くらしを楽しみ

わたしを丁寧に生きたい

プチひきこもりな私が

 

焼肉のタレプロジェクトをきっかけに

自分の家という安全圏から

一歩外へ踏み出し

地球で遊びはじめるお話。

怖がりちゃんの大冒険。

 

 

 

というか

そもそも私はこんなポンコツ

とんでもなく勘違いだった箱入りポンコツお嬢様が、自分の力と人生の責任に目覚めたとしたら。

 

 

 

 

焼肉のタレプロジェクトは

ライスワークではなく

ライフワーク。

 

 

焼肉のタレを

「作る」人になりたいわけじゃない

「売る」人になりたいわけじゃない

「商人」になりたいわけじゃない

私フードビジネスしてるんです

ってカッコつけたいわけじゃない

 

 

 

もっと単純だ。

思いを形にしたいだけ。

 

 

 

美味しい焼肉のタレがあるから

私の愛する家族を繋ぐ味だから

私たちはせっかくこのフォーメーションで

生まれてきてるのだから

この愛の形を

いまここの世界の中心で愛を叫ぶ。

私たちがともに生きた証になったらいい。

たまたま

私にそのタイミングが巡ってきたの。

 

 

 

欲しくない人に食べて欲しいって

思わない。

欲しい人だけに届いたらいい。

シンプルに、それだけ。

 

 

 

家庭内だけで作って食べてきたものを

何のチェックもなしに

ひと様にも召し上がっていただくなんて

そんな恐ろしいこと私にはできない。

 

 

 

じゃぁどうするか。

第三者機関を通して

安心安全の証明をいただく。

 

 

つまり商品化すること。

 

 

 

で、商品化するのって

どうやんの??????????

 

 


 

そんなところから

出会ったみやこんじょBizSchool。

 

 

 

参加者20名ほど。

すでに開業されて40年の

超ベテランの方から

私のような商品化や商品開発が

これからという、ひよっこまで。

 

 

 

そしてさすがBiz School

それぞれがブランディングしたい

すでに商品化・販売されている品物や

これからまだまだ

ブラッシュアップしていきたいものを

次から次に持参して

ご紹介してくださるので

休憩中にみんなで楽しんだよ。

 

 

 

そんな中私は

焼肉のタレを商品化したいとか

言ってるくせに

本物を持参して

皆さんに味見してもらうこともせず

 

 

しかも普段タレを作ってたのは母で

私はレシピすら知らないまま

3ヶ月の座学講座、通い続けましたよ。

 

 


あんた本当にやる気あんの?

って

たぶん側から見ればそんな状態 www

 

 


正直、持参して

どんな反応が返ってくるか怖かったので

勇気が出るまで先伸ばしてしてたのもある。

 

 

 

でもここは

実は今回

こだわった結果の行動だった。

 

 

 

もともとここに

私のぐるぐるループパターンがあって

何度も辛い辛い

こんな人間界の地球、嫌だって

繰り返してきてた。

 


 

クリアして

今度はどんな現実を創造できるか

っていう結構真剣な実験でもあったの。

 

 

 

人によっては

すごく頑張り屋で

なんでもできる

輝いてるまりちゃん

として見れくれている人もいる。

 

 


でも実際に

器用でない

要領よくない

時間の約束守れない

返信できないか時間かかる

すぐ飽きちゃう

あれしたらコレ忘れる

注意散漫で集中できない

でもたまに物凄い集中力を発揮する

考えをうまく言葉にできない

ふわっとした

超マイペースな

仕事できない系の私

っていう側面も私にはあって

 

 

 

「わたしは出来ないダメ人間」

っていうマインド前提の

足りない自分を埋めるためだったり

過去にこっぴどく叱られたトラウマや

厳しく教育されて

癒されぬままの傷がうずくままに

行動パターンがデフォルト化してたり

脳内上下関係を作って

この人の期待に応えなきゃとか

あの人にだけは

非難されたくないからやる

 

っていう潜在意識が

OSの基本設定の如く

自然現象として働いてたりする。

 

 

 

 

嫌われたくない

ガッカリさせちゃいけない

そこまでしなきゃ愛されない

そうでもしなきゃ私には存在価値がない

 

 

 

だからついつい無意識で

好きじゃないこと

やりたくないこと

不得意なこと

できもしないこと

をやりすぎてしまって

 

 

結果に満足することができず.......

 

 

 

なんで私ばっかり

こんな目にあわなきゃいけないんだろう

どうしていつも私だけ

こんな扱いされるんだろう

存在価値ゼロな私。

ここから消えていなくなりたい。

全部ぶっ壊して最初からやり直したい。

って思ってた。

 

 

 

コレがわたしの

何年か前まで

何十年もやってたぐるぐるループ。

 

 

当時は本気でつらかったーーーーー泣泣泣

でもいまなら笑える💓

 

 

 

ご自愛して

ここをクリアにした後の

人体実験は

 

 

オンラインサロンを運営して

仲間やメンバーさんと深く接する中で

あ 私変わったな〜♪って

何度も実感することができた。

 

 

 

次はリアルの目の前の世界。

しかも深い人間関係が育まれる

ビジネスの世界での人体実験は

今回が初めて。

(というかやり直しw)

 

 

移住、妊娠出産を経て

だいぶこの実験は先送りしてたので

ようやく、でした。

 

 

 

 

正直なところ

オンラインサロンを共同運営したり

時にはセラピストをしたり

コーチングしたりしてても

 

 

 

「専業主婦」「ママ」っていう

お役目はかなり重みがあって

 

 

 

私のライフスタイルは

仕事で忙しい夫に変わって

家事も子育ても愛犬2頭のケアも

ほぼ全て一人でやることが多い。




なんで普通の奥さん方みたいに

掃除洗濯料理家事出来ないんだろうとか

なんで普通のママみたいに

子育てというやつが

出来ないんだろうっていう

思いもよぎることもあるけど



キレずに不機嫌にならずに

可能な限り誰と一緒にいても

変わらず飾らず

夫と仲良くして

息子を毎日愛たい。

綺麗で美しくいるためのことをしたい。

たまにはどなたかとお茶をしたい。

湧いた思いをブログやインスタで表現したい。


多動で欲張りなので

もう毎日しっちゃかめっちゃか。

 

 

 

たまに実家に頼ったり

月極めの保育園に月の半分お世話になって

時間を作り出す工夫をしていても

もちろん意識で

時間を伸ばしたり増やしたり

することってできるけど

 

 

 

それでも

やりたいこと一つずつ

自分満たし一つずつ

全力投球するには

身体はひとつ

エネルギーには波があるし

時間に限りがある。




もうこれ以上、自分には

頑張りどころがないよーって

状況になっても

このループからクリアする前の私は

まだまだもっともっと

私は頑張らなくちゃいけないんだって

自分の首を締めて

締め続けて自滅する

っていう一人コントしてたw

 

 

 

今回は

状況状況で湧いてくる感情を

一個ずつ一個ずつ

丁寧に丁寧に拾ってあげて

大丈夫だよー

そんな風に感じてるんだねー

って

どんな私の感情が湧いても

ゲスくて腹黒くて

ドロドロしてひ弱な

どんな側面の私が現れても

丸ごとOKOK!


時にはそれを外に表現してもいい

弱みをみせて頼ってもