。*⑅୨୧┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈୨୧⑅*。

身体と心に軸を作り

120%私で生きていく♡



愛美emiです⋆*

はじめましての方は

☞こちらから☜


これからの人生を本気で生きたくて
過去と向き合いました

私だから生きられる人生を
生きたいから

あなただから生きられる
人生を見つけて欲しいから

私の過去を公開します

あなたの未来への希望と
勇気を持つきっかけと
なりますように

数日間どうぞお付き合い下さい

✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽.。.:*・゚ ✽


おばあちゃんが亡くなっても

日常は、普通にやって来た。



学校に行かなきゃ、

部活もしなきゃ。



でもね、

私は学校でいじめにあっていた。

学校には行きたくないし、

部活にも行きたくない。



おばあちゃんがいなくなり



絶望を感じていたある日



目眩が私を襲った。




渦を巻くような目眩と耳鳴り

そして寒気と吐き気。



親に連絡し早退して家に帰り

1人布団の中で寝ていたけれど

おさまらない目眩と吐き気、

そして耳鳴りが大きくなり

耳に激痛が走った。




後日病院で言われたのは、

メニエール病

という病名だった。




突発性難聴になった右耳は、

生活に支障は無いものの

いまだに耳鳴りが鳴り続け

聴こえにくい。



中学二年。

多感な時期の

どん底な人生。



それなのにさ、

進路を決める時期になった

ある日まだ高校受験の話なのに


「世界中どこでも働けたらいいのに」


なんて思っていたんだよね。



我ながら視野広いなって思う。笑



まぁ、高校受験だからさ

世界中どこでも働ける選択肢は

まだ無くて。


だけど私には夢があったんだ


それは、


【歌手になること】



私が行きたいと思った高校は

総合学科と言って、

普通科とかとは違って

専門分野を学べる高校だった。



その中には、

体育、音楽、福祉、美術、

など様々な個性豊かな

系列があった。



昔から看護師の母に

「看護師になったら?」

とすすめられていたけれど

血が無理な私は☜そこ?笑



「いや。ならない。」



そう言っていた。



そして私は、その高校に合格し

入学することになった。


当然、歌手になる夢に向かって

音楽の道を歩く


はずだったんだけど……



▹▸続きはまた明日




藤田愛美(愛美emi)