皆さん。こんにちは。

フェイスライン美容外科です。

 

最近、美しい顔といえば

いろんな要件がありますが

その中で小さい顔は重要な条件の中で一つです。

 

 

それで顔の形を改選する方法の顔面輪郭手術に対して

人たちの関心がどんどん増えています。

 

時々カウンセリングをいらっしゃる方の中で

顎の神経線のすぐ下まで全部切ってくださいっておっしゃることがあります。

 

 

しかし、骨の周辺には血管と神経、筋肉と脂肪、皮膚がつながっており、

実際に私たちが手術後に見るのは実際の顔の外見なので、

理想的な手術結果を得るためには

実際の顔をもとに問題点を把握して変化量を決めた後

周辺の軟部組織まで考慮して手術計画を立てなければなりません。

 

 

フェイスライン整形外科は顔面輪郭手術時に

当院独自の顔面輪郭手術計画である

REAL(Reverse Estimating Amount of Lessen、縮小量逆試算方式)を適用しています。



この方式は上述したように

顔面輪郭手術時に生じる誤差を減らすための方法で

従来のX-RAYを基準に手術計画を立てるのと違い、

手術前の軟部組織を含めた実際の顔からの変化量を先に立てた後

逆に骨の移動量や削除量、手術部位、角度などを逆推算します。

手術前に期待していた結果との誤差を減らすことができ、

より自然な結果を得ることができます。

 

 

フェイスラインは完全で自然な手術結果のため

最善を尽くしています。

 

 

 





実際、顔面輪郭手術後に生じる問題の多くは削りすぎたり、骨の形だけを考慮してまっすぐ切った場合が多いです。