INTERIOR COLLABOLAB

INTERIOR COLLABOLAB

オーダーメイドインテリアコーディネーター 加藤英里

いつかこんな部屋に住みたいなー。

あなたの“憧れ”をお聞かせ下さい。



 旅行先のホテルのインテリア

 雑誌の中のインテリア

 モデルルームのインテリア



など、お好きなインテリアの写真やイメージをベースに、間取りに合わせてオーダーメイドのプランを作成。

1つ1つのアイテムをお客様と一緒にお選びし、そこにいるだけで”嬉しくなるお部屋”をコーディネートします!


お問合せは、eriflower0412@gmail.com  までお気軽にどうぞ♪


ホームページにてサービス内容のご案内を始めました。

こちらへどうぞお越し下さいませ。♪

http://eriflower.main.jp/







テーマ:

さて、翌日からフィエラ会場へ。

フィエラ会場は、ミラノ中心地か電車で1時間弱のイベント会場。

日本でいうところの有明の東京ビックサイトとか、幕張メッセのようなところ。

でも、もっともっと規模が大きいので、抜粋して見ていかないと、

いくら時間があってもたりません。

 

毎年、

家具+キッチン

または、

家具+照明器具

 

が交互に開催され、今年はキッチンの年。

各メーカーが展示を行います。

 

近年は、

リビングの延長にキッチンが設えられたり、

キッチンメーカーと家具メーカーがコラボレーションして展示を行うことが

とても増えています。

これはイベント会場に限らず、市内の店舗でもそのような展示を

たくさん見ることができました。

 

日本のショップもそんなお店が増えていますね。

ライフスタイル提案型という感じでしょうか。

洋服やさんで、雑貨や食品を販売するのも珍しくなくなってきました。

確かに、キッチンとダイニングや、寝室とバスルームなどは、

同じ空間にあるものなので、トータルでコーディネートしたい。

 

こちらは、DIESELの家具とキッチン

DIESELらしい世界観ですねー!

メタリックな素材感とラフなファブリックが独特です。

 

GESSI (記憶がおぼろげですが。。)

たまごモチーフの家具とバスタブの面白い展示。

 

 

家具のe DePadova とキッチンBoffi も同時展示。

e DePadova のショールームはとても素敵でしたので、また後程まとめて。

 

どちらのメーカーも創意工夫をこらして展示しているので、見ているだけで

楽しい♪

ということで、

全く仕事とは関係のない方々も世界中から足を運んでいるようです。

 

家具の世界ももう進化するところまで進化しきっている感があるので、

驚きの機能!とか、新素材!がたくさんあるわけではないので、

やはりひとつのアイテムだけではなく、さまざまなアイテムから成り立っているから

こその空間の美しさや意外性・相乗効果などがたくさん見られて

とても勉強になりました。

 

やはりなんとなく目に入ってくるのは、”和”テイストアイテム。

写真はとりませんでしたが、”盆栽”はそこかしこにありました。

モダンなキッチンや家具に盆栽。って日本では笑っちゃうような組み合わせ

なのですが、世界的には、デザインとして面白い!

という感じなのでしょう。

 

竹ひごを使った提灯のような照明も見られましたね。

無機質なキッチン上に浮かぶ有機的なランプが優しく素敵。

 

もちろん、

冷たいガラスやアクリルの無機的素材感も清潔感があって綺麗です。

 

書き始めたらいろいろ書きたくなりましたので、また続きます。


テーマ:

ミラノ2日目の午後はブルガリホテルのランチでスタートしました。

 

ブルガリホテルは以前に訪れた際には、カフェラテを頼みたかったのですが、ラテ(ホットミルク)と言ってしまったことで、しんみりミルクを飲んだという楽しい思い出が!

確かに合ってます!ラテって牛乳のことやん!笑

 

今回は、おいしいランチを頂きました♪

明日からミラノサローネ開始なので、少し静かな今日のうちに行っておこう!ということになりました。

前回は、ミルクどまりでしたが、今回は、ランチ。大人になったもんです。

 

こちらのホテルも、チッテリオ氏のデザインで、コンパクトなロビーですがとてもシックで素敵です。

ランチは、中庭で頂いたのですが、こちらも緑あふれる本当に気持ちの良い場所。

 

 

言うまでもなく、美味でしたー!

お天気も良いし、いきなりリア充がすごい!インスタ映えがハンパない!

