子育ち講座広報室(子育ちサークル blog)

子育ち講座広報室(子育ちサークル blog)

「もりの」遠藤さんの子育ち講座を受講&実践中の母親有志による、子育ち講座広報室です。
kosodachi新装版 2022年8月1日 発売
通称:折り鶴kosodachi

お問い合わせは ekosodachi☆gmail.com
(☆を@に変更してください)まで



みなさま こんばんは!

 ついに、今年もあと1ヶ月になりましたね。サンタさんも待機中だと思います。
 
 先月のオンラインcafeでは、日課に学習を組み込むことの実践報告や習い事のお話、親の覚悟のお話まで、短い時間にギュッと詰め込んだ内容でしたね。この小さなネタもお家での生活(実践)に活かしていただけるといいなぁって思います。

 オンラインcafeは、子育ち講座受講生・講座卒業生・kosodachiなどで子育ちを知って実践してくださっている方、無料でご参加できます。
 参加申し込み期限はありません。
 開催中でも申し込み・途中参加できますので、お気軽にどうぞ!

 11月のセールは活用していただけましたか?もりのの「たより」に同封してあった、動画情報にコメントやいいねボタンを押していただきましてありがとうございました。
 ちょっとクスッと笑いながら見ていただけたかなぁ?
 こちらのLive動画は、収録日から30日後に自動的に削除されます。
 ご了承ください。


☆2022年1121月☆子育ちオンラインイベント スケジュール

○12/23 (金) 日課月記(第31回)21:15~

日課月記 参加申込→こちらをクリック
※日課月記とは?

○12/ 3(土) 子育ちオンラインcafe/接続お試し会(第90回)21:15~
○12/17(土) 子育ちオンラインcafe/接続お試し会(第91回)21:15~

オンラインcafe参加申込み→こちらをクリック
※子育ちオンラインcafeとは?

最後に、☆子育ち理論研究所からのお知らせです☆

◯ 新年1月に子育ち座談会が開催されます。
◯「子育ち講座入門講座」の開催などご希望があればお問い合わせください。
詳細は、子育ち理論研究所のHPでご確認ください。
http://kosodachi-riron.com/

では!今月も皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています。

マザーたかぎ


追伸)
(マザーたかぎのつぶやき)
 進路についての話題を聞くことが多くなってきた今日この頃。ふと思い出すのは、将来の夢について「今無い職業につきます」って言ってた小学生の次男。今有る職業の○○%は◯◯年後には無くなり、今無い職業がたくさん生まれると聞いたからです。でも・・・、今無い「学部」には進学できないんだよね・・・。

(ひなこのつぶやき)
もうすぐ10歳になる愛猫が病気になってしまいました。
今更ながらペット保険に入っておけばよかった、いつまでも元気でいられるわけじゃないんだよな~としみじみ。
早く元気になってほしいです。
 


みなさま こんにちは!

 ご近所の紅葉はいかがですか?

 先月のオンラインcafeでは、「寒くなったね~」というお話しをしていたら、もっと寒い地方では、すでにダウンを着ているとか。
 すみません。私はまだ半袖を着ていました(^^;)
 オンラインcafeでは、地方の生情報も聞けます(笑)

 最近のcafeは、Oさんの実践報告に古株が目を輝かせています!次は、どんな実践ネタをひっさげてご参加してくださるか、こちらも楽しみです。
 
 オンラインcafeは、子育ち講座受講生・講座卒業生・kosodachiなどで子育ちを知って実践してくださっている方、無料でご参加できます。
 参加申し込み期限はありません。
 開催中でも申し込みできますので、お気軽にどうぞ!
 30分では、短すぎます!というお声もいただくのですが、参加者全員が、負担の無い、ギュッと濃い時間を楽しんでいただけたらと思います。

 たより会員さんと子育ち講座受講生の方に送付されています、10月の「たより」は折り鶴kosodachi特集でしたね。
 kosodachi著者otamisanの記事も読んでいただけましたでしょうか。otamisanの想いをずっと伝えていきたい。kosodachiを必要としている方に、いつでもお届けできるように息の長~い活動を続けて行きたいと改めて思いました。


☆2022年11月☆子育ちオンラインイベント スケジュール

○11/24 (木) 日課月記(第30回)21:15~

日課月記 参加申込→こちらをクリック

※日課月記とは?


○11/ 5 (土) 子育ちオンラインcafe/接続お試し会(第88回)21:15~
○11/26(土) 子育ちオンラインcafe/接続お試し会(第89回)21:15~

オンラインcafe参加申込み→こちらをクリック

※子育ちオンラインcafeとは?

最後に、☆子育ち理論研究所からのお知らせです☆
◯オンラインおもちゃ会「カード・ボードゲーム特集」を開催します!
◯「オンライン子育ち講座」聴講生受付中です!
◯「子育ち講座入門講座」の開催などご希望があればお問い合わせください。
詳細は、子育ち理論研究所のHPでご確認ください。

では!今月も皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています。

マザーたかぎ


追伸)
(マザーたかぎのつぶやき)
 姪っ子の誕生日に「18歳姪っ子の手形と足形」色紙が写真で送られてきました。うちの息子達にはできない芸当です・・・。

(ひなこのつぶやき)
進路調査で未定といつまでも書いている娘。「そんなに早く将来のことなんて決められないよ」とのこと。2年半後どうなっているのだろう……。
 


みなさま こんにちは!
 今年のお月見は、とても綺麗なお月様を見ることができました。
 息子達が小さい頃は、ススキとお団子を準備していましたが、今年は・・・ススキとお団子饅頭(?)を持って義母を訪ねてみました。

 8月1日は折り鶴kosodachiの発売日でした。
 これまでkosodachiで触れなかった、学習の場面への第一歩とも言える付録を読んでいただけたでしょうか?これから学習について考え始めているお母さんにぜひ読んでいただきたいです。そして・・・、続きのお話もぜひ皆さんにご紹介できればと思っています。楽しみにしていて下さいね♪

 10月号のたよりでは、(やっと)kosodachi特集の記事を掲載していただけるみたいです。それと、「チラシらしいチラシ」も同封されている予定です。
 きっと。多分・・・。

 さて、
 9月のオンラインcafeにご参加いただきまして、ありがとうございました。
 毎回、いろいろなネタで盛り上がりますが、今回は、ロウソクのお話が印象的でした。

 学習の話にもなりました。
 私の知らなかった事、私とは別な視点からのお話が、参加してくださる皆さんから聞くことができるので、いつも楽しみです。
 来月はどんなネタが飛び出すかな?
 
それでは、10月の子育ち講座広報室・オンラインイベントのご案内です。
こちらは、子育ち講座受講中・講座修了生の方が無料で参加できます。


☆2022年10月☆子育ちオンラインイベント スケジュール

○10/25 (火) 日課月記(第29回)21:15~

日課月記 参加申込→こちらをクリック

※日課月記とは?


○10/1 (土) 子育ちオンラインcafe/接続お試し会(第86回)21:15~
○10/15(土) 子育ちオンラインcafe/接続お試し会(第87回)21:15~

オンラインcafe参加申込み→こちらをクリック

※子育ちオンラインcafeとは?


最後に、☆子育ち理論研究所からのお知らせです☆
◯「子育ち講座入門講座」受講生募集中です。
◯「オンライン子育ち講座」聴講生受付中です!
詳細は、子育ち理論研究所のHPでご確認ください。


では!今月も皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています。

マザーたかぎ


追伸)
(マザーたかぎのつぶやき)
JR東日本が発売する150周年記念きっぷ(三日間乗り放題)で、初めて長男の所へ行ってみよう!と思って、Googleマップで検索してみました。とても遠くて、荷物を持って都会の人混みにまみれて乗り換えて、知らない土地を延々電車に乗っている自分・・・凄く疲れるって事しか想像できませんでした。
ママ(愛する息子!)〜会いたかったよ〜(ぎゅーっとハグ!)なんて事にはならないと思うし。でも、行くならこの切符だよなぁ~。

(ひなこのつぶやき)
色々あっても日課の安定さえ意識していれば乗り越えていけると実感しています。
子育ちってやっぱりすごいかも。
 


みなさま こんにちは!
 お子さん達の夏休みがおわり、学校や幼稚園保育園に通い始めた頃でしょうか。
 今年は、いろいろな発熱する病気が流行して、大変だったご家族もあるようです。残暑厳しい頃ですので、お気をつけくださいませ。
 
 8月1日は折り鶴kosodachiの発売日でした。
 お陰様で、ポツリポツリと注文をいただいているようです。
 息の長~い冊子を目指しています。いつでもご希望の方に行き渡るように準備しておきたいと思っています。

 8月のオンラインcafeにご参加いただきまして、ありがとうございました。

 今(8月20日現在)、この原稿はとある場所で書いています。夜移動するので、cafeはどこからの中継になるか、はたまた繋がらないか、ドキドキしています。
こんなスリルもたまには良いですよね。
 どこからでも参加できる世の中になりました。みなさん、この便利な世の中を自分の幸せに繋げていきましょう♪

 ・・・その後、オンラインcafeは、掛川PAからの生中継となりました。通信環境が悪かった為、画面オフで参加させていただきました。オバケのような声が聞こえたり、パントマイム風に画面が止まったりと、普段出来ない経験をいたしました。
 オンライン講座の時には、こんな感じで固まっちゃう場合があるんだなぁ〜と実感いたしました。何事も経験ですね。
 もう少し都会(?)のサービスエリアなどでは、通信速度も良好だったのですが、ちょっと山の中だったのが良くなかったのかもしれません。
 ご参加の皆さま、すみませんでした。

それでは、9月の子育ち講座広報室・オンラインイベントのご案内です。
こちらは、子育ち講座受講中・講座修了生の方が無料で参加できます。


☆2022年9月☆子育ちオンラインイベント スケジュール

○9/26 (月) 日課月記(第28回)21:15~

日課月記 参加申込→こちらをクリック
※日課月記とは?


○9/10(土) 子育ちオンラインcafe/接続お試し会(第84回)21:15~
○9/24(土) 子育ちオンラインcafe/接続お試し会(第85回)21:15~

オンラインcafe参加申込み→こちらをクリック
※子育ちオンラインcafeとは?


最後に、☆子育ち理論研究所からのお知らせです☆

「2022年度オンライン子育ち講座」開催中です。

今年もオンライン子育ち講座が開催されています。
聴講・補講共に、受付中です!
詳細は、子育ち理論研究所のHPでご確認ください。


では!今月も皆さんにお会い出来るのを楽しみにしています。

マザーたかぎ


追伸)
(マザーたかぎのつぶやき)
夏に浴衣を着ることができました!浴衣を着ると「痩せたね」と言われ、洋服を着ると「太ったね」と言われ、どちらが嬉しいかというとやっぱり・・・。同じ体型なのに不思議です。実際の体重は内緒です(^^;)

(ひなこのつぶやき)
「自己存在感」という言葉を知りました。娘に「(私の)存在がうるさい」と言われることもありますが(苦笑)ただ「ある」だけで、みんな素晴らしいんですよね。
 

 

私にしては、頑張って続けてきました、kosodachiのお話しですが、
今頃になって、気づいた事があります。

もしかすると・・・
「kosodachiってなに?」
という事を書いていないのではないでしょうか?

はっ!!ここ大事でしょ。
一番大事でしょ!

kosodachiってなに?

改めて、kosodachiってなに?と聞かれると・・・。

子育てに不安を感じているお母さんに、
「これ読んでみて。子育てってこんな感じで良いんだよ。」
って、渡したい小冊子です。

子育ち講座を受講し、実践してきたお母さん直伝の子育ち虎の巻・・・。

はじめて、「もりの」で手作りkosodachiを見たときに、

「あぁ、これ!こういうのが欲しかった!!」と思ったんです。

で、その後で
いろんな後付けの理由とかを一生懸命考えて(笑)これまで皆さんにお届けしてきました。

でも、今回、正直に告白します。
あまりにも、直感的にあぁこれこれ!こんなの待ってた!
って思ったので、最初に見た時には、一言一句読んだ訳ではなかったんです。
(もちろん、その後、ちゃんとじっくり読みましたよ)


で、この手作りkosodachiの作者、otamisanに連絡をしました。
そして、お互いが落ち合いやすい東京で、顔も分からずに(笑)会うことにしました。

遠藤さんは「あ〜、見ればわかりますよ。」って言うし。
何それ?!(今思うと、子育ち講座のカルテに写真があるじゃん!それを見せてくれれば良かったじゃん!!)でも、お互い、一目でわかりました(笑)

kosodachiって必要でしょ?読んで良かったって思う人は絶対居るわ!
っていうか、あの頃の自分に届けたい冊子です!

私はちゃんと子育て・・・よくわからなかったから。

これを読んでいれば、あの頃の不安な気持ちが、
全部は無くならないにしても、
なんとなく落ち着いて過ごせたと思うから。
あの頃の私は・・・。
まわりの人の言う事は、いまいち納得できない。本当にそうなの?
自分の最初の記憶は?どのあたりから覚えてる?
自分の両親やまわりの大人達は、どうやって小さな子を育ててきたの?
そして、それは成功(?)しているのか?
そもそも、自分は、こんな人間なのに、いろいろ?大丈夫?(笑)
で、結局どうすればいいの?

あの頃の自分にプレゼントしたい冊子です。


付録を担当してくださったmadamdonguri女史には、こちらのblogでこんな風にご紹介していただいています。


そして、校正を担当してくださった ひなこさんも、こちらのblogでご紹介して下さっています。


あなたがkosodachiを手に取ってくださったなら、
あなたは、どんな気持ちで読んで下さったのか・・・。
ぜひ教えてください。

コメント欄にご記入していただくか、
メールや直接お会いした時に教えてくださると、とても嬉しいです。
そして、kosodachiを必要としている人に届けていただけると嬉しいです♡

マザーたかぎ


追伸)そして、子育ち講座・子育ち理論に興味をもっていただけたなら、子育ち講座をぜひ受講してくださいね。


 

こんばんは!

もりの会員のみなさまには、そろそろ8月号のたよりが届いた頃かと思います。

そして、気づかれたと思うのですが・・・。
そうです!

8月1日発売の新装版kosodachi(通称:折り鶴kosodachi)
newチラシをお届けすることが出来ませんでした。<(_ _)>

いや、これはダメでしょ。ダメなやつでしょ。
でも、確かに聞きました。
「たぶん、8月号“も”たより発送は10日過ぎになるとおもいますよ。((≧∇≦)テヘヘ)」
みたいな、某遠藤さんの言葉を・・・。


確かに、いつもギリギリな私の性格と、ワクチン接種休暇(?)で押せ押せなスケジュールだったのは

認めます。


が、

いきなり、我が家に届いてました。8日でした。
10日過ぎに発送したら、8日に届かないでしょ?

なんででしょ?
これは私に対する◯◯(←適当な言葉を入れてください)ですか?

気を取り直して。

新装版kosodachi(通称:折り鶴kosodachi)
は、
富士市にある、「もりの」で販売中です。
もりの ←こちらです。

そして、遠藤式子育ち理論研究所でもご購入できます。

私は、ゆっくりじっくり全世界にkosodachiが広がっていくよう
もう、なんというか・・・。
祈りを通り越して、念じている(笑)今日この頃です。

マザーたかぎ










追伸)だんだん、私のキャラが崩壊している気がしていますが・・・。

気になさらないでください。_| ̄|○

 


 

 

 

kosodachi(通称:折り鶴子育ち)チラシ編

 

7月号のもりののたよりに、新装kosodachi(通称:折り鶴kosodachi)のチラシを入れていただくことになりました。

 

その頃は、新装kosodachi作製追い込み中で、頭の中はもうkosodachi一色!

チラシを考えても、kosodachiと重なります。

単細胞な脳みそを持っている私です。

 

そこで。

なら、いっそのことkosodachi風なチラシにすればいいわ♪

kosodachiをパクって(って、どうよ?)

 

そこから、本文を考えたわけですが、

長い・・・とにかく、想いが重すぎて長い・・・。

一体どうすればこの紙見開きに収まるのやら・・・。

削りました。どんどん削りました。

今思えば、あれを残しておけば、こうして「今」kosodachi作製物語を新たに書くことも無かったのに。

 

無計画な自分を反省中です。

そんな力作(?)のチラシは、某遠◯氏に「これは、チラシじゃない」と言われ続けています。

 

8月のたよりに、チラシらしいチラシ・・・新しく作製されるチラシが入るかどうかは、神のみぞ知る・・・。

力尽きるかも。

 

だれか!だれか私に力を・・・

 

 

 

ただただ、お話ししたかっただけの、

長文にお付き合いいただき

ありがとうございました。

 

マザーたかぎ

追伸)子育ちオンラインcafeにてお待ちしております♪

 

 


 

 

kosodachi(通称:折り鶴kosodachi)協力団体編

 

皆さんご存知の、遠藤式子育ち理論研究所のスタッフのみなさま。

今、子育ち講座のオンライン講座開催を主催してくださっていますね。

 

オンライン子育ち講座(7回本講座)の募集は、年1回でさらに定員は10名程度です。

なので、それまでに入門講座も開催されているので、気になる方はぜひホームページをチェックしてくださいね。

わらべうたの講座もされてます。

遠藤式子育ち理論研究所HP

 

今回、kosodachiを広ていくにあたって、現在店頭でも販売をお願いしている もりの だけではなく、もっと多くの方にご協力をお願いしたいと考えていました。

ただ、私ってあまり外向きじゃないので・・・。

子育ち仲間も少なく・・・。

 

そこで、子育ち理論研究所のスタッフさんにお願いしてみました。

 

「子育ち理論研究所でも販売をしていただけませんか?」

 

さらに、7月号のたよりに入れていただいたチラシ(これは、チラシじゃないby◯藤)に申し込みQRコードを入れて、直接注文できるようにさせていただきました。

 

みなさま、それぞれお仕事を持っていてお忙しい中、引き受けて下さいました。

 

ありがとうございます。

 

 

 

kosodachi(通称:折り鶴kosodachi)ひなこさん編

 

毎月、子育ち講座広報室の定期blog記事を校正してくれている ひなこ さん。

今回、kosodachiの新装版作成にあたって、聞いてみました。

(今までは、私が自己チェックしていました。)

 

私「ひなこさん、kosodachiの中でどっか直した方が良いところってあるかな。」

 

ひ「えっと、“#$$%%&(詳細略)‘’」

 

私「ぜひ、校正をお願いしたいですm(._.)m」

 

ひ「いいですよ。」

 

そして、チェックを入れて下さいました。

詳細は伏せますが、さくら色kosodachiとぜひ見比べて下さい。

細かい部分が変更されています。

 

で、最初はkosodachiの校正だけお願いしたはずだったのに、付録の校正もいきなりお願いしたり、チラシの校正もいきなりお願いしたり・・・。

こんな私の容赦無い(汗)お願いにも速攻で対応していただきました。

本当に、ありがとうございました。

 

 

 

おまけ♪

 

M「(本文)いつまでに書けばいい?」

 

私「えっと◯月◯日までとか・・・。」

 

M「・・・夏休みに入ると仕事が忙しいのよ。」

 

私「えっと、早いのは全然オッケー(鬼かっ!自分!)」

 

M「・・・わかった。」


 

と言いつつも、翌日には、半ページ書けたとおっしゃり、

翌々日くらいには、出来上がり

ちょっと修正といいつつ、

さらに翌日くらいには、完成していた付録の本文。

(この辺、記憶ザックリ(笑))

 

そして、私が「仮の表紙」を提示すれば、

 

M「kosodachiと同じ感じの文章があればいいのね。」

 

私「ハイっ!」

 

M「わかった。やってみる。」

 

で、表紙の文章完成。

 

出来る女は違うな・・・。キラリ☆←私の目の輝き

 

えーと、時間がかかったのは私です。

 

しょーがないじゃん? 頭の構造が違うし、脳の出来が違うし、元々私はタダの主婦だし、冊子作製の専門家でも編集の人でもないし、私の年代の人の中ではパソコン利用歴がちょびっと長いだけだし。

でも、なんかこんなに色々な人と出会えて、何かが出来て、自分も楽しめて、たぶん子育ちと出会ったから、こんな私でも子育てを無事に終える事ができそうで、幸せを感じる事もいろいろあって・・・。

 

あなた達に出会えて、ラッキー♪ 私!