来る7月29日(日)、幕張メッセにて開催されます

「ワンダーフェスティバル2018(Summer)」

に当ディーラーも参加致します。

 

卓#「7-14-01」

 

いつも通りのメダロットによる当日版権枠と共に、

今回はアクリルの小物やベース各種、MDF製クラフトステージといった

今までとは少し違う路線のグッズ販売も行います。

 

<当日版権アイテム(5種)>

 

 

 

 

 

 

今回は、「お釣り準備軽減」にご協力頂きましたお客様へのお礼として、

(1) 現金でお釣り無しのお客様

 → 当日販売しているアクリルベース(¥400円)の六角形を1枚プレゼント

 ※ 色、枚数に限りがあります。先に在庫がなくなった場合はご了承ください。

(2) クレジットカード(Paymo払い)のお客様

 → 5%OFFの、¥4,750円で決済致します。

 

猛暑の中、決してご無理のない様、

当日は皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

 

来る7月29日(日)、幕張メッセにて開催される

WonderFestival2018[Summer]

に向けた準備が進んでいます。

今回もメダロットのABS-3Dプリントキットの頒布で申請中です。

関節に使用するジョイントパーツは別途お求め頂く様お願いしておりますが、

簡単な処理でプラスチック製メダロットフィギュアを完成させることが出来ます。

 

申請一番手は今年の当ディーラーのセンター(笑)でもあるこちら

WEBコミックで連載中のメダロット・リローデッドより主役メカの「メタビー」です。

二番手は続けて連載中の漫画版から

ヘッドシザース(リローデッド版)です。

劇中本格的な活躍はまだですが、初登場時のイラストを基に立体化に挑戦しました。

 

この2体を中心に、以降の3体は今まで参加した中で人気のあったものからチョイスしました。

変形機構を省略し、漫画版等のスリムなスタイルをイメージしてモデリングしたブラックビートル。

出自が一風変わったゲームだったこともあり、立体化があまり多くないと言われているデコトム。

アニメ版や一部(腕とか)で結構活躍しているサボテンナ。

 

以上の5体で現在本申請後の審査結果待ちとなっております。

 

 

また、前回参加したトレジャーフェスタNeoでの評価結果を踏まえ、当ディーラーでは今後の参加に際して

paymoによるアプリ支払い

を、本格的に導入致します。

 

事前にアプリのダウンロードとユーザー登録、クレジットカード登録を済ませて頂きましたお客様向けに

ディーラー卓に用意するQRコードを読み取り頂き即決済が可能になる様準備致します。

もしかしたらアプリ決済限定の割引もあるかも・・・

是非ご検討下さい。

 

 

 

 

 

 

来る2018年2月18日(日)幕張メッセにて開催される

 

ワンダーフェスティバル2018(Winter)

 

に置きまして、以下の当日版権キット頒布にてディーラー参加致します。

ABS製3Dプリントキット(別途表面処理の手順説明書入り)になります。

 

関節部分に使うジョイントパーツ(コトブキヤM.S.G.推奨)を別途お買い求め頂く代わりに、
頒布価格を抑え目にしたバージョンでのご提供になります。

 

卓番号は「5-04-05」です。
皆様のお越しをお待ちしております。

 

今回の参加は以下の4体+αです。

 

1) 1/6サイズ ビート(「真型メダロット」より)

 

2) 1/6サイズ タンクソルジャー(「メダロット」より)

 

3) サボテンナ(「メダロット2」より)

 

4) パルケノン(「メダロットG」より)

 

 

版権キット以外にも、オリジナルキット「AB-ゼロ号」や、1/12サイズ「3Dプリンタ」等も多少在庫があるので持参します。

 

 

 

 

 

 

 

12月17日(日)に東京ビッグサイトで開催される、

「トレジャーフェスタ有明18」

にディーラー参加致します。

 

尚、

「ホビーラウンド18」

も向かいのホールで同時開催になりますので、ドール系のお客様、企業ブースを見学にお越しのお客様も

ぜひお立ち寄り頂き沢山のお客様がお越し頂けます事をお待ちしております。

 

当日版権モノにつきましては、今回”真・KBT型祭り”と命名していつもより多めにメダロット各種ご用意致しました。

 

今回は、関節部分に使うM.S.G.パーツを別途お買い求め頂く代わりに、

頒布価格をいつもより抑え目にしてお求め易くなる様にしてみました。

 

<KBT型その1>

まずはウチの文字通りトップバッター、ベイアニット(ゲーム版)。

※ ベイアニット(ゲーム版)のまとまった数での頒布は、今回のトレフェスが最後になる予定です。

次回以降頒布申請する時には、拳あり、排気筒2本の「アニメ版」として再登場を検討しています。

これです。

 

で次。賛否両論とかよく言われますが、結構ファンもたくさんいる真型メダロットより「ビート」です。

立体作品は既にいくつかありますが、関節可動式のモノはもしかしたら初??と言われてちょっと緊張しています。

 

三体目はブラックビートル。今回は非変形の簡易キットとして登場です。

女性型メダロットということで、なるべく細身のシルエットが再現できる様にモデリングしてみました。

 

次の3体、最近コミックスも再刊行されて人気のシリーズから主役KBT型も持っていきます。

4体目はクロトジルです。

既に多くの立体作品が存在するクロトジルですので、当方なりのアレンジを若干加えさせて頂きました。

 

そして5体目、こちらもひょっとすると初立体化実現?のデコトムです。

上記クロトジルのデータをベースにしつつ、特徴のあるシルエットを少し強調しながらモデリングしてみました。

 

 

これより以降は
KBT型以外の頒布キットをご紹介します。

後半一番手、TOT型といえばこれを思い出す人も多いキースタートルです。

前作イエロータートルと比べて更にボリュームアップしてみました。

一個一個のパーツが大きいので、ABS 3Dプリント品の表面処理の練習にも向いています。

 

ここからは頒布価格3000円の、更にお求め易いシリーズです。

・・・いつかやってみたかった(笑)

の、エレメントマークです。

組立は表面処理してプラ棒挿すだけの超お手軽キットですが

ジョイント部分は3mm穴で作ってありますので、

お約束のアレなんかもできちゃいます。

 

←アレ。

 

そして、当日版権モノ頒布最後の一体はデーヴになります。

これまた3Dプリントパーツの表面処理練習に適したパーツ構成w

「普通作らないよね?」と言われたら出さずにはいられないラインナップからの登場となります。

※ 飛行状態で展示したい方は、お手数ですが別途フライングベースをお求めください。

 

他にもいくつかオリジナルモノを3Dプリントパーツ品でご用意致しました。

皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

 

 

来る7月30日(日)幕張メッセにて開催される

ワンダーフェスティバル2017(夏)

に置きまして、ディーラー参加致します。

 

今回の頒布物は少なめですが、以下の3点となります。

 

1) Nonスケール ベイアニット(コトブキヤプラキットサイズ)

 3Dプリント ABSプラ製

 頒布価格¥7,000.-

 ※ 簡単な手順ですが表面処理が必要な簡易キットとなります。

 

2) Nonスケール イエロータートル(コトブキヤプラキットサイズ)

 3Dプリント ABSプラ製

 頒布価格¥7,000.-

 ※ 簡単な手順ですが表面処理が必要な簡易キットとなります。

 

3) オリジナル AB-ゼロ号

 3Dプリント ABSプラ製

 頒布価格¥5,000.-

 ※ 簡単な手順ですが表面処理が必要な簡易キットとなります。

 

卓番号は「6-12-01」となります。

皆様のお越しをお待ち申し上げます。

 

デジタルモデリングによる原型製作をしているディーラーさんが既に沢山いらっしゃる訳ですが、当方もいよいよディーラー参加させていただく事となりました。


 

当ネットワークとしては初参加なので、まず1アイテム投入から開始して、順次拡大していきます。

第一弾はこれ、「ベイアニット(メダロット)」です。

トレジャーフェスタ

既にあちこちでご紹介していますが、試験的な試みとして

「ABSプラ素材で3Dプリントされた状態」での頒布とさせて頂きます。

サイズとしてはNonスケール扱いですが、コトブキヤ製プラキットシリーズとサイズを合わせてモデリングしています。

その為バンダイ製D-Artsシリーズと比べると少し大きいです。

 

トレジャーフェスタ

トレジャーフェスタでは、3色の3Dプリント出力品とジョイントパーツをセットにして、頒布価格\7,000.-で準備致します。

※ 別途3mmプラ棒(20cmもあれば足ります)が必要となりますので、恐れ入りますがご用意をお願いします。

通常のガレージキットとはすこし違う処理手順となりますが、

多少のお手間をかけて頂ければ綺麗なパーツに仕上がりますので、急がず慌てず模型作りを楽しんで頂ければと思います。

よろしくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏のイベント投入用第二弾「イエロータートル」も準備中!

第三弾、第四弾も冬に向けて着々と計画中です。

機動警察パトレイバーの世界観を楽しみましょう!
プラキット/スクラッチ/その他造形物を集めてネットコンペで盛り上げようという試みです。

基本テーマは「民間展示会場で開催される市販レイバーの展示会」とします。


劇中登場する企業&レイバーのオリジナル改造でもよし、
オリジナル設定の企業が開発したレイバーをスクラッチで作るもよし、
皆さんのアイデアあふれる造形物で作品を応援したいと思います!

 

<ルール Ver.1.0>
1.「機動警察パトレイバー(コミック、アニメ、劇場版、実写版)」の世界観を損なわない事。
2.造形物はキット改造、スクラッチ、その他手段は定めません。
3.劇中搭乗レイバーではないオリジナル作品の場合、製造メーカーや用途と言った設定も是非考えてください。
4.レイバー以外のグッズ(展示会場で売ってそうなオリジナルグッズとかコスプレとか)も歓迎します!
5.実在の企業名及び団体名は使用禁止とします。オリジナル作品を作るときは必ず架空の企業名を考えて下さい。
6.締切は2017年5月末を一端の締め切りとします。作品展示会等への参加も現在検討中です。いったん締め切り期間を「無期限」とします。2017年はバンダイから完成品Toyも次々発売となり、年間を通して動きがありそうなので、都度ご紹介する形式とします。

7.投稿時は「#国際レイバーショウ」のタグをつけて投稿をお願いします。(「ショー」ではなく「ショウ」でお願いします。)

8.他参加者への批判、誹謗中傷はコンペへの関与をお断りします。

 

ルールは都度見直し、追加or変更が行われる場合がありますのでよろしくお願いします。

それでは皆様、楽しく作りましょう。