hajimeのなんちゃかかんちゃか

hajimeのなんちゃかかんちゃか

モデルガンやエアーガンと映画の好きな事をもにゃもにゃと適当に書きます~

はい、また塗った!
緑色は戦車とかに使う色ですね〜
模型屋さんが身近に無くて、Joshinさんのおもちゃ売り場で買いました。中々の品揃えで助かりました。
まあ、これでよいかなと
いや、まだやな。
筆塗りが汚いので腕に覚えのある方には
下手くそだなと思うと思いますが、これも味ですよ。
ちなみに完成させて、フィルム入れた状態で、
塗り塗りしてます!我慢出来ない子。テヘッ。

はいファインダーも緑に塗ったー。
気付きにくいかな?
はい、よこー。
銀色がシューで三脚とかつけるネジ穴さんやな。
下が、まだ回してない撮影後にフィルム巻きとる用の
ダイヤルやな。
はい、またよこー。
はい、ちょっと汚い。笑
上ダイヤルがフィルム巻き上げ
下のPC関係の電源ボタンみたいなやつが
巻き上げカウンターやな
カウンターとかいいながら、目視で線が180度動いたのを見て確認する物で、これが中々の曲者
撮影したらすぐ巻くか、巻かずに置いておくかの
マイルールを決めておかんと、多重露光か、無駄に一枚送ってしまいます。ストッパーはありません。
親指かけてるのが、シャッターさん。
閉店ガラガラとは、違うほうです。
このシャッターもクセが強くて、本体軽いので適当にパシャってするとかなりブレます。
引き始めは軽くて最後重くて急にパシャってなります。トカレフのトリガーフィーリングみたいな感じです。
※トカレフはマジチャカは知らんから、おもちゃのね!
分かっとるわ!
ファインダーを上から、のぞーく。
みえーる。
画像は左右はんたーい。
二眼レフ特有の操作方法です。
上のレンズから見た映像を下のレンズで撮影
だから二眼レフやな。
一眼レフは一つのレンズで見た映像が
そのままカメラ内で反射させてファインダーで見えてるわけやな。
この靴下買う時売り場から外すフックみたいなのが、フィルムケースの閉じ蓋。
ん〜心配。
この見えてる後ろ姿全体が蓋。
本体との隙間とかありそうで、感光がんがんしそうでちょっと怖いです。さっさと撮り終える事を
おすすめします。
ファインダーはパタンと閉じれます。
ワンタッチではなく、よいしょ、よいしょ、と
閉じるのですが、なんかスコープドックみたいやな。
ボトムズは好きだったな〜。スコープドックもカメラ付いてたから余計にそう見えるな。
上から見た感じー。学研のGかな?
コレ使う時は今の見た目の上下逆になります。
この上の穴にも意味があります。
基本縦構図で撮影されますが、ボディ横のシューに
三脚付けると横向きになります。
でなくても横構図にする場合はファインダーが横向きになり覗きにくいため、この穴から覗くと蓋に四隅角だけ抜けたスリットだけが見えます。
これを片目でみて、もう一方の目で実像と脳内で合成して撮ると言う人間の能力が試されるシステムになっとる。
でも慣れたら簡単なはず、普段もそう撮ればいいかも
ただしピントを合わせてからですけど!
そのピント合わせがまたまた曲者で、(コラっー!)
下が上どちらか回せば、噛み合ったギアで両方まわるのでござるが、
ファインダーを知った顔で、ふむふむと覗き、
ふむふむとした顔でピント合わせるのじゃが
これが全然不鮮明で、よく見えんのじゃ
よって、
ふむふむから、
フム、フムッ〜っになり、
フムっ!、何奴!(曲者だから)
まあこれでえっか。
となります。(コラーっ!)
サイズ感はこのような感じ。
ゴールドスター美味い。麦とホップか、こちらがお気に入り発泡酒。ビールなら黒ラベル出来たら赤星。
キリンも好きでしたが最近は、ぞうさんでは無くサッポロが好きですね〜って、なんの話!
見た目にはもっと大きそうですが、このくらいコンパクトです。
いやーいいもん貰いました!
カメラの特性上バシバシは撮らないかも知れませんが早くプリントしてみたいでーす。
あー楽し
おしまい。


