注意を意識したら、横がいい感じに上がりました。(あくまでも自分比です)この頃、ジュテにしろ、ロンド・ジャンブ・アン・レールにしろ、グランバットマンにしろ、横に脚が上がりやすくなったんですよなんでだろう少しずつでも進歩が感じられるのは嬉しいものですこの後は、センターレッスンもありました。それについては、次回のブログ記事で書きます。また読んで下さいねこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      65
      テーマ:
  • 06Jun
    • バレエレッスンの理想的スケジュール

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」皆さんのブログを拝見すると、綺麗なアジサイの写真をこの頃よく見かけます。ですが、私の住んでいる地方では…まだこんな感じです。これでも、一番咲いているのを選んだんですよ。綺麗に色付いたアジサイを見られるのを心待ちにしている私ですそれでは、前回のブログ記事「バレエ運、最強!」の続き、日曜日に受けた体験レッスンのセンターレッスン編です。いつもとは違う雰囲気だったせいか、やったことをよく覚えていないので、とりあえず思い出したのを書きますね最初の動きの中に、5番グランプリエが出て来ました。センターでの5番グランプリエは、あまり経験がありません。上手くバランスが取れず、思いっ切りふらつく私…いかに普段、バーに頼り切っているのか、思い知らされました(^_^;)予想以上にハイレベルな動き、しかもいつもとは違う動きなので、やることを覚えられず、前の人を見ながらやります。アッサンブレ→スーブルソー→ジュテ→パドブレ→グリッサードで反対側から、だったと思うのですが、記憶があいまい…この動き、テンポが速いので、アッサンブレを適当にやっていたら、「本番」後、先生からアッサンブレの個人指導を受けました。4分の1回転ずつのパッセの練習。ルルベパッセで立ち上がると同時に90度回転。顔は、回転前の方向に残します。ぴたっと止まることが出来ない…(^_^;)「腕、柔らかく」と先生に言われました。そうだぶん殴るのをやめて、高見沢さんをハグすることにしたんだった。この練習、何回やったか分からないくらい、何回も何回もやりました。立って腕に気を付けるのが精一杯で、途中まで顔を残していなかった私…(^o^;)顔を残すための練習だったと思うのですが…(^_^;)なんとなくコツを掴んだ頃に、終わってしまいました(^o^;)そして、トンベ→パドブレ→パッセ→4番→パッセ→4番→トンベ→パドブレって当日書いたメモには書いてあったのですが、これで合ってるのか自信がありません(^_^;)次は、基本的に同じ動きで、上手な方は、パッセのところで回ります。私はパッセだけやりました。次は、トンベ→片脚プリエで片脚後ろ→後ろの脚を引き寄せて5番ルルベ→パドブレ→………これに続いて、何をやったのか忘れました前の人に続いてすぐにやらなきゃいけないのに、もたついていたら、先生が一緒に動いて下さいました。ありがとうございますm(_ _ )mソッテ→シャッセ→ソッテ→シャッセと何度も繰り返す動き。う~~~ん、どっちの脚を出せばいいのか、分かんなくなっちゃう(^o^;)スキップするような感覚なんだな。脚の動きに合わせて、腕の動きも付けなければならないのに、完全に無視した私…脚を動かすのが精一杯で、とてもじゃないですけど、腕まで気を配れませ~んさらに、「シャンジュマン16回」って言われているのに、1回多かった私…(^_^;)顔を残す練習もしました。鏡を見ながら、ちょこちょこ動いて回転し、くるっと振り向いて、また鏡の中の自分を見る。この練習は他のところでもやったことがあります。振り向く瞬間に脚を一気に動かしていたら、その瞬間も脚をちょこちょこ動かし続ける、とのこと。なかなか難しい…何回も何回もやっている内に、目が回ってきましたちゃんと顔を付けていないということですよね(^o^;)ちなみにこの練習、肩の上に指先を乗せてやるのですが、気が付くと、私の腕は下がり、背中も丸まっています(^o^;)と、こんな感じで、予想以上に悪戦苦闘したレッスンでした。「基本的なことで物足りないかもしれないですが…」と事前に聞いていたのですが、全然物足りなくありません金曜日のレッスンといい、この日曜日のレッスンといい、自分のレベルを思い知らされた感じです。同じところに通っていると、その先生のやり方に慣れて、なんとなくやれてしまうこともあるのですが、違うところに行くと、途端に出来なくなってしまいます。ブログの神様が、私のブログがマンネリ化しないように、考えて下さったんじゃないか、そして、バレエの神様が、私が出来た気にならないように、計らって下さったんじゃないか、そんな気がします。先生は優しいけれど厳しさもある素敵な方ですし、レッスンに参加されている方々も感じのいい方ばかりなので、このバレエ教室に入会することにしました。このバレエ教室の存在を知る前は、6月から10月まで、金曜日の夜にバレエスクールに行き、土曜日の午後にオープンスタジオのレッスンに参加するつもりでした。ですが、二日連続でレッスンに参加すると、身体への負担が大きいかなと正直、不安もありました。私としては、そんなにハードなレッスンでなく、1~2日おきであれば、週3回バレエのレッスンに参加したいと思っていたんですよ。火曜日か水曜日、金曜日、日曜日となるのが理想でした。このバレエ教室に日曜日と火曜日に通い、先日入会したバレエスクールに金曜日に通うと、正にその通りになりますこの頃、「こうなったらいいな」と思っているとその通りになったり、「こういう物が欲しいな」と思っているとそれが手に入ったりと、自分でも信じられないほど、ラッキーなことが続いています。私の引き寄せ力、半端ないよ~し、この勢いで、高見沢さんからの薔薇の花束のバースデープレゼントも引き寄せるぞ~~~もし本当に当たった暁には、このブログに写真を載せますので、楽しみにしていて下さいねこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      79
      テーマ:
  • 05Jun
    • バレエ運、最強!

