10月の最初の土曜日は

 

埼玉県の川口市倫理法人会様にて

 

講話をさせていただきました。

 

テーマは「元と繋がる」

 

元とは私たちの命のもとである

 

両親やご先祖さまのことです。

 

私は、どうしても

 

母の言う理不尽なこと

 

頭ごなしの言い方

 

人を傷つける物言いに

 

10代の頃は憤りを覚えていました。

 

 

大人になってもその気持ちを

 

持ち続けていましたが

 

マナーや礼法を学んで

 

命の本質に触れ

 

母があったからこそ

 

いまの私がここにいて

 

母がいなければ

 

この世に生もうけていない

 

ということに気づきました。

 

 

それは倫理法人会の教えとも

 

ピタリと重なり

 

親だからといって

 

完璧な人間であるとは限らない

 

ということにも

大人になって気づきました。

 

親を尊敬することに

 

理由なんて要りません。

 

 

そして、親もご先祖さまも

 

いつもあなたのことを

 

心配しています。

 

無鉄砲なことや

 

危険なこと

 

周りの人とのけんか

 

そんなことばかりしていると

 

ご先祖さまもご両親も

 

安心することが出来ません。

 

 

親御さんとご両親を安心させること

 

それが自然の利に叶った

 

成功の法則であり

 

礼法やマナーの本質です。

 

 

結婚している方はどうか

 

お相手のご両親やご先祖さまも

 

ご自分の親御さんと同じように

 

大切にしてくださいね。

 

 

皆が仲睦まじく過ごすと

 

たくさんのご先祖さまが

 

喜び応援してくれます。

 

 

ぜひ、お試しになって

 

みてくださいませ。