スキップカウズ エンドウのブログ

スキップカウズ エンドウのブログ

スキップカウズでギター&作曲やってます。
そろりそろりとブログを更新していこうと思ってます。


テーマ:

ついこないだスタートした2019年も、

あれ?一月ももう半ば?

な感じですが、

 

今年はですね、

スキップカウズが結成なんと30年…

なんですな。

 

よく考えたら、

平成まるまるですよ、まるまる!笑。

 

たとえば、

結成したときに生まれた子供はもう成人式もとっくに終えて30歳。

会社員だったら、分別ついてきたどころか出世頭は課長クラスですよね笑。

 

タイムマシーンで30年前の自分に会いに行って、

「おい、おめえ30年後もまだスキップカウズやってっぞっ!(茨城弁ね)」

って言っても、

「嘘つけっ笑!」

って笑っちゃうレベルですよね。

 

 

 

まあ当然、平らな道ではなかったけど、

応援してくれる方々のおかげもありつつ、

かつ、いろいろありつつもつねに自分では満足できる作品を作り続けてきたし、リリースできて評価を得てきたと、自負してる、

…ってのがここまで続けてこられたってことだと思います(自画自賛)。

 

 

そんな30歳の、

バンドで言ったら成年(熟年?)なんですが、

やはり子供が増えてくるわけです。

 

そう、バンドで言う子供とは、

曲のことですね。

 

そしてアルバムですね。

 

 

アルバムそれぞれに思い出というか思い入れもあるわけです。

 

たぶん買ってくれてた人にもその時の思い出やら思い入れがあると思う。

 

 

と、いうわけでそれを今一度振り返ってみようということで、

今年の3月から一ヶ月に一回、12ヶ月連続ワンマンやります(突然)。

 

ひとワンマンにつき、ひとアルバムごとにやります。

 

 

我々スキップカウズは、22年前にメジャーデビューしてからというもの、

こつこつとミニアルバム含め13枚アルバムをリリースしてます。

 

そのアルバムを1枚づつ、一回のワンマンで一年かけて12回振り返ってみよう、

という企画ですね。

 

 

ややこしいですが、

2019/03/09 はアルバム「バイソン」編、

2019/04/20 は「ベンチ入り」編、

2019/05/19 は「ハネムーン」編・・・

 

といった感じで、最新作「成人向け」まで、12ヶ月連続でワンマンをやってきます。(全日程は後記)

 

 

なんで一ヶ月に一回なの?とか、

一年って長くね?とかありますが、

ぶっちゃけそれぞれ思い出す作業が大変だからです笑。

 

そう、

いくら子供でも顔を忘れちゃうこともままあるんですな。

 

でもこんな企画も、長年やってきたスキップカウズだからこそ!

 

 

そんなこんなで、

3/9から渋谷マルコム(旧354クラブ)にてワンマンやってきますので、

 

「お~俺、こんときの曲全部聴いてみてぇ~」

なんていう方々や、

 

「あ~わたし時系列に全部聴いてみてぇ~」

なんて方もほんとぜひっ!

 

 

それと、

アルバムによっては曲数が少ない時もあるので、

もっと前の曲などプラスアルファでやってきます。

 

 

 

とにかく、

スキップカウズの歴史、さらにこれから、

を魅せれるワンマンになると思いますので何とぞ!

 

 

チケットは、

ライブ会場にて各月チケット、12ヶ月通し券、プレイガイド、

とあります。

 

メール予約は、skipcows_info@yahoo.co.jpまで。

 

 

 

お楽しみに!

 

 

 

■渋谷Club MALCOLM(354CLUB)

“おもいで酒~スキカウ全アルバム振り返りまくり~”
出演:スキップカウズ
前売¥3000/当日¥3500/12公演通し券¥30000
open18:00/start18:30
 
 
 

全日程↓

2019/03/09 バイソン編

2019/04/20 ベンチ入り編

2019/05/19 ハネムーン編

2019/06/29 野暮天・上下編

2019/07/28 グレートハンティング編

2019/09/21 トラストオーバーサーティ編

2019/10/26 マニュファクチュア編

2019/11/30 スイート10ダイアモンド黒編

2019/12/21 スイート10ダイアモンド白編

2020/01/19 オープンエンド編

2020/02/23 フルムーン編

2020/03/22 成人向け編

 

 

 

 

 
 
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス