さて、学会週間の後半は、淡路島へ日帰りで行ってきました。

 

会場は淡路夢舞台国際会議場という広くてとても斬新な建物でした。確か淡路夢舞台は建築家安藤忠雄さん設計だったかと。


この日はとてもお天気が良く、高速バスからの眺めもキラキラしていてとても綺麗でした。学会参加の訪問だけではもったいないくらいでしたが、バスで往復したのみでした。残念。



{B51540D4-4622-43C0-B4BD-6FC70060902E}

{F85C970B-0C23-4E03-BF59-A344382453AB}

 

開催された日本精神神経科診療所協会の学術研究会では『発達障害』をテーマにシンポジストとして登壇させていただきました。 

 

シンポジストは、かくにしかわ診療所の郭麗月先生、小林精療クリニックの小林和先生、大久保クリニックの大久保圭策先生そして私。

司会進行は、ひょうごこころの医療センター の田中究先生、あしたクリニックの千郷雅史先生でした。


{1B92FB04-1BBE-4F59-AB64-3D225423D57C}

{483FDB75-5C6C-4FBD-884D-587A4F78257B}

 

 

超重鎮の先輩シンポジストの先生方に囲まれて、いままでにないくらい緊張してガチガチの私でしたが、世代を超えて一つのテーマでお話をする機会を頂けたのはとても良い経験でした。


この経験がまた明日からの診療に役立てられればいいなと思います。