学研大人の科学
二眼レフカメラ
コレ出た時から欲しかったんですが、なんやらかんやらで、いい訳つけて買わなかった物。
今年の誕生日にプレゼント頂き、晴れて所有!
発売当初2009年から時間が経ち
第二弾となり表紙も変わりました。
初版は、あっちなみに、これ本屋さんで売ってますからね。
かつての表紙は女性が爽やかに二眼レフぶら下げてる写真のものでした。人気があったようでBest selection2として再販されたようです。
同時2009年発売の際はとても人気があり、
広告にもよく使用されていたカメラマンの本城直季さんの使用例などが掲載されていたかと記憶してます。この商品についてかなり詳しく調べていたんです。
組み立て方とかも調べた。なのに買わなかった!
お小遣いに余裕が無かったし、写真撮らなかたからな〜今更35ミリプリントしないしな〜
またいい訳!今は逆にフィルムまた静かなブームですね。

で、いきなり完成!ジャジャーン!
35mmフィルムは今となっては見なくなりましたね〜
昔はホムセのレジ横に並んでた時とかなかったかな?あれは写ルンですだったかな?
ちなみにフジばっかり使ってましたから
コダックってだけで何か違うかも!
と思ったりします。これも別売なのですが頂きました。ありがとうございます!

ストラップが無いので、たぶん服のひもか何かを取って置いた物(何でも使えるかも!?と取っておく)
を結んでいます。
こんな世界観に馴染みますね。

ちなみに最近わたしはこう見えて、ってどう見えとるか知らんですが!
写真熱が上がり、作品展に出したり、グループ展に出したりアート活動に専念してます。
と言っても実はスマホ写真ばかりですが〜
カメラあるのにもっぱらスマホです。笑
スマホアーティストやな。

この二眼レフ既にフィルム入れて撮り出しました。
が、しかし!わたしがこのままツルシで使うなんて
ありえません!

やりますよ〜塗装。
スプレーでシューってやると綺麗ですが、
何かプラモデル的に塗り塗りしたいじゃないですか?
えっ!?ならない?何か戦車とか飛行機、軍艦的な
感じじゃないですか〜よーわからんけど

とか書きながら、どこが戦車や飛行機なんや!って
感じのオシャンティなオッシャレーな感じに塗り塗り
イメージは昔の計算機とか事務用品の色合いやな。

はい、出来た!
はい、かわいい。
はい、チーズ。
はい、オシャンティ。笑

これで、十分いい感じかなと思いましたが、
最初のイメージがあり、それにはなってないなと
昔の計算機でオリーブドラブにグレーのツートンなんですが写真勝手に載せるとまずいから載せませんが、
見たら、あーっ。となるか、ならんかです。


で、こうなった。
つづく。






















ご無沙汰更新!
ズンタカタぁ、ズンタカタた〜ズンタカタた〜
へんたーい、とまれっ!、変態!

と言うわけで、(どうゆうわけやねん)
100均で買ったスポンジヤスリをふと手に取り
なんか磨きたいなと、みんな知ってる磨き磨き病に襲われて、その辺にあったコレを磨いた訳
ででーん!
デニックス
水平二連ショットガンソウドオフ
以前購入後興奮気味にアップしたのはコチラ↓




シコシコと磨きました。
20分くらいではないでしょうか。
楽勝で磨けます。これも磨き磨きたい病の特性です。
今まで何故気付かなかったのかと
この世の中が仮想現実だったと言う事に!
マトリックスかっー!笑
ではなく、磨いた方がこの銃らしいと言う事に!

カッコええやん。
ええやん。
ええんちゃうか〜。
ええやろ〜
ええやんの三段活用

硬い鉄の感じにはどうしてもなりませんが
雰囲気ですね。
民芸品みたいな感じはもともとのデニックスさん
の味っす。

重くて手ブレしてます!ウソ。
撮り直しめーんどー。 ならやめろ!笑

これ注意しないと行けないのは
この後めちゃ錆びやすくなると言う事です。
シリコンスプレーで全体を馴染ませてます。
おかげで中庭サンダルから廊下がツルツルになりました!知らんわ!

カッコええー
カッコええんちゃう
カッコイイ〜
カッコイイか?いや、
カッコイイ。

カチャ。
すちゃっ。
どどどーん!銃口は切り落とし風に
裏側も〜
もういいかな〜。
普段はこんな感じで無造作に飾ってます。

おしまい。