夏のはじめに突然いらした

そのお客様は

”ずっと気になっていた美容室だったので”と

1週間に1度エンデューを訪れてくださり

私たちの心にスッと入ってくださいました。


秋のはじめに突然お見えにならなくなり

”事故でもあったのだろうか?

ご病気で入院でもなさっているのでは?”

と私たちはひたすら心配でした。


”もういらしゃらないかもしれない”

そう思い始めた頃

夜、自宅のチャイムを鳴らす音がありました。

なぜかとっさに

”あの方かもしれない

そう私は思ったのです。

以前、お話の中に私の自宅の話題が出て

私の家をご存知のその方は

手作りパンとい一緒に

やはり私に会いにいらしてくださいました。

”ごめんなさいね。私、もう40年も通ってる美容室があるの。

そこの方がお元気になったから。でも、エンデューさんのこと、

気になって。”

そうおっしゃって、その方は元の美容師さんのもとに

返っていきました。

その方の美容師は美容師冥利に尽きる幸せな方だなと

さみしいような温かい気持ちのような

複雑な気持ちの夜。

私たちエンデューは1人でも

お客様の最後の美容師としていられるように

今後も進化していきます。

さあ、今年最後の月、

特にそんなことを胸に刻んでいこうと思います。






via hair make En Deux
Your own website,
Ameba Ownd