Dog index スタッフブログ
【新型コロナウイルス感染症防止対策について】2020.4.21
緊急事態宣言は解除になりましたが、しばらくは下記を継続していきます。2020.6.1

【感染症防止対策について】

1.トレーナーの健康管理
発熱や風邪の症状の有無を確認しています。
37.5℃の時点で、レッスンを中止しております。

2.手洗い・アルコール消毒・うがいの徹底
入室前のアルコール消毒、
お伺い後の、手洗い・うがいを実施させていただきます。

3.マスクの着用
カウンセリング、レッスンはマスクを着用いたします。

【レッスンを受けられる方へのお願い】

1.密集、密着、密接を防ぐため、
  ドアや窓の開放、換気をお願いいたします。

2.屋外での、カウンセリングやレッスンも可能です。

3.オーナー様及び同居のご家族に体調不良の方がいらっしゃる場合は、
  レッスンの延期をお願いいたします。

4.通常より8割減としてご予約を承っております。
  ご希望の日時に添えないこともありますことをご了承ください。

引き続き、今後の感染拡大感染防止につとめ、最新の情報を収集し、
政府の方針や行政の指導に従い、随時、追加対策をしてまいります。

みなさまのご理解を賜りますよう どうぞよろしくお願い申し上げます。
  • 23Oct
    • 「犬を学ぶ新空間!」東京都日野市にてスタート@Loys

      Dog indexのMIKIです。東京都日野市にある<a href="複合型学び空間Loys-ロイス" target="_blank" title="複合型学び空間Loys-ロイスさん">複合型学び空間Loys-ロイスさんにて、犬を学ぶ時間・ドッグトレーニングを行うことが決定いたしました。パピーからシニアまでステージにあったもの、行動にあったものを企画中です。犬全般、獣医さん、グルーマーさん、シッターさんなどもご参加いただけたら色んな学びがありそうですね♪新しいオフィスはオシャレな空間。その中に、みんなのエネルギーが終結すれば、きっと良いものができる!学習塾がメインでもあるLoysさん生徒さんを対象に、こんなこともできたらいいね。ゲストティーチャーになる! - ドッグトレーナーのブログ『イヌになる!』11月より少しずつ開催していきます。興味があるかた、お気軽にご連絡くださいませ。info@dogindex.jp複合型学び空間Loys-ロイス<a href="https://loyscommunity.com/?fbclid=IwAR19Y415bDTUileT_9C0yBR0-b2mpNqb2VQyqEu7TKzKsFLimWF_-D66cAw" target="_blank" title="公式サイト">公式サイト 住所191-0053 東京都日野市豊田3丁目42−45 VILLA CIELO 1F。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。*゚。.。・.。゚+。。.。・.。*゚   カウンセリング、レッスンのお問い合わせ   ▼詳細はこちら    <a href="http://www.dogindex.jp" target="_blank" title="Dog indexのHP">Dog indexのHPからどうぞ!。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。゚+。。.。・.。*゚。.。・.。゚+。。.。・.。*゚フリーメールや、スマホ・携帯からのメールの場合、セキュリティ環境により、迷惑フォルダーとして処理されることがあります。返信がない場合は、大変お手数ですがお電話いただけますと幸いです。電話 080-1156-6864ランキングに参加しております。クリックしてくださったら嬉しいです        犬目線で質問&回答#愛犬相談室 ツイッターにて配信◆Dog indexの更新情報、レッスンの様子をご覧いただけます◆    □■□INDEX■□■□イベント企画・運営 承ります! - ドッグトレーナーのブログ『イヌになる!』◆10月 24日(木)13:00~ 藤沢ゆい動物病院 パピー教室(神奈川県藤沢市)25日(日)13:00~ 西調布犬猫クリニックパピーパーティー&個別相談(東京都調布市)27日(火)13:30~ みやざわ動物病院【オンライン】パピー教室(神奈川県藤沢市)30日(金)13:00~ 関水動物病院【オンライン】パピーパーティー(神奈川県大和市)◆11月 8日(木)13:30~ きたかまくら動物病院パピー教室(神奈川県鎌倉市) 9日(日)10:00~ グループセッション@東京15日(日)09:30~ 【満席御礼】グループセッション@神奈川18日(水)14:00~ まりも動物病院パピーパーティー(東京都東久留米市)17日(土)10:00~ 【満席御礼】グループセッション「2」

  • 20Oct
    • 「万が一」に備えた犬との暮らしの画像

      「万が一」に備えた犬との暮らし

      Dog indexのMakikoです。 あんなに暑かった夏のことを忘れてしまいそうなくらい、「寒いな」と感じる日が増えてきましたね。先日、我が家の娘が1歳になり、「もう1年!」と驚くばかりです。1年前には、まさかこんな世界になっているなんて想像だにしませんでしたね。さて、1年前を振り返ってみて、改めて「出産」と「犬との暮らし」について私なりに工夫してみたことを思い返してみます。第一子の時は里帰り出産だったため、出産1か月前からは実家に滞在し、両親との暮らしにも慣れていたのでさほど問題なく入院&出産に至りましたが、第二子の場合は、いつ陣痛がくるかわからない!という状態でした。私の母が出産予定日数日前から手伝いに来てくれる予定でしたが、結果として母が来る2日前に陣痛が起こり出産に至りました。出産に際し、全般的な世話を夫や母ができるように常日頃から伝えておくのはすでにできていたのですが、細かい部分で前もって私が準備しておいたこととを参考までにご紹介します。・薬(キートスの場合はウルソと、フィラリアやノミダニ予防薬、目薬)は余裕を持ってもらっておく・フードのストックを多めにキープ・グルーミングは余裕を持って済ませておく・誰が見てもわかるように、フードの量や投薬方法をメモに書いて目立つところに貼る・ペットシーツのストックやグッズの保管場所を分かるようにメモを貼るそして出産当日はというと、陣痛来てからキートスの散歩へ行って息子の保育園迎えをしていたりしました(笑)あくまで私の場合で、急にお産が進むこともあるのでくれぐれも真似をしないでくださいね。上記の準備に関してですが、出産というイベントがある無しに関わらず、メインでお世話をする人に万が一のことが起こった場合に、『常に』備えておいた方がいい項目です。そのため、出産後1年経っていますが、当時作成したメモについては変更が無いものについてはそのまま壁に貼ったままになっています。災害や急病など、不測の事態には無理のない範囲で備えておきましょう! 

  • 17Oct
    • 雑種 おとちゃん

      Dog indexのMIKIです。雑種 おとちゃんHOPコースでレッスンしています。元保護犬を迎えたオーナーさん。家族での向き合い方と、犬の知識をつけるためにレッスンをスタートしました。3兄弟がいるご家族。それぞれがおとと向き合って、可愛がっているのが伝わります。ただ可愛がっているだけでなく、ちゃんとお世話もしています。今年の夏は一緒にキャンプにいったり、カウンセリングの時では想像もできないほど、行動範囲が広がりました。まだ生後8ヶ月なので、それなりにパワーもある おと何をやるのも楽しそうです。これからも成長を楽しみながら過ごしましょうね。ランキングに参加しております。クリックしてくださったら嬉しいですDog indexの仲間 に続きます。

  • 14Oct
    • 保護犬を迎える時の心得の画像

      保護犬を迎える時の心得

      Dog indexのShizukaです。Theoを迎えた時の経験が、これから保護犬を迎える方、里親になろうと考えている方にとって少しでもお役に立てれば幸いです。まずはTheoが保護犬になった背景から。Theoは去年の6月に多頭飼い崩壊現場からレスキューされました。当時推定1歳。現場には14頭の犬達と多数の猫達が一般家庭の室内でひしめき合って暮らしていました。そこまで頭数が増えた理由は単純に未去勢&未避妊を放置していたこと。もちろん、14頭の世話が行き届くはずもなく、室内は不衛生で健康を害している犬猫もいました。幸いにも保健所に引き取られる前にレスキューが入ったのでそこにいた命は守られました。そんな環境で1年暮らしていたTheo。散歩に行ったことがないし、外の世界を知る機会もなく、飼い主以外の人間に会ったこともなかった。パピー期の社会化に大事な時期に人との関りを殆ど持たなかったので、保護時は人への警戒心は強かったようです。犬の性格形成は30%が遺伝から、70%は環境の影響で決まると言われます。なのでTheoの性格や行動を見るときは過去の環境を考えるようにしています。苦手なこと、怖がるもの、好きなこと、嫌いなこと等、彼の行動の全てにはそうなる理由がある。Theoを迎える前、数回会いに行った時に1度だけ抱っこさせてもらいました。その時のTheoは緊張で全身に力が入り、ガチガチだったことを覚えています。無理に撫でようとしたら噛まれるかもと思いました。また、この恐怖心を取り除き、信頼を得るには時間と根気が要ると覚悟しました。トライアルに入る時、受け入れる環境を整えると共に気を付けたポイントは:1.身を隠せる場所を作り、そこにいるときは絶対に手を出さないこと。2.おやつは緊張をほぐすツールとして使える。色んな種類を準備しておく。3.ジロジロ見ない。目を合わせない。4.警戒心が解けるまで根気強くひたすら待つ。5.無理に触らない。6.側で大きな音や声を出さない。走り回ったりしない。7.怖い思い、痛い思いを絶対にさせない。初対面から人懐こい犬もいますが、人と暮らしたことがない、家庭に入ったことがない犬達にとっては知らない場所や人と暮らす事は大きな環境の変化であり、不安や恐怖を感じます。それでも生き延びるために新しい環境に順応しようと日々少しずつ変化していきます。心を開くまでに掛かる時間は犬によって違いますが受け入れる側はそれを待つしかありません。無理強いは禁物です。Theoが自ら近寄ってくるまで約5日かかりましたが、来た当初は数か月かかると覚悟していました。犬のサバイバル本能、適応能力の高さには本当に驚かされます。Theoが恐怖と不安の壁を乗り越えた勇気は想像を超えると思います。本当に凄い!一緒に暮らし始めて丁度1年が経ちました。Theoは毎日笑顔で暮らしています。彼の勇気に感謝です。 

  • 09Oct
    • MIX ポムくん

      Dog indexのMIKIです。Dog index仲間 MIX ポムくんの紹介です。担当 Dog index Makiko**************************************************************** Dog indexのMakikoです。MIX(マルチーズ×トイプードル)のポムくん、7か月です。お散歩デビューする頃からレッスンを開始。トイレトレーニングや室内環境の整備、甘噛み問題や興奮など子犬ならではの悩みを解決しながら、オーナーさんと楽しく暮らせるためのレッスンをしてきました。真夏の酷暑とレッスン期間がかぶってしまいましたが、室内でのレッスンをしながら現在気になることや、今後問題になりそうなことへの対処を行ってきました。トイレトレーニングはあと一息なところですが、オーナーさんとの意思疎通がスムーズになり、室内での過ごし方も落ち着いてきました。これから自我の芽生えが見えてくる頃なので、引き続き一緒にポムの行動を見守りつつ、気になることは早めに解決していきましょう! ランキングに参加しております。クリックしてくださったら嬉しいです Dog indexの仲間 に続きます。

  • 01Oct
    • キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル モアナちゃん

      Dog indexのMIKIです。キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル モアナちゃんHOPコースでレッスンしています。天真爛漫なモアナ。動物病院の先生に相談され、Dog indexにてレッスンをスタート。カウンセリングでは、まず、今のモアナに必要なことをお伝えしました。何をするにもそう、お外で歩くだけでも一生懸命で楽しそう♪みていて明るい気持ちになります。若いっていいな。とも思います。先代犬とは異なる犬種。見た目も性格も、行動も違うので、比較することなく、「モアナはモアナ」 として向き合っていらっしゃると感じます。これって大切ですね。ご家族3代が暮らすおうちで、日々楽しく生活しています。来月からは、グループセッション「2」にも参加。これからの成長も楽しみですね。ランキングに参加しております。クリックしてくださったら嬉しいですDog indexの仲間 に続きます。

    • Dog eat dog world

      Dog indexのMIKIです。「犬がでてくる英語のことわざ」9月はDog eat dog world意味食うか食われるかの世界相手を倒すか、こちらが倒されるか。命がけの勝負であるさま。なぜに、Dogが使われたんだろうか。 

  • 27Sep
    • 雑種 メリくん

      Dog indexのMIKIです。雑種 メリくんHOPコースでレッスンしています。人と暮らすこと、室内で暮らすことも初めてであろう元保護犬のメリ。おもちゃで遊ぶよりも、枝や石で遊ぶことが好きなよう。元保護犬だからきをつけるべき点をお伝えしながらレッスンしています。週末は、都会からの生活を離れて自然の中で生活ができるメリ。メリもご家族も週末が楽しみですね!まだ知らぬメリがいて、これからも色んな発見もあると思います。楽しんでみつけていきましょう!ランキングに参加しております。クリックしてくださったら嬉しいですDog indexの仲間 に続きます。

  • 24Sep
    • 旅行へ犬を連れて行く?預けて行く?行かない?

      Dog indexのMakikoです。 猛暑続きの8月が終わり、やっと涼しい時期になりましたね。先週末の4連休は、県内ですが少し遠出して某公園へ行きました。考えることはみんな一緒のようで、想像以上の混雑に驚きつつも、家族みんなであれこれ楽しみました。その公園は犬と一緒に入ることはできないので、キートスは1日ゆっくりと家で留守番をしながら昼寝を堪能してもらいましたが・・・秋の行楽シーズン。Go To トラベルを利用して旅行へ行かれる方も多いことと思います。犬と一緒に旅行を楽しんでいる方も多いですね♪そんな時、①犬と一緒に旅行する②ペットホテルなどに預ける③犬は連れていくけど、犬と一緒に行けない場所にも行くから現地でペットホテルも利用する色々なパターンがあると思います。犬の性格、体調、体質、行き先の気候や預け先によって正解はひとつではないので、旅行を検討したときは、その時によって柔軟に判断してほしいと思います。『犬は家族だから一緒に行く!』というのも負担がかかることがあるし、ペットホテルなど、他の人にお世話を託す時には注意してほしいこともあります。いずれにしても、家と異なる環境へ行くということは何かしらの注意が必要になります。連れていく、預けて行くどちらにしても下記の点はチェックしておきましょう。・突発的な病気⇒事前に旅行先の動物病院を調べておく。体調が悪いときは無理しない・事故⇒移動中に事故などに巻き込まれることもあります。ケージやキャリーバッグは常備しておきましょう。    リード、ハーネスの破損がないか事前にチェックして、予備も用意。・脱走や迷子⇒ハーネスやカラーのサイズが体に合っているかどうか。迷子札を装着しておくことも大切です       人に預ける場合は特に、ダブルリードにするなどできるかぎりの脱走防止を講じてもらいましょう。そしてこれは人も犬も大事ですが、「体調に不安を抱えている時は、決して無理をしない」ということ。みなさん、安全に楽しく過ごせますように! 

  • 23Sep
  • 19Sep
    • ミックス 空羽ちゃん

      Dog indexのMIKIです。ミックス 空羽ちゃん HOPコースでレッスンしています。動物病院からの紹介でレッスンをスタートしました。犬との暮らしははじめて。というご家族向き合い方、接し方、犬として普通の事などをお伝えしています。かわいい!だけではなく、大変なことも、時にはイラっとすることもあります。それは、犬だって同じ。毎日毎日、機嫌が良い!ってことではないですものね。レッスンの回数を重ねるにつれ、悩みや不安が解消されてきました。動物病院でも、獣医さんに褒められるようになったとのこと。少しずつ自信につなげ、どんなことにも向き合っていきましょうね!ランキングに参加しております。クリックしてくださったら嬉しいですDog indexの仲間 に続きます。

  • 17Sep
    • 9月 グループセッションレポート

      Dog indexです。9月 グループセッションレポートです。MIKIブログ 「イヌになる!」9月グループセッションレポートin 東京 - ドッグトレーナーのブログ『イヌになる!』Makikoブログ 「笑顔でKiitos!2020年9月 グループセッション(神奈川)レポート - ドッグトレーナーのブログ "笑顔でKiitos!!”

  • 14Sep
    • 同じ犬種でもの画像

      同じ犬種でも

      Dog indexのShizukaです。 MocoとTheoは同じパピヨンですがとても同じ犬種とは思えないほど何もかもが全く違います。まず体格。Moco 3.8㎏/Theo 5.2㎏、Mocoが平均的なパピヨンとするとTheoはかなり大柄なタイプです。散歩で会う人にはよく「パピヨンですか?大きいですね」と言われる。性別も違うし性格もほぼ真逆。どんな時でもドーンと安定感のあったMocoに対して、Theoはちょっとの動きや音にも敏感で、すぐに飛び上がってビックリしてはその場から走って逃げようとする。Mocoは食が細く、食べさせるのに苦労しましたが、Theoは食欲旺盛で1分でご飯は完食するし運動量は何倍も多い。Mocoは室内ではまったりと過ごすことが多かったけど、Theoはじっとしているのが苦手。寝ている時間以外はとにかく動いている。目が合うとすぐにおもちゃを引っ張り出してきては遊べと言う。こちらがそれに応えられないと猫に持っていって遊びに誘う。無視されるとちょっかい出しはじめ、追いかけっこが始まり、スイッチが入ると猛ダッシュが止まらない・・・まあ、普通の元気なパピーそのものなんですが、長らく老犬と静かに過ごしてきた私には彼のパワーを受け止めるのがやっとの時もあります。でも犬図鑑に書いてあるパピヨンの特徴としてはきっと、Theoの方が当てはまる点が多いんだろうとは思います。それくらい犬図鑑を鵜呑みにしてはいけないと言う事ですね。ちなみにパピヨンの典型的な説明は「明るくて活発/とても聡明/陽気で人懐こい/賢くプライドが高い/大胆で勇敢/エネルギッシュで好奇心旺盛/人や他の犬とも仲よくできる」と、なんだか良い事ばかり書いてありますね。MocoにもTheoにも当てはまらないことがありますが…。特に性格は十匹十色、個体差があるので、図鑑に「従順で大人しく、誰にでもフレンドリーで飼いやすい」と書いてあっても、目の前にいる愛犬が必ずしもそうとは限りません!とにかくMocoとTheoはあらゆる点で違うのでTheoにMocoの面影を探すこともなければMocoの代わりなんてこれっぽっちも考えない。MocoはMoco、TheoはTheoなんです。Theoを見ていると本当に犬って面白いな~と感じます。ここにMocoがいたら、怒られてるだろうな・・・なんて想像したりして(笑)(強さ=体格ではない典型的な例)まだまだ進化し続けるTheo。これからどう成長していくのか楽しみです。 

  • 12Sep
    • ミニチュア・シュナウザー 梅ちゃん

      Dog indexのMIKIです。ミニチュア・シュナウザー 梅ちゃん HOPコースでレッスンしています。先代犬もミニチュア・シュナウザーだったオーナーさん。梅ちゃんとの新しい暮らしを楽しく、仲良く、穏やかに暮らしたい。ということでレッスンをスタートしました。レッスン時。まずはインターホンに吠えますが梅ちゃんをヨシヨシと軽く触り、着席すると、吠えやみます。許容範囲だと感じます。散歩中、犬をみると遊びたくて吠えていたことも緩和されました。天真爛漫な梅ちゃん。何をやるのも一生懸命で楽しそう♪そして気付くと、コテっと寝てる。オーナーさんが望む、「穏やかに暮らしたい」はまだ先かも知れませんが、生後9か月のパピーの梅ちゃん。この時は戻らないので、ライフステージにあったことを楽しみましょう♪ランキングに参加しております。クリックしてくださったら嬉しいですDog indexの仲間 に続きます。

  • 08Sep
    • ウェルシュ・コーギー・ペンブローク つぶちゃん

      Dog indexのMIKIです。ウェルシュ・コーギー・ペンブローク つぶちゃん です。「しっぽを切らないでください」とあらかじめブリーダーさんに伝えていたので、しっぽ付きコーギーです。ご家族としてははじめての犬として、生後3ヶ月からHOPコースをスタートしました。・食事の事・普段の接し方・お留守番・噛まれたらどうする?・褒め方・お散歩の仕方・どんな時にダメという?をレッスンにてお伝えしました。現在、生後6か月になった つぶちゃん。大変なこともまだこれから。それを楽しんで乗り越えられるよう、引き続き、継続してレッスンしていきます。来月からのグループセッション「2」のメンバーでもあります。人が思うようにならないこともありますが、双方がより添えられるよう、お手伝いしていきますね。これからも楽しみましょう!ランキングに参加しております。クリックしてくださったら嬉しいですDog indexの仲間 に続きます。

