5年前から糖尿病から合併症として、いろんなところにガタが来てここ3年ほど体調を崩して入退院を繰り返し働けない状態で自分の人生は終わったものだと思っていましたが2年ほど前に大阪に移り住みこの間、奇跡的に体調を回復しました。世間ではコロナが流行り大変な時期に回復して、これは神様がくれたチャンスだと思いこの勢いで就職できればと思い、就職活動をしたのですがこの歳(50代後半)ではやはり現実は厳しく本当に人生を終えようと思っていました。そんな時に10年くらい前から交流がある知人に、会社をやってみないかと.....

考えに考えたあげく、その話を受ける事にしました。その会社は大阪市内にあるダイビングショップでした。自分は沖縄出身ということもあり沖縄のダイビングショップとも交流がありダイビング業界の事情は理解していましたが大阪のダイビング業界事情は厳しく始めは会社を畳んでしまった方が良いのではないかと思いました。しかし、そこで働く店長と交流を交わしていくうちに彼のダイビング(海)への思いとお客様に対する誠意に、私は心を動かされ自分の人生をここに全てかけようと決意しました。