Eco家のブログをご覧の皆様 こんにちは(^^)/

 

「ウッドショック」…

皆様も耳にされたことと思いますが…

 

そうなんです。

 

大工として修業を始め早や32年

 

この業界でずっとお仕事させて頂いてきましたが

 

こんなことは初めてチーン

 

若かりし頃の僕…(笑)

この頃こんな時代がやってくるとは夢にも思っておりませんでした。

 

ちょうどうちの嫁が生まれた年は「オイルショック」でアセアセ

それはそれで大変な時代やったみたいです…。

 

けど、まさか自分にそんな災いが降りかかってくるとは…

 

そもそもウッドショックとは…

米国での住宅市場の急拡大が原因とか…もやもや

米国の住宅市場は、歴史的な低水準の住宅ローン金利、人が密集する都心から郊外への転居の増加などで絶好調らしい!

 

しかしながら木材は十分に供給できていません。コロナ禍で労働者が減って伐採が思うようにいかず、製材工場の稼働率は下がっています下矢印

 

そして需給バランスが大きく崩れ、十分な量の輸入材が日本に入ってこなくなりましたギザギザ

 

世界的な品薄が長期化するとも言われていますタラー

 

かつてないほどの高値」…

輸入材不足に加え国産材も値段が跳ね上がり、製材業者も困惑状態アセアセ

 

それよりなにより…これから家を建てようとされている人にとっては、必然的に住宅の価格上昇工期の遅れにつながるでしょう…ショボーン

 

えらいこっちゃ…

 

うちはうちで、ウッドショック直前にいつも通りの価格で計算しお見積りを出し、木造アパートの契約を交わしました。

 

とってもありがたいお仕事をいただき意気揚々と準備を進めていたんですが…

 

まさかのこの事態…DASH!

 

私が計算していた価格を倍以上上回った金額で材木屋さんから連絡が来て…目

 

材木屋さんとしても、どうにもならないみたいで…

 

ほんまにえらいこっちゃえーん汗

 

Eco家のホームページはこちらから

 

施工例・イベント情報など随時更新!こちらからどうぞ

 

栗東・守山・草津・野洲・守山 

新築・リフォーム・増改築なら

Eco家株式会社おおやま工務店

 

(本日のブログ担当:おおやま)