(あ、インスタやってなかった!! )^o^( )

 

メインのミラノ風カツレツ やはりこれを頂かなくてはね。

そして新鮮なルッコラのサラダ。

モッツアレラ~。

満足度が高すぎて、デザートまでたどり着けません!

 

この日はこの後、まだお祭りが始まる前の街をうろうろとして、初日の午後をのんびり楽しみましたー。

ディナーはミラノをよく知る方に予約してもらった地元で人気のリストランテで。

普段ほとんどアルコールを飲まない私ですが、結構ワインを頂いてしまいました。

お祭りだもんね~。

 

ガッレリア内にあるレストラン Motta

クラシカルな建物にメタル使いのビビッドな家具が素敵です。

 

リネンショップ FRETTE の2階窓から通りを眺める。

絵になりますねー。

こんなバルコニーのあるお部屋に住んでみたい!

 

 

DAMMANN FRERES ダマンフレールで紅茶のお買いもの。

フランスの紅茶ですが、パッケージが素敵過ぎてついふらふらと。。

こちらは高島屋大阪店さんの店内

ミラノに来ているのに、

お店が素敵過ぎてフランスの紅茶を買ってしまいましたよー。

 

まだまだ本番はこれから~♪

 

 


テーマ:

2018ミラノサローネに行ってきました。

楽しかった思い出を残しておこうと思っての記事アップです。

 

ミラノサローネとは、ミラノで毎年行われる世界的は家具の展示会。

各家具メーカーが、その場で今年の新作を展示したり、デザイナーとのコラボ企画を行ったり、

家具に関係する会社やデザイナー・家具以外のメーカーも巻き込んだ街をあげてのデザインのお祭りです♪

 

12年ぶりのミラノサローネということで、いろいろ変わっていて、未知のことが多すぎましたが、同行者のOさんが、綿密に下調べしてくれていて、何も困ることなく楽しんで来ることができました!

Oさん、ありがとうー!

ミラノの地理から、インターネット関係まで、おんぶに抱っこでさぞかし重たかったと思います。

食べ物のことばかり気にしてましたからね。私は。。。おほほ。

 

家具の専門的な知識についてはさておき、私の印象に残っているものをとりとめなく書き記したいと思います。

時系列で。

 

到着は夜でしたので。

ミラノ2日目の朝

アントニオチッテリオ氏のデザインした、Princi Bakery というカフェに行って参りました。

ここは、FLEXFORMさんから、教えて頂いていてチッテリオ氏ファンの私としては、とても楽しみにしていた場所です。

パン不毛の地といわれていたイタリアのパン文化を変えたともいわれるエポックメイキングなお店。

だそうで。。。

素敵でしたー!

 

通常のパン屋さんのイメージとはちょっと違う暗めの照明で、無機質な床・壁・天井。質感のある木製ハイカウンターとどっしりとしたカウンターチェアに、

奥はゆったりとしたソファコーナー。おトイレも暗い!

イートインしたのですが、照明もドラマティックな上に何やら音楽がとてもドラマティックで、音楽に同調して朝からドキドキが止まらない。。。

 

そして、素敵なショーケース☆

スタッフのお姉さんが優しい~。日本に留学していたということで、一生懸命私たちの意図をくみ取ってくれようと話しかけてくれまして。

いきなり、感動でしたー。ヽ(^o^)丿

パンはもちろんおいしかったです。

 

優しいお姉さん♪

 

改めてみると本当に無機質ですねー。

無機質な空間に、焼き立てのパンが映える!

このハイカウンターチェアは、本当に座面が高いのですが、一度腰を落ち着かせると

不思議に座りやすい。

さすがです。

 

続いてドゥオモ近くの、パトリシア・ウルキオラ デザインのホテル 

Room Mate Giulia ルームメイト・ジュリア へ。

アクセントウォールと天井の照明、カーペットにウルキオラらしいなんともいえない温かみのある

家具。

居るだけで楽しくなるカジュアルな居心地の良さ・絶妙な色使いのお手本のようです。

インテリアとしては、やはり難易度が高いですね。

カジュアルすぎない色使いや、可愛らし過ぎないデザインが多くの人に愛される理由なのでしょうか。

 

超高級ホテルではないのですが、そのグレードのホテルを、一流のデザイナーがデザインしているところが、やはりデザインの街ミラノ!

 

 

 

まだまだ続きます♪