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」日曜日に行ったバレエ教室の帰りに見つけた薔薇です4月の初めに、6月から10月までバレエスタジオのレッスンがお休みになると知ってから、私はお休み中に通うバレエ教室をいろいろと探しました。ネットでもずいぶん調べましたし、バレエ用品店の入り口付近に置いてあるバレエ教室のチラシも何枚か頂いてきて、検討しました。そして、なんとか一ヶ所よさそうな所を見つけ、先週の金曜日に体験レッスンを受け、入会した訳なのですが…その次の日、ひょんなことから、私は、今まで知らなかったバレエ教室の存在を知りました。火曜日の夜と日曜のお昼前にレッスンがあるらしい。そのバレエ教室に問い合わせたところ、「火曜は全部両手バーで、日曜も隔週で両手バーなくらい基本的なことで物足りないかもしれないですが…人数も少なくて、アットホームな感じです。もしよかったら体験に来ませんか?」とのこと。私は3月にアレクサンダー・テクニーク教師でダンサーでもある整体師さんの個人レッスンを受けたときに、「今は初心者向けや初・中級レベルのレッスンを受けているかもしれないが、出来れば、基本的なバーレッスンだけをやる入門レッスンを週3回のうち1回は受けるといい。」と言われていました。ですが、私の地元でそういうレッスンをやっている所を見つけられませんでした。この教室はバーレッスンだけでなく、センターレッスンもやっているようですが、両手バーとのことなので、基本的なことをやると思われます。場所は、仕事帰りに行くにしても、家から行くにしても、通いやすい場所にあります。開催曜日、時間、場所、全てにおいて理想的でした。「灯台もと暗し」というか、「青い鳥はすぐ側にいる」というか…どうして今まで見つけられなかったんだ~~~(後で分かったのですが、あまり積極的に宣伝してないようです。)でも、こんな理想的なバレエ教室を見つけられるなんて、私の引き寄せ力ってすごい私のバレエ運、最強という訳で、日曜日にそのバレエ教室に体験に行って来ました。すごく穏やかで優しそうな先生「身体を触っても大丈夫ですか」と聞かれました。「大丈夫です」(バーレッスンのときに、触って直しても大丈夫かどうかという意味です。)まずは、マットの上でストレッチ。「足の指を一本一本持って動かすように」とのこと。う~~~ん穴あきでもなく、5本指でもないタイツを履いていたため、あまり動かせない…その後、タオルギャザーもしたのですが、当然、上手く出来ません。「最初のうちは慣れないからね」と先生。いやぁ、慣れていても、このタイツの状態でタオルギャザーは、なかなか難しいと思いますけど…(^_^;)次回からは穴あきか5本指のタイツにします。手の指のストレッチで、なんかおかしくなる私(^o^;)ですが、指がよく伸びていると褒められました今週は両手バーの週でした。まずはプリエ。先生が私の後ろにやって来ました。「背中をもっと後ろに」と言って、私の背中を後ろに持って行く先生。やっぱり注意されたか…(^_^;)「頭をもっと上」と、頭を上げてくれる先生。さらに、あばらの辺りを引き上げられました。穏やかそうな外見と違い、結構ビシバシ直す先生です(^o^;)ですが、言い方がソフトなので、怖くは感じません。5番ルルベでも、あばらを引き上げられました。「本番」が終わった後、個人指導。「背中をこのくらい伸ばして」「頭はこんな感じで」「おなかをぐっと持ち上げる感じで」「小指側に体重を乗せるようにして、土踏まずを上げる」かなり丁寧に指導して頂きました。タンデュのときも、ずっと引き上がっているようにとの注意あり。ジュテは「本番」後、一人一人横のジュテの状態をチェックされました。他の方は、脚を出す向きやつま先を伸ばすことを注意されていたのですが、私はそれ以前の問題として、また、背中、頭、お腹の状態を徹底的に直される…(^o^;)その上で、ジュテの確認。つま先を床から上げるとふらつく私…(^_^;)その後も、いろいろと個人指導をして下さる先生。ルルベパッセでふらついていたら、腕をもっと伸ばすように言われました。腕を伸ばすことについては、横に腕を伸ばす動きのときにも、自分ではかなり伸ばしているつもりなのに、「もっと伸ばす」と注意されました。バーを使ってのジャンプは、シャンジュマン8回。二組に分かれ、1組目が終わったら、すぐ2組目。1セットかと思ったら、3セットでした(^o^;)結構きつい(^_^;)このジャンプのときも、上体が前に行かないように注意を受けました。エシャペもやりました。何回やったか覚えていませんが、結構な回数だったと思います。左脚と右脚が交互になるはずなのに、なぜか途中で脚が逆になった私です(^_^;)ロンド・ジャンブ・ア・テールでもずっと引き上がっているように注意され、グランバットマンでは、「ここを使って」と内腿を触られました。問い合わせたときには、「基本的なことで物足りないかもしれないですが…」とのことだったのですが、思った以上にハイレベルでした(^o^;)ものすごく難しいことをやったわけではないのに、結構汗をかきました。そして、センターレッスンも予想を上回るレベルでした。センターレッスンについては、次回のブログ記事で書きます。また読んで下さいねこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      77
      テーマ:
  • 04Jun
    • これを直せば、バレエは上手く行く

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」昨日、私の干支の守り本尊にお詣りに行ったときに、売店で売っているのを見つけました。(私はうさぎ年ではありません。)最近、月グッズに凝っているので、うさぎちゃんが腰掛けている月が先に目に入りました。あ、バナナじゃないですからね月もいいけど、うさぎちゃんも可愛い一目惚れして買っちゃいました実は小学生のとき、うさぎを飼っていたことがあるんですよ。あ、私のペット歴はどうでもいい話ですねさて、前回のブログ記事「バレエの新天地」の続き、先週受けに行ったバレエスクールの体験レッスンレポの続き、今回はセンターレッスン編です。一つ目の動きの説明があった後、2組にチーム分けされました。グループ代表者がじゃんけんをして、負けたグループが先にやります。私は後のグループでした。ラッキー前のグループの動きを、しっかり見ておかないとね最初のタンデュ中心の動き、なかなかハイレベルです。私は2列目の真ん中に陣取りました。ここなら、前の人の動きを見られるもんね最後のアンドゥダンのピルエット。出来てるのか、出来てないのか、よく分からない…次の動きの中に、プロムナードがありました。一時期通ったカルチャーセンターではよくやっていましたが、バレエスタジオではほとんどやっていません。アラベスクからプロムナードになるとき、腕の上下を変えるんですね。最初、そのままやっていました(^_^;)その他、前にタンデュしながら90度ずつ角度を変えて、360度回転するという動きがありました。これ、かなりテンポが速いんですよ(^o^;)もう、かなり怪しかったです(^_^;)前にバレエの先生に注意されたことがあるのですが、私は8の方向や2の方向を向くときに、身体を斜めにしすぎるようです。鏡に映った自分の姿を見て、「また斜めになりすぎてる」と思った私です(^_^;)そして、シャンジュマン16回「あまり高く跳ばないことをお勧めします」と先生。「でも、つま先はしっかり伸ばしてね」とのこと。それを踏まえてジャンプあ、私だけ1回多かった次は、トンベ→パドブレ→ピルエット。この前に何かの動きが入っていたような気がするんですが、思い出せません(^o^;)ここから、2人一組になります。上手な方が先にやるようだったので、私は列の最後尾につきました。参加者の数が奇数だったため、1人だけ余ってしまうので、自主的に私の前の2人組にくっついて、3人でやることに。ピルエットは左の方が上手く行って、先生に「そう」と言って頂けました。 そして、ピケ・ターン4回→シェネ→ポーズ。「難しかったら3回目まではピケで立つだけ。4回目だけ回る。」とのこと。バレエを始めて日が浅いと思われる方と一緒の組になるようにとの指示があり、「4回目だけ回ればいい」と言われました。一緒にやった方が、「回るときに腕を丸めるように」と注意を受けていました。おっと、忘れてた私も気を付けないと…(^o^;)最後のグランワルツ。先生のお手本を見ても、もう何が何だか分からな~い私の憧れのジュテ・アントルラッセも入っていました。先生が言っている「ソードシャ」ってなぬっしゃここで笑った方は、私と同郷だと思われます「なぬっしゃ」は私が住んでいる地方の方言で、「なんですか」という意味です。家に帰ってから『バレエ用語集』で調べたら、グランパドシャのことをソードシャと呼ぶことがあると分かりました。グランワルツは、ほぼお手上げ状態かと思ったのですが、上手な方と組ませて頂いて、さらに先生が目の前で動いて下さいました。ご配慮頂きまして、ありがとうございますm(_ _ )mこのレッスンは1時間ということもあり、どんどん進んで行く感じで、細かい注意はそれほどありませんでした。個人的注意はほとんどなし。出来ないこともたくさんありましたが、なんか楽しかった先生が明るくさっぱりした感じの方で、参加者の中で上級者と思われるクラスを引っ張っている感じの方も、そういう感じだからかなレッスンが終わった後、先生にご挨拶しました。「思ったよりハイレベルだった」と正直な気持ちを伝えたところ、「背中が丸まっている。それを直せば上手く行くと思う。」と言われました。本当ですか背中を直せば、もっと上手になれますか確かに、ルルベも片脚で立つ動きも回転も、背中が丸まっているために上手く行かないのかな、と考えることはありました。帰り際、初心者っぽい方に話し掛けてみました。体験も含めて、今回が2回目だとのこと。他にも初心者っぽい方がいました。参加者のレベルは、全体として高めです。私みたいなのがいれば、初心者さんたちも心強いかな私も頑張ってみようという訳で、このバレエスクールに入会しました。ここは入会金が掛からず、お月謝制ですが、月4回だとしても、1回辺りの金額が1400円台なんです。月5回だと、もっとお得になります私としては通いやすい場所にあるし、曜日や時間もちょうどいいと満足していたところ、次の日、私はある情報をゲットそして日曜日、あるバレエ教室に行って来ました。それについては、次回のブログ記事で書きます。また読んで下さいねこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      73
      テーマ:
  • 03Jun
    • バレエの新天地