  • 05Sep
    • ポメラニアン モカちゃん

      Dog indexのMIKIです。Dog index仲間 ポメラニアン モカちゃんの紹介です。担当 Dog index Makiko**************************************************************** Dog indexのMakikoです。HOPコースでレッスン中のモカちゃんです。お散歩デビュー前からレッスンをスタートして、もうすぐ生後7か月になります。お迎えした直後は、緊急事態宣言中だったり体調が整わなかったりしてご家族以外の人との社会化のチャンスは少なかったのですが、まずは室内でのトイレトレーニングおもちゃでの遊びコミュニケーションの取り方など、基本的なことからスタートしていきました。先月はグループセッションにも初参加!とても楽しそうにトコトコと歩いていました♪初めての犬との暮らし、オーナーさんも手探り状態だったと思いますが、モカちゃんとオーナーさんの絆がどんどん深まっていく様子を見られてとても嬉しいです。今後は精神的な変化が大きく見えてくるので、引き続き成長を見守っていきましょう! ランキングに参加しております。クリックしてくださったら嬉しいです Dog indexの仲間 に続きます。

  • 01Sep
    • 心を開くまでの画像

      心を開くまで

      Dog indexのShizukaです。 Theoが我が家に来た日。Theoにとって新しい犬生の始まり。最初から楽しく同居が始まったわけではありません。知らない場所に知らない人がいる。突然環境が変わり、不安で、怖くて仕方がない。それでも勇気を振り絞って近づいてきてくれたTheo。犬のサバイバル本能と順応性の高さって本当にすごいと感じます。トライアル初日は大き目の円形サークルとクレートを繋いでTheoの部屋を作りました。Theoはご飯とトイレ以外はクレートからは一切出てきません。緊張とストレスで2日目にお腹を下してしまったTheo。病院で下痢止めを打ってもらうことに・・。クレートに籠る日が3日続きました。一切吠えず、ひたすら自分の存在を消すようにひっそりとクレートからこちらの様子を伺っていたようです。恐々ですがおやつは手から食べられたのですが、すぐまたクレートへ戻ってしまい全くこちらとの距離が縮まらない・・4日目に意を決して円形サークルから部屋に設置した広いサークルへ移動させてみました。いつでも隠れられる様にクレートを置き、私はそこから離れて床に座りました。おやつをばら撒いて様子を見ると、クレートから近い所から一つずつ拾っては食べ、少しずつ私に近づいてきます。私は完全にTheoを無視しながら携帯をいじる振りをして動かない。目線を合わせない。Theoが動いても見ない振りをしました。座った場所から全く動かず、「ただ一緒にいるだけ」の時間を続けました。かなり近づいてきたところで手からおやつをあげ、そーっとTheoの首や胸に触れてみました。すると緊張はしていたものの、嫌がることもなくTheoはじっとしていました。きっとTheoはドキドキしながらも私が危険かどうかを見極めていたんだと思います。いわば私をテストしていたんですね。それからは私がサークルに入ると自らゆっくり近づいてきて、胸や頬を撫でると気持ちよさそうに動かない。そこからまたそーっと背中やお腹に触れていき、スキンシップを徐々に増やしていきました。その時もできるだけ目線は合わせないようにして、Theoの反応を観察しました。全身が触れるようになった頃には表情も豊かになり、警戒心が解かれたなと実感しました。取り合えずTheoの試験に合格したんだなとホッとした瞬間でした。そして今ではしつこいほどベッタリな甘えん坊になってくれました。(感動)Theoに触れるようになるまで丸5日掛かりましたが、あくまでもこれはTheoのケースであり、覚悟していたよりかなり早く心を開いてくれたなと思いました。保護犬によっては1年くらい触らせてくれなかったり、慣れるまでかなり長い時間を要する場合もあります。どうしても新しい環境や家族に慣れず、団体に戻されるケースもあります。体調を崩したり、同居の犬猫と相性が合わなかったり、人との相性が合わないこともあります。心を開き、新しい環境を受け入れる事は犬にとって大きな勇気と決断が要ることです。受け入れる側はそれを待つしかありません。そしてそれが叶ったとき、それはそれはもう嬉しくて嬉しくて、今でも顔がにやけちゃうくらい忘れられない幸せな瞬間なのです!! 

  • 31Aug
    • Barking dogs seldom bite.

      Dog indexのMIKIです。「犬がでてくる英語のことわざ」8月はBarking dogs seldom bite.意味吠える犬はめったに噛まないうわべは怖そうでも、 本性は臆病だったりすること。実際、犬は臆病だから先に吠える。ということもあれば、吠えて噛む犬もいるけどね。 

  • 25Aug
    • 犬は抱きしめられると嬉しいの?の画像

      犬は抱きしめられると嬉しいの?

      Dog indexのMakikoです。 先日、偶然SNSで「#hugyourdog」というハッシュタグを見かけました。Hug your dog(犬を抱きしめよう)大好きな愛犬、ギューッと抱きしめることはよくあると思います。私も、強くはしませんがキートスを抱きしめることはよくやりますが・・・犬ってぎゅっと抱きしめられると、嬉しいのでしょうか?実際のところは犬に聞いてみなければわかりませんが、私が写真などを見て犬の表情などから読み取ると、「相手」と「シチュエーション」によるといったところ。もちろん、普段から信頼関係が築かれている間柄であれば、程よい圧でのハグだったら心地よく、穏やかな笑みを浮かべている犬も多いですが、文字通り「ギュっと」抱きしめられていたり、特に小さな子供に抱きしめられている犬の写真は、緊張感やストレスを感じているサインを出しているものが多かったです。逃げ場を失った犬はストレスや恐怖を感じ、程度によっては攻撃行動を起こすこともあります。特に子供は力の加減が分からないし、犬にとって予測がつかない動きをするので「犬を抱きしめる」ということは、親の立場からしたら「禁止」させておいた方がいい!と思います。せっかく犬と一緒に育つのですから、犬のオーナーとして、人間の親として。「犬への接し方や、距離感」を伝えてあげてほしいなと思います。我が家の息子、あと3か月で4歳。ここ1~2か月で、急にキートスが「人間」として認め始めました。今までだったら撫でようとしただけで逃げていましたが、撫でられるのは許容するように。 「ぎゅってしたいんだよー!」と息子はいいますが、それはまだ無理だと繰り返し伝えるようにしています。犬を押さえつけて、無理矢理子供にハグさせる・・・なんてことは、絶対にしないように、お願いします! 

  • 23Aug
    • Theoとの出会いの画像

      Theoとの出会い

      Dog indexのShizukaです。 今日はTheoに出会った背景について。昨年7月2日にMocoが亡くなり、しばらくは犬無しの生活を送っていました。Mocoはほとんど吠えることがなかったし、いままでMocoがいることで出る生活音なんて気にしたこともありませんでしたが、Mocoがいなくなってみると、部屋はシーンとしていてなんと静かなこと。この静寂がまたペットロスに輪をかけるんですよね。部屋にはMocoの物があふれ、使えるものも沢山あったので寄付できる先を探していました。東京にはたくさんの保護団体があり、いつでもたくさんの動物が家族を待っています。いろんな団体の保護活動を見ていても、どうしてもパピヨンに目が行ってしまう・・そんな中、パピヨンの多頭飼い崩壊のレスキューが目に飛び込んできました。その時はただ興味本位でサイトを見ていたのですが、近々里親会があると分かったので寄付する物を車に詰め込んで会場まで届けに行きました。里親会は大盛況で、大勢の方々がお目当ての犬猫に会いに来ていました。レスキューされた数頭のパピヨン達もそこにはいたのですが、その時はなぜかワクワクしませんでした。心のどこかでMocoじゃないし‥と思ったんです。その日は長居せずに会場を後にしたのですが、ちょっと気になっていたパピヨンはそこにはいませんでした。レスキューされたパピヨンは14頭、ウェブサイトには彼らの写真が何枚かあったのですがパピヨン達が楽しそうに遊んでいる様子の中に、1匹だけ遠く後ろの方に離れて映っていました。それがなぜかどうしても気になって、また違う写真で探してしまいました。すると今度はエアコンの室外機と壁の間の細~い隙間に挟まってこちらをこっそり覗いている様子がありました。これにドハマりしてしまった私。この子に会ってみたい!と思った瞬間でした。それがTheoです。みんなと違う行動を取る面白さ、はみ出し者っぽい、小心者なのか、思慮深い慎重派なのか。一気に興味が湧いてしまったのです。残念ながら里親会の数日前にフォスター先を移動していたTheo。縁がなかったかなーと思ったらんと自宅にほど近い場所に移されたと知り、保護団体に改めて問い合わせをしました。一度は他の家族に迎えられるはずだった彼でしたが、これこそがご縁なんですね、なぜか私のところにやってくることになったTheo。きっとMocoが導いてくれたのだと信じています。そしてTheoが心を開くまでのことは、また今度に続きます。