ふじやま施術院

ふじやま施術院

ブログの説明を入力します。

みなさんこんにちは。

 

日本ホロソフィー協会の理事をさせていただいている藤山文彦です。

 

現役の理学療法士として病院に勤めながらふじやま施術院の院長をしています。

 

世の中は緊急事態宣言が解除され日常が少しずつ戻ってきていますね。

病院で働いている僕は

上司からの我々医療従事者の緊急事態宣言は解除されていない、との一言で自粛生活を続けています。

 

移動は自宅と病院との往復のみで、

自宅施術院での仕事(緊急事態宣言中は閉めていましたが)をし、休日は家で愛犬との時間を楽しんでいます。

 

 

この生活になりもう3ヶ月経ちました。

この期間、僕が考えていたことを書いてみようと思います。

 

強制的な変化で我慢をする時間が増え、かなりのストレスがあるかなと思ってましたが、意外とすんなりとそれを受け入れています。

今までを振り返ってみて、

周りの自然の移り変わりとか身近な環境の良さを見過ごしていたなぁと新たに発見する楽しみができました。

それに、仕事ができているということにも感謝の気持ちが湧いています。

 

 

窮屈だと思うような時間の中に自分だけの自由な時間が広がっていました。

本当に自分がしたいことって何なのか?

自分が好きなことって何なのか?

今までやってきた時間の過ごし方は割と惰性だったり、やってきてたから続けていたことだったり、そこには他人からの影響があったり、という事に気づくと「自分基準」で物事を考えられるようになった気がします。

自分を見つめ直す時間になりました。

頭の整理、気持ちの整理、自分自身をゆっくりゆっくり見つめる時間でした。

 

 

皆さんより遅れますが今より自由に動けるようになった時

また、今の生活が変わって新しい生活が始まりますが

この時間が僕にくれた考え方や

自分の気持ちの変化はこれからの人生の進む方向を変えてくれたように思います。

これからが楽しみになりました。(僕はポーカーフェイスなのでそうは見えないかもしれませんが)

 

 

皆さんも新しい生活で色々な変化が起こったと思います。

 

これからまた皆さんと会えたらそんな話をできたらと思っています。

 

読んでいただいてありがとうございます。