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」5月31日のブログ記事「あきらめの早いバレリーナたち」に載せた薔薇の写真をもっと近くから撮った写真です。薔薇の写真の下に、「王子様が誕生日に歳と同じ数の薔薇の花束をプレゼントしてくれるのを夢見ているアラフィフです」と書いたのですが…実はこの次の日、THE ALFEEの公式サイトで、あることが発表になりました。その内容とは、7月に発売される高見沢さん(Takamiy)のニューシングル『薔薇と月と太陽~The Legend of Versailles~』に付いている応募券4枚を送ると、誕生日に直筆メッセージ付きの「薔薇の花束」が抽選で12名にプレゼントされるというもの。え~~~~~~~~ほんとに~~~~~~~なんたる偶然(高見沢さんは、ファンからは王子と呼ばれることがあります)なんか、当たりそうな気がしてきた私の夢、叶うかも何本送られて来るのか分かりませんが…まぁ、私の歳の数ほどは送られて来ないだろうな高見沢王子からのプレゼントだったら、歳の数でなくても全然OKですあ、嬉しさのあまり、THE ALFEEネタが長くなってしまいました。それでは、本題のバレエネタ行きますね通っているバレエスタジオがお休みになる6月から10月まで通おうと思っている、あるバレエスクールの体験レッスンを受けてきました。レッスン開始前、「緊張しなくていいからね」と先生に声を掛けていただきました。緊張しているように見えたのかな最初のプリエ中心の動きは、先生の説明なしに始まる様子。「鏡もあるから、みんなを見てね」と先生。そう、このスタジオは前だけでなく、後ろも全面鏡張りになっているので、左手バーでも右手バーでも、鏡に自分の姿が映るのです。腕の動かし方が、いつもやっているやり方とは違います。おっそうきたかって感じのところが何か所かありましたが、概ね大丈夫でした。鏡を見ながら思ったのですが、私の身体はちょっとバー側にねじれているような気が…次の動きからは、先生の説明とお手本あり。私は3つあるうちの真ん中のバーの真ん中に陣取ったため、先生のお手本をすぐ側で見ることが出来ましたタンデュにシャッセが入った動き。前と後ろだけでなく、横のシャッセもあり。横から戻るときに一度5番に入れなければならないのを、左、右ともすっとばしてしまいました(^o^;)「ジュテは、つま先をその先まで伸ばすような感覚でやるように」「フレックスにしたときに、腰が落ちないように」といった注意がありました。5番ルルベでパッセ→バーから手を離してバランスは割とうまく行きました(特に右)鏡で自分の姿が映るのを最大限活用して、ロンド・ジャンブ・ア・テールでは、脚の動きにつられて上体が動いていないかチェック。この点は大丈夫でしたが、テンポが速くなると、ちゃんと1番を通っていない気が…(^_^;)途中、片脚プリエで脚を動かす部分がありました。「プリエになったからといって、上体が落ちないように注意する」とのこと。先生は今回のレッスン中、何度も、「パンツを上に」と言っていました。履いているパンツがずり落ちないよう、常に引き上げている感覚を持つようにとのこと。「ハイレグを履いているような意識を持つといい」と言った後、「ハイレグ分かる人」と聞く先生。え今の若い世代はハイレグ分からないのハイレグってバブル時期だけのものだったのでしょうかそれはさておき…フラッペもやりました。ダブルフラッペもあり。そういえば最近、バレエスタジオではダブルフラッペやってなかったな。フラッペの後、バットマン・バッチュも。これは、オープンスタジオで時々やっていたな。このフラッペやバットマン・バッチュが入った動き、左手バーでもたもたしていたら、右手バーのとき、先生が私の前に立って動いて下さいました。ありがとうございますm(_ _ )mそして、フォンデュ中心の動きでは、デヴェロッペの他、なんかよく分からない動きも入りました。脚を前に振り上げ、後ろに下ろすというのもやりました。前にバレエスタジオでやったような記憶がありますが、名称を忘れちゃいました(^_^;)クドピエでのバランスでは、「パッセよりもやりやすいはず。ピルエットのときも、ルルベパッセは重要。ルルベ低くてもいいから、バランス取るように。バー側に傾いている人もいる。」といった注意がありました。その他、このバレエスクールのバーレッスンの内容は、途中、パンシェが入ったり、ルルベでアティテュード→バーから手を離してアロンジェ、が入ったりと、結構ハイレベル。こういった内容は、バレエスタジオに通う前に一時期通っていたカルチャースクールでよくやっていたもの。そのレベルに近いかもレベルについては、体験レッスンを受ける前に問い合わせていました。「初めての方から長年やっている方がおります。その方に合わせて指導しておりますので、安心してご参加頂けます。」確かに、私がもたもたしていたら、先生が助け舟を出してくださいましたからねこれに続くセンターレッスンについては、バーレッスン以上のレベルの高さに悪戦苦闘することになりました。それについては、次回のブログ記事で書きます。また読んで下さいねこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      78
      テーマ:
  • 02Jun
    • 大人バレエ上達のためにまずコレを捨てよう!

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」大人バレエ初心者の皆さん、今回のブログ記事のタイトルを見て、「一体、何を捨てるんだ」って気になりますよねそれでは、こちらのブログ記事をご覧になって下さいこのブログ記事の続きがこちらです「観客としてバレエを観るとき、あなたは何を重視しますか?」なるほど~~~捨てるべきものは、自分フィルターなんですね。私は、自分がアラベスクをしている姿を時々、鏡で確認することがあります。「あ~~~、膝が曲がっている~~~(^o^;) もっと伸ばさないと」と思うことがしばしば。これは客観的に自分を見ている状態ですね。さらに、「あ~~~、膝が曲がっているし、脚が全然上がってないし、上体が前に倒れちゃってるし、腕につられて肩が前に出ちゃってるし、こんなんじゃ、アラベスクと呼べないよね」と『なにもかも全てダメ!』と捉えてしまうこともあります。これは危険なんですね(^_^;)『私、綺麗しイケてるや~ん』私の場合、これはないです。こう思いたいくらいですこういう捉え方をしている限り、絶対に上手くならないんですね。で、二つ目のブログ記事に書かれていた観客目線の話になる訳なんですが…これが最大のポイントなんですね。「あなたが観客として舞台を観ているとき どんなダンサーに目を奪われますか?」私が目を奪われるのは、・軽やかで滑らかでしなやかな動きをするダンサー・綺麗に回転するダンサー・ジャンプ力があるダンサーです。「そのほとんどがご自身の踊りに求めていること。」その通りでございますロボットのようなぎくしゃくした動きになることが多く、綺麗に回転することが出来ず、ジャンプ力がない私は、自分にないものを持っているダンサーに目を奪われます「ご自身の踊りも観客になったつもりで観てみましょう。」分かりました自分の踊りを客観的に観るようにしたいと思います。今回ご紹介した「大人バレエ上達のためのプライベートレッスン」には、私も読者登録させて頂いています。このブログには、この他にも大人バレエ初心者に役立つ情報がたくさん掲載されています。皆さんもぜひ、「大人バレエ上達のためのプライベートレッスン」をご覧になって下さいねこの情報が皆様のお役に立てば幸いです。大人バレエ初心者に役立つ情報があれば、またご紹介しますねこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      66
      3
      テーマ:
  • 01Jun
    • しばしお別れです

