消費者者向けの商品は、ネットを使ったマーケティングが、当たり前のようになってきています。

既に、アマゾンをはじめとするネットショップを利用したことのない割合は、だんだん減ってきています。

世の中のライフスタイルが変わってきました。

消費財においては、これまでは、目で見て、触れて、それからでないと購入に至らなかった層が、ネット上にあふれる購入者のレビューなどを参考にしながら、ネットの情報だけで、購入するように変化してきました。

ましてや、リピート商品は、既に商品のことをよく知っているので、ネットショップからの購入が増えています。

そんな世の中の状況において、産業財も、同様の傾向になっています。

理由の一つは、オープン化、標準化されていく中で、商品の差別化が難しくなってきているからです。

何を買うかではなく、どこの会社から買うか、に移ってきています。

つまり、今までは、業界大手企業からの一方的な情報でしか判断できなかったのが、ネットの普及で、簡単に情報が発信できるようになり、ネットから情報を入手可能になったからです。

どこの会社から買うか、つまり、どこの会社の情報が信頼できるのか、ということなのです。

つまり、信頼のおける情報を発信し続けることで、自分の商品のマーケットを作り出すことが可能になってきてます。


極論を言えば、展示会や業界紙などの媒体を使うのではなく、自社が、情報発信することで、媒体を作りだせるのです。

しかも、一般大衆向けのネットのインフラを利用することで、外注するのと比べて、驚くほど安く構築できます。

大企業は、これまでのやり方でも、特に問題はありませんが、中小ビジネスでは、自分の媒体を持つことで、いかにコストを抑えられるかが、生き残るためのカギだと思っています。

そこで、中小ビジネス向けに、ネットを使った生産財マーケティングを支援するための情報を提供しようと考えました。

AD