View this post on Instagram

目もとのたるみを無くしたいために御来院されたモニター様です。余分な皮膚と脂肪を少しだけ取り除くことで劇的に変わりますよ!とてもご満足いただけて何よりです! #目の回りのたるみならTCB東京中央美容外科 #新横浜美容外科血管外科クリニック #東京中央美容外科 #新横浜美容外科 #横浜美容外科 #目もと #たるみ #ふくらみ #目の脂肪 #初めてでも大丈夫 目もとのたるみ取り(上下) まぶたの周囲のゆるんだ皮膚を切開し取り除くことで、若々しい目もとをつくる施術です。目の上のたるみ取りは二重のラインの上にある余分な皮膚を、下のたるみ取りは下まつ毛の少し下の皮膚を取り除きます。 想定されるリスクなど ・腫れ 個人差にもよりますが5日~1週間ほどで引きはじめ、2~3週間で自然に仕上がります。最初の3日間ほどは患部に痛みや熱感が認められますが、健康への影響はありません。 ・内出血 稀に内出血が生じ、まぶたが赤紫色になる場合があります。大抵の場合はメイクで隠せる程度で済み、時間経過で必ず消失しますのでご安心ください。 ・傷跡 1ヶ月程度は切開部位に赤みが生じますが、2~3ヶ月かけて白く細い線になり、ほとんど目立たなくなります。 ・外反 目の下のたるみ取りで皮膚を取り除きすぎた場合、下まぶたが外反(裏返って結膜が見えてしまうこと)を起こす可能性ありますので、ご希望の範囲より少し控え目に切開を行う場合があります。 ・術後 短時間のシャワーなら当日から(患部が温まりすぎないように注意してください)、洗髪、入浴は2日後から可能です。洗顔、メイクは1週間お待ちいただきます。術後5~7日で抜糸を行い、コンタクトレンズの着用はそれ以降からとなります。

新横浜美容外科 血管外科クリニック 真鍋秀明さん(@drmanabe)がシェアした投稿 -