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」通勤で通る道の道端一面に咲いているお花さん。朝には、このように花が開いているのですが、帰りにはしぼんでいます。その光景の朝と夕方のあまりの違いに、毎日のことながらびっくりしていますさて、前回のブログ記事「あきらめの早いバレリーナたち」の続き、水曜日に参加したバレエスタジオのレッスンレポ、センターレッスン編です。最初はいつも通り、タンデュ中心の動き…と思いきや、違いました。5番(だったと思う)からすぐに脚を横に出し、2番のグランプリエ→ポールドブラ…あと、忘れちゃいました私がはっきり覚えているのは、先生が説明で、「2番のグランプリエ」と言ったときに、私の斜め前にいた、かなり上手な女子高生が、かなり深くグランプリエをしたことです私は以前、2番のグランプリエでもっと下まで行けないかと先生に言われたことがあります。やっぱりこんなに深くプリエするんだ私も頑張ってみました女子高生がやると綺麗なのに、鏡に映った私の姿は、まるで四股を踏んでいるよう(^_^;)なんでだ~~~「2番グランプリエでお尻が後ろに出ないように」と「本番」後に注意がありました。あ今、書きながら思い出しました。この動きの最後は、「アンオーでパッセ→5番」でした。パッセで私1人グラグラしてました(^o^;)膝が前に行っちゃってるし…(^_^;)安定しないから膝が前に出るのか、膝が前に出るから安定しないのか…卵が先か、鶏が先か…う~~~ん、よく分かりません次こそタンデュ。前タンデュ2回→3回目でクドピエ→横へのパドブレ→後ろタンデュ2回→3回目でクドピエ→横へのパドブレ→横タンデュ交互に2回ずつ→シャッセ→パドブレ→ピルエット→後ろの5番だったと思う。ちょっと順番があやふやです(^o^;)音に合わせての「本番」後、パドブレについての注意がありました。「右脚を突き刺したら、前の左脚が左に行くしかない。それしか出来ないはず。脚は交互に動く。歩くときにも交互じゃないと歩けないでしょ。」詳しく説明していただき、今まで何となくやっていたのが、腑に落ちました次は、斜めに向かってのピルエット。「みなみさん、ちゃんと回る方を見て」という先生の声が飛んでくる。そうだ、回る方に高見沢さんがいることをイメージするんだった。さらに先生の声。「下を見ないで」え、私、下を見てましたか見てるという自覚はなかったのですが…(^_^;)気を付けますそして次はターン。スートゥニュ・ターンで右へ→壁まで行ったら左へ→これを2セット→はける上手な人は音に合わせて6回、そうじゃない人は4回でいい。4回の人は、その後歩いて壁まで行く。先生が、大人バレエ初心者の動きとして想定される動きを見せて下さいました。よたよたしながら4回回り、壁までたどり着く状態。そして、1人ずつの「本番」。(前の人が壁まで到達したら、次の人がスタートします。)右はまあ上手く行きました4回でよかったのですが、6回回れたと思います。しかし、左は…先生が見せて下さった「大人バレエ初心者の動きとして想定される動き」と同じような感じ(^_^;)さすが、先生、よく分かっていらっしゃるグランワルツは、大人バレエ初心者には難易度が高い動き。シャッセ→2歩歩く→グラン・パドシャ→方向を変えて構える→左へ向かって同じこと。脚の運びがなかなか理解できない(^_^;)「グラン・パドシャはグラン・ジュテと違って、脚をしっかり曲げてから伸ばす」とのお話。「キックボクシングの前蹴りみたいな感じだな」と思った私です。頭では分かっていても、なかなか思ったように身体が動きません。腕の動きについても説明されましたが、全然出来ていなかったと思います(^_^;)レッスンの最後に面白いことをやりました。上手な中学生と高校生は、ピケターンでスタジオを1周。その中に、大人バレエ初心者たちが、菱形のように並び、その場でピルエット。ということだったのですが、難易度が高そうだったので、結局、ルルベパッセ3回→4回目はピルエット→5番に下ろす→反対の脚で同じことを2セットやることになりました。テンポが速い音楽に合わせてやるので、かなり速く動くことになります。私は、なんか訳が分からなくなって、右に回るはずのところで、左に回ったところがあったような気が…(^_^;)ピケターンをする2人に対して、「しっかり外側に回らないと、(大人バレエ初心者たちに)ぶつかるよ」と先生からの注意がありました。そうです。大人バレエ初心者たちは、何をやらかすか分かりませんからね。一番危険なのは、私ですが…そして、レッスンが終了しました。ところで、今回のブログのタイトルを「しばしお別れです」としたので、「もしかして、みなみさん、ブログを休止しちゃうの」と思った方もいらっしゃるかもしれません。(なにしろ、ブログを閉鎖したという「前科」がありますからね)安心して下さいブログは休止しませんよ「しばしお別れ」になるのは、通っているバレエスタジオです。私が通っているバレエスタジオでは、先生のご都合により、6月から10月までレッスンがお休みになります。実はこのことは、4月初めにレッスンが再開された日のレッスン終了後に、先生からお話がありました。(ちなみに、バリエーションレッスンが始まるのは、11月のレッスン再開後になります。)それから2ヶ月、いろいろ考えました。私は、11月のレッスン再開後は、このバレエスタジオに戻るつもりです。問題は、6月から10月までの期間をどうするか、ということ。昨年の12月から今年の3月までレッスンがお休みだったときは、それまでも時々参加していたオープンスタジオのレッスンに参加していました。ですが、このオープンスタジオ、私が参加できる時間帯のレッスンは週に一度しか開催されていないんですよ。しかも、その週一度のレッスンでさえ、たまにお休みになることがあります。出来れば、週2回、バレエのレッスンに参加したい。オープンスタジオのレッスンの他に、週1回、他のバレエ教室にも通いたい。というわけで、通えそうなバレエ教室をいろいろ探しました。開催曜日、時間、料金、場所、レッスンのレベル等、いろいろ考えて、1箇所、ここならいいかも?と思えるところが見つかりました。今度、そこに体験レッスンを受けに行きます。そこでよさそうであれば、そこに通おうと思っています。体験レッスンレポも書こうかと考えています。ぜひ、読んで下さいねこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      63
      2
      テーマ:
  • 31May
    • あきらめの早いバレリーナたち

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」今、私が住んでいる地方では、いろんな所で薔薇が咲いています薔薇好きの私としては、とても嬉しい季節ですそして、王子様が誕生日に歳と同じ数の薔薇の花束をプレゼントしてくれるのを夢見ているアラフィフですさて、現実に戻ってレッスンレポ行きますね先々週はレッグウォーマーを忘れ、先週は巻きスカートを忘れた私ですが、今週はやっと、ショートパンツ、巻きスカート、レッグウォーマーという3点セットが揃いました今回のレッスンは、バレエを始めて日が浅い人はいなくて、大人バレエ初心者と上手な方たち(中学生と高校生)のレッスン。最初のプリエ中心の動きの中で、腕を前にアロンジェにした状態でのカンブレがありました。視線をどこにして、どの程度反ればいいか、いまいち分かりません。最後の5番ルルベは、腕をアンバーからアンオーへ。「この前も言ったけど、腕の動きにつられて、上体が前に倒れないように。肩甲骨は寄せたまま。」という注意が「本番」前にありました。今回、右脚前はバッチリ左でふらつきそうになる(^o^;)いつもだと、すぐにバーを掴んでしまうのですが、今回はちょっとだけパドブレしたような感じで動いて、なんとか耐えました。ごまかし方が上手くなった実際に踊るときには、ふらついても、つかまるバーはない訳ですから、この方法はいいかもしれないな、とその時、思いました。タンデュは、前、横、後ろ、横とそれぞれ3回やり、4回目でプリエ。「5番に戻すときに膝を曲げるのではなく、膝を伸ばしたまま5番に戻してからプリエする。」との注意がありました。言われないと、やりがちですねしかもこれ、一連の動きとしてスムーズにやらなきゃいけないんですよね。頭で考えてると、動きに遅れちゃう(^o^;)フラッペは、前、横、後ろとやったら、スートゥニュで回転し、すぐに続けるというもの。私はいつもフラッペの最初の、「構えた後、横に脚を出す」の部分に遅れて、いい加減な始まり方をしてしまいます(^_^;)全く、進歩しないヤツだ、と毎回自分で思いますそれでも、フラッペに限ったことではありませんが、最後のポーズとして、横に脚を着いてゆっくり5番に戻すのは、無意識のうちに出来るようになりました。少しは進歩している今回は、5番ルルベ→バー側の後ろ脚クドピエ→ルティレ→5番ルルベ、の後、外側の前脚クドピエ→ルティレ→バーから手を離してバランスというのをやりました。「自分のタイミングで手を離していい」とのこと。練習のときは、割といい感じそして、「本番」。右脚前は、自分としては結構持った方でした。ですが、早々にあきらめた方が多かった様子。「みんな、あきらめが早い。こんなに音が余ってるじゃない。」と先生。左脚前はもっと頑張るつもりでした。ですが、右よりも安定しない…(^_^;)一旦下りてしまっても、まだ音楽が流れ続けているので、もう一度ルティレにチャレンジまたバランスを崩す…(^_^;)もう1回チャレンジまたふらつく…(^_^;)そうこうしているうちに、音が終わりそうだったので、5番に下りました。先生、これだけは言わせて下さいあきらめが早い訳じゃないんです。出来ないだけですグランバットマンは久々に単独でした。最近横のグランバットマンが前より上がるようになった気がする(あくまでも自分比です)少しは進歩しているかなストレッチの後、バーを使ってのジャンプ。5番から→2番×2回→1番×2回→5番(脚そのまま)×2回→脚チェンジして5番→反対の脚で「5番(脚そのまま)×2回」まで同じこと→ロワイヤル→同じことをもう1セット。ロワイヤルを前にやったときは、よく分からずに終わってしまった私…今回、先生の説明を聞いて、やっと分かりました。前1回、後ろ1回ずつ打つということなのですが、「本当は脚を広げてから打つんだけど、無理だったらインにするだけでいい。」とのお話。お言葉に甘えて、インにするということだけで、何とか出来たみたいですバーレッスンをしていて思うのは、5番ルルベにしても、ルティレでのバランスにしても、自分の軸がつかめていないな、ということ。目下、自分の軸を作っている最中でありますしっかり土台を作って、それを持続させ、安定させる。これは、バレエだけじゃなく、人間としても必要ですよね。私はアラフィフですが、まだまだ未熟な人間です。バレエをやる上での軸はもちろんのこと、人間としての軸もしっかり作って行きたいなそして、ずっとバレエを続けて行きたいな、とこのブログを書きながら思ったのでした。これに続くセンターレッスンについては、次回のブログ記事で書きます。また読んで下さいねこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      66
      テーマ:
  • 29May
    • 心に響くバレエの先生の言葉

