出雲大社「神在祭」へ!

テーマ:
おはようございます!

一般的に10月は「神無月」と呼ばれていますが、出雲地方では「神在月」(かみありつき)と呼ばれているのをご存知ですか?

これは、出雲に全国の神々が旧暦10月にお集まりになるという伝承から出雲だけ「神在月」と呼ばれるようになったと言われています。

旧暦10月10日に国譲りの神話の舞台となった「稲佐の浜」で全国からいらっしゃる神様をお迎えする「神迎祭」(かみむかえさい)が行われます。

それが、2018年は11月17日
今日の午後7時からなのです。

海から来られる八百万の神さまを稲佐の浜でお迎えして、出雲大社まで歩いてお連れするのです。


そして、翌日から1週間、全国の神々が会議をなさる「神在祭」が行われ、出雲大社や、稲佐の浜にある上宮などで祭りが行われます。

その間、神々は本殿の東西にある十九社で寝泊まりされ、世の中の来年度のご縁を決める会議をされるのです。


そして、24日には神さま会議を終えられ、各地にお帰りになる神々を見送る「神等去出祭」(からさでさい)が行われ神在祭は終わります。


私つくづく、世の中全てご縁なんだなぁ、って思うのですよ。もちろんHAZUKIのお客さまとのご縁は素晴らしいもので、どんなお客さまにも誠実に対応してきた結果だといつも感謝しております。

いい事も悪い事も全てご縁で、そのご縁が何を意味するのかを考える事が大切なんだと思います。むしろ必要な事を気付かせるために神さまがご縁を結ばれるのだと私は思ってます。

必要な事に気付いた時に、今まで見えなかった世界が見えるのでしょうね。


ワタクシ今年こそは、是非この目で神聖な神事を見たいし、神さまに直談判しに今から出雲に行ってきますウインク