DRAGON-BLOG

DRAGON-BLOG

世界の平和を祈り守りたい、その気持ちを伝えだい。
今の気になることを伝えたい。そんなブログです。
よろしくお願いいたします。


テーマ:
◆自衛隊を憲法に明記すると他国は攻めてこない?
答えは逆です。
憲法に自衛隊明記
戦力不保持の2項と矛盾生じる
法律は後で決めた事が優先
2項を変えるか消すかする
自衛隊は国防軍と名称変更
他国をいつでも攻撃出来る
他国は日本に攻撃される前に
防衛の攻撃が出来る
したがって自衛隊憲法明記は
逆に国民の存立を著しく深刻な危険な状態にしてしまう。

政治家は戦地に行かないから戦争経済で儲けてゴルフをします。
国民が戦地に行って殺されていても。
もういい加減気付かないと子供達の未来が安倍政権=日本会議によって潰されます。

テーマ:
◆法律より一団体の規則が優先?◆

貴乃花親方への対応が異常過ぎる。

普通に考えて被害者と保護者が同じ会社に就業していたとしても暴行された被害者の保護者は当然真っ先に警察に通報するだろう。
それを何故会社に先に報告しなかったといって保護者が非難されその上処分されなければならないのか?
貴乃花親方は警察の指示を待っていた、あるいは弁護士の指示に従ったとしたら何の落ち度があるのか?
そもそも現場にいた角界最高位の横綱白鵬に報告義務があったはずだが、なんと黙っていた、はっきり言うと隠していた事になる。
しかし、貴乃花親方は直ぐに警察に通報したのは真っ当な行動で、非難されるべきは現場にいた社会人である、白鵬達だ。

危機管理委員会代表は元名古屋地方検事、横審委員には高村自民党副総裁がいる。こういった社会的地位の背景を鑑みると“組織に抗う個人は許さない”というモデルケースを国民に対して誇示しようとしてるようにしか見えてこない。
まさしく貴乃花親方をスケープゴートとして扱っていると言うしかなく、そういった疑念がどうして払拭されない。
しかも日馬富士に対してマスコミは好意的に報道をしている。
頭を割るほど暴行を働いた容疑者に対してだ。これは常軌を逸している。
一般の多くの方は首を傾げる貴乃花親方への相撲協会、マスコミの集団リンチともいえる対応だ。

テーマ:
{8BD31191-4946-4D38-8BB1-2C1051B476ED:01}

なんて綺麗なのか

思わず足を止め写真を撮ってしまう

なぜだろう

人間が見るのと昆虫が見るのでは色が違うと言うが

花と昆虫は持ちつ持たれつ

昆虫は花から花へと渡り花の実を結ぶ

昆虫は花の蜜を頂いて食料補給をする

では人間と花は?

持ちつ持たれつなのか?

人間は花の美しさに癒されているけれど

花は?

実はきっと、花も人間の優しさに癒されているのではないだろうか

そういえば人は植物無しでは生きてこれなかった

そう、いつも共存してきた

やっぱり、持ちつ持たれつだ

人は酸素を植物は二酸化炭素をお互いに供給し合う

だからお互いに必要だ、だから優しくなれるのかもしれない

いないと困る存在なんだ

花も人間に癒されてると思うと少しばかり愉快ではある

花から見たらどんなに人間も綺麗に見えていることだろうか

ということは 僕も花だったのか、

花に言われてみたい、なんて綺麗なんだろう

風に揺れるのをやめて見とれてしまったよ、と

でも、必要とされなくなったら

美しさも感じず癒されもしないのか

人間同士でもありそうな話しだ



テーマ:

改憲案、「個人」を削除して「人」になってる!
個を消して人にしたのは、人の定義をあいまいに出来るからじゃないの?
個人だとあくまでも個人だけど、

人にしたら定義を言い変えられてしまう。
例えば、国のための「人」、米国のための「人」、戦争に行くための「人」など、いくらでも人の定義を変えられる、パッと見、気付かないけど、
ものすごい危険な改憲案だ。


{07F09681-D6A8-442B-9D27-49A3EFAA9C03:01}

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス