栄作文

栄作文

斎藤栄作の文



エンジョイ・シンプル。イングリッシュ

◆原作:斎藤栄作

詳しくは↓↓↓






『逆転裁判』~逆転のパラレルワールド~

◆日時:2021年5月13日(木)~23日(日)
◆場所:シアター1010

◆原作:CAPCOM
◆監修:巧 舟
◆キャラクターデザイン:岩元辰郎
◆脚本・演出:斎藤栄作

◆出演

原 嘉孝
中村麗乃(乃木坂46)

川崎麻世


詳しくは↓↓↓


今日は嬉しいお知らせ。

4月からエンジョイ・シンプル・イングリッシュの新シリーズがスタートします。

 

 

今年度は全て再放送だったのだが、来年度は新作が盛り沢山。原作として参加させて頂いてます。併せて英語力も身に付くように頑張ってます。

 

宜しくお願いします。

 

 

スーパーコンピューター「富岳」が算出しました。マスクを2枚重ねても、さほど効果がないそうです。

 

……だから何だ?

 

世界一のコンピューターを使って、この1年やってきた事は会話やくしゃみによって飛沫がどのように飛ぶかって事のみ。宝の持ち腐れ感が酷すぎやしないだろうか?

 

結局使う人間が追いついてないのだ。

 

昔、初めてパソコンを買った時、何をしていいのかわからず、とりあえずワープロ機能で「ああああ」と打ち、3ヶ月くらい放置した事を思い出した。更に、従兄弟が何日もかけてプログラミングで作った、ただ、棒が動くだけのテニスゲームをやらせてもらい、2秒で飽きた事も思い出す。

 

2位じゃダメなんですか?

 

そりゃ言われるよ。どこに金かけてんだ?

 

 

昨日は本当に久しぶりにお知り合い2人と飲みに行った。

 

キッチリ8時まで。

 

お店もしっかり「閉店時間で〜す」と知らせてくれて。なのにどこか背徳感があるのは何故だろう?緊急事態宣言が2週間延期される事になったからだろうか?

 

そもそもネーミングに問題がある。

 

こんな長々と、ダラダラと規制を強いていて「緊急事態」と言う事に違和感があるのだ。いつまで緊急やねん!とツッコミたくなる。単純に時間短縮規制でいいではないか。まぁ、私が言わずともみんな同じ事を思っているだろう。

 

東京アラートとか、どこへ行ったんだろうね?レインボーブリッヂとか都庁は赤くしないの?もうグズグズだね?

 

早く大手を振って飲みに行きたい。

 

でも8時までって案外良いよ。

 

 

昨日はまた久しぶりに外出打ち合わせ、というかオーディションだった(←受ける側ではなく見る側ね、当たり前だけど)。

 

こんなご時世に集まって頂き、ありがたいやら申し訳ないやら。

 

それにしても慣れというヤツは恐ろしいモノで。リモート会議慣れしちゃってる私にとっては、とにかく外出が億劫で。出ちゃえばいいのだが、それまでの準備。髭を剃ったり、洋服着たり……当たり前の事が面倒臭くて仕方がない。そして次に、打ち合わせ等を終えた後がまた大変。グッタリしちゃってるんだよね。電車に揺られ家に戻っても、もうやる気が起こらない。

 

腐ってる。1年間のコロナ騒動で、1人の腐った人間が出来上がってしまった(←その前から腐ってた説も)うるさいっ!

 

で、緊急事態宣言2週間の延長ですって。

 

もう、ど〜でもいいよね。だから何だって話だ。我々庶民には無関係の話である。これまで通り細々と暮らしていくだけだよ。銀座のクラブへ行く上級国民の皆さんだけガッカリする発表。好きにしてください。

 

 

昨夜は凄い風だった。

 

台風?

 

と言いたくなるくらい。今朝もまだ、たまに突風が吹いている。季節の変わり目なのだね。

 

という訳で3月3日。

 

桃の節句だ。

写真はアップしてないが、今年も例年通りの場所にお雛様が飾られている。最近はもう私も手を出す事はなく、嫁&娘でせっせと飾り、さっさと片付ける恒例行事。

 

「……いつまで飾るの?」

 

と聞いてくる娘に「おめぇが嫁に行くまでだよ!とっとと行け!行けよ?ずっと家にいるなよ!」とキレる嫁。

 

嫁に行かない娘を持つ親は、一体いつまで飾ってるんだろう?大体何歳までと決めておいて頂けるとありがたい(←既に行かない前提)。いやさ、あと10年もしたら結婚なんて時代遅れなんて言われてるかもしれないじゃない?

 

当たり前だと思っていた恒例の行事がどんどんなくなっていく現代に於いて、色々と先を見据える事が重要だと思うんだよね。昔は後世にどれだけの遺産を残すか考えていたけど、今やできるだけ余計なモノは捨ててこの世を去るかがスタンダードじゃない?

 

あ〜あ。

なんでこんな歳で終活について考えてるんだろう?

やだやだ。

ひ孫を見るまでワシャ死なんぞ!

 

 

昨日は久しぶりに娘の習い事に同行。

 

途中、娘がSuicaを家に忘れてきた事が判明。とくとくと説教をしたのだが、それ以外は楽しく行動を共にできた。電車に乗る時、階段を降りる時、横断歩道を渡る時は自然と手を繋いでくるので、まだまだ子供だなぁ〜と思った。

 

が。

 

いや待てよ?もしかして既にこちらが介護されているのかもしれない、と我に返った。

 

いやいや、そんな筈は……と思いつつも、10年後には確実に立場は逆転してる訳で。きっとその頃はSuicaを家に忘れてくるのは私の方で、とくとくと説教をされるのも私に違いない。

 

優しくしよう。

 

もうすぐ誕生日だし、好きなモノを買ってあげよう。

 

 

3月だ!

 

元気よく「!」マークを付けてみたが、朝、カーテンを開けて、太陽の日差しにイラッとした。

 

……そんな月の始まり。

 

でも今月は頑張らないと、来月からは稽古が始まってしまうからね。準備ですよ。稽古の準備もそうだけど稽古に入る為の準備。様々な執筆が滞るからね(←断言)。書けるモノはとにかく書いて提出しておく。

 

と言っても、王様の演劇部が延期になったおかげで相当ストックできたんだけどね。ケガの功名というべきか、何というべきか。

 

こうなるとやっぱりやりたくなってくるよね、王様の演劇部。

 

やるよ、もちろんやるんだけど。独断ではなかなか前に進める事もできないからね。これも今月中に話を詰めて日程を模索しようと思う。

 

そんな訳で今月も盛り沢山。

 

日差しに負けず頑張ろう!(←懲りずに「!」マーク)

 

 

最近、週末になると娘から「家に友達を呼んで遊んでもいい?」と聞かれる。

 

つい反射的に「いいよ」と答えそうになるのだが、ハタと我に帰り「家で遊ぶのはまだちょっと無理かな」と返事をする。当然だが娘はムッとする。

 

理由を聞かれ、仕方なく「緊急事態宣言下だから、もしも万が一の事があったら困る」と答える。娘は誰かが感染したら困るという意味で理解をしてくれるが、私の本意は少し違う。もしも誰かが感染したら、親としての責任を問われるからだ。学校や父兄同士の関係も悪くなるだろうし……もはやコロナ対応は道徳的な問題に発展している。

 

ところが夕方、娘と街を歩いていると、大勢の人がマスクを外し騒ぐ居酒屋の前を通る事があるのだ。外を歩いてる人は全員マスクをしてるのに。

 

おかしくない?あれがOKで、何で私は家に友達を呼んじゃダメなの?

 

と聞かれる前に、そそくさと足早に居酒屋の前を立ち去る事にしている。自己責任だけでは子供に説明できない矛盾が生じていないだろうか?

 

そして今日も娘は震えながら友達と外で遊ぶのだった。

 

 

昨日は朝からCGを作る映像会社へ行って、モーションキャプチャー等、色々な技術を見せてもらった。夜はリモート会議で、配信によるCGの確認。

 

映像の1日だった。

 

凄いね。

 

凄かったけど、やっぱりそれは1つの効果でしかなくて、重要なのは中身だと痛感した。何を写し出すのかではなく、その技術の必要性が鍵となってくるのだ。凄いからとりあえず映像流しておけ、ではダメなのである。当たり前の事だ。

 

さて週末だ。

 

遊びに出たいが、今日は今日で色々とやらなければならない事がある。だって明日で2月は終わりだよ?どうやら今年は去年以上のスピードで時間が経つようだ(←んな訳ない)。

 

 

昨夜は眠れない夜だった。

久しぶりに色んな事を考えて。

と言っても、全て今携わっている仕事に関してなんだけどね。あそこはこ〜した方がいいかな?とかやっぱりこういう流れの方が……なんて考えていると朝だ

で。

夜中にまとめた考えを、昼の間にPCで書き起こす。とにかくひたすら。そして気がつく。

いつ寝てるんだろう?

よくないよね?ちょっと帰ったら一度寝ようかな(←しっかり外出中)身体が資本。私自身が労ってあげなきゃ。