      たくさんのサイトからこのブログを見つけて頂いてありがとうございます。このブログを初めてご覧になる方、初めてではないけれど、このブログの目的がよく分からないという方は、こちらをご覧下さい「感謝」道端で見かけたお花。真ん中にいるのは、天使…ですよねこれを見つけるなんて、私はバレエの神様だけでなく、天使にまで守られているのかもさて、前回のブログ記事「怖いもの知らずのバリエーション選び」の続き、先週の金曜日に参加したバレエスタジオのレッスンレポ、センターレッスン編です。センターレッスン最初のタンデュ中心の動き。初心者さんは、腕そのまま。それ以外の人は、片手アンオー、片手アラセゴンでスタート。そして、脚の動きに合わせ、腕も動かします。最後は前回と同じく、プリエ→パッセ→4番に下ろす→ピルエット→5番に下ろす→反対の脚で同じこと。初心者さんは回らず、パッセのみ。ただし、後ろに下ろすこと、と言われていました。初心者さんが指示されているときに、私も一緒に動いてみる。そして、音に合わせての「本番」。あ、なんか動きが分かんなくなっちゃった(^o^;)次はアダージオとピルエット。前に脚を出す→アテールでアラベスク→1、2、3、4、5カウント目で5番ルルベ→パドブレ→ピルエット→逆方向で同じこと。ピルエットは5番に下ろすのではなく、4番に下ろして方向変えたはず。(ちょっと記憶があいまい…)まずは練習。練習の様子を見て、先生から注意あり。「アラベスクは徐々に上げて行くのではなく、一気に限界まで上げる。限界は自分で決めるものだからね。」確かに、自分で「この程度しか上がらない」と思うと、本当にその程度しか上がりませんよね。「膝が曲がってもいいから、高く上げるように」とのこと。なんとか頑張ってみました。アラベスクで止まるところは、私よりも初心者さんの方が安定していたように見えました(^_^;)次はピケ・アラベスクで立ったらすぐに5番ルルベ。後はさっきと同じこと。この動きを何度も繰り返します。終わる頃には、軽く息切れ…アラベスクやピルエットで息切れするなんて、あんまりないな(^_^;)次の動きは、その方のレベルに応じて、3パターン準備されました。初心者さんは、正面の鏡に向かってスートゥニュで立つだけ。バレエ経験者の方は、ダブルやアンドゥオールのピケ・ターンが入ったもの。そして私は、斜めに向かってスートゥニュ・ターン6回→シャッセ→左腕上げてポーズ→左脚前へ。まずは練習タイム。スートゥニュ・ターン6回目から最後のポーズまでの流れがスムーズに行かない…ポーズからポーズに移るときにふらついてしまいます(^_^;)「どたどたじゃないけど、もたもたしない」との先生のお言葉。はい、確かにもたついていた私です(^o^;)「上げた腕で顔を隠さないように」という注意も受けました。そして、「本番」。スートゥニュ・ターンでは、進むべき方向に高見沢さんがいることをイメージしたはずなのに、ちょっと変な方向に行ってしまいました(^o^;)先生からよく「ちゃんと1回回り切って」と注意を受けているのですが、今回は自分でもちゃんと1回回り切っていないのが分かりました。分かっているなら、ちゃんとやれという話なんですが、今回は音のテンポが速かったので、焦ってしまったんです(^_^;)それと、練習の時に注意された、左手で顔を隠すこと、また注意されてしまいました(^o^;)そして、練習のときほどではありませんが、最後のポーズでやっぱりもたつきます(^_^;)もう一度、「本番」。1回目よりは全体的に良くなったと思いますが、まだまだという感じです。ところで、今回、レッスンが始まる前にバリエーションの話をしたとき、それ以外にも、今後のことについて先生が考えていることをいろいろ話してくださったんですよ。以前はこのスタジオでも、子供向けのレッスンをしていたのですが、4月にレッスンを再開してからは、子供は受け入れていないそうです。子供を受け入れているところは、他にもたくさんあるので、今後は「大人向け」ということを前面に押し出していくつもり、とのこと。大人向けにバリエーションを教えているところは、東京にはあるけれど、この地方ではないと思う、というようなことも言っていました。(ちなみに、大人向けパドドゥクラスも東京にはあるが、この地方にはないとのこと。)「バリエーションを踊ることは、すごく勉強になる。普通のセンターレッスン30回分くらいの価値がある。」とのお話。私、すごくいいバレエ教室に通っている気がするあ、前にも書きましたけど、バリエーションクラスが出来るのは、もうちょっと先のことですからね「バリエーションをやれば、発表会をやるときに、そのままやれる。みんなで踊る分だけ覚えればいい。」お先生、発表会をやる気満々ですね「コンクールに出ることも出来る」コンクールですか確かに今は大人向けのコンクールもありますよね「バレエは60歳でも70歳でもできる。今50歳だとしても、あと20年できる。」「20年経ったら、生まれたばかりの子供が大人になりますね」とある参加者の方が言いました。「そう。どうせなら、バレエを極めよう。」と先生。今回の先生のお話、かなり心に響きました。いい先生に出逢えて、私は幸せ者だな~極めることを目指して、バレエ頑張りますこのブログを読んで下さっているあなたを応援しています(*^_^*)あなたにお願いがあります。当ブログは現在、にほんブログ村のランキング、人気ブログランキング、blogramのランキングに参加中です。応援して頂けると、とても嬉しいですぜひ、下記のリンクをクリックしてご協力をお願い致します。(アメブロのアカウントがなくてもクリックして頂けます。)にほんブログ村への応援はコチラをクリック↓にほんブログ村人気ブログランキングへの応援はコチラをクリック↓バレエランキングblogramへの応援はコチラをクリック↓いつもクリックでの応援をありがとうございます(*^_^*)ブログを書き続けるエネルギーを頂いています最後まで読んで下さってありがとうございました。大人バレエ初心者への情報提供募集中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者への情報提供のお願い」大人バレエ初心者のお悩み相談・回答受付中!詳細は以下を参照して下さい。「大人バレエ初心者のお悩みと回答を募集します」

      85
      5
      テーマ:

プロフィール

みなみ

性別:
女性
自己紹介:
40代後半の女性です。 一昨年からバレエを習い始めました。 大人バレエ初心者に役立つ情報を皆さん...

続きを見る >

読者になる

お気に入りブログ

一覧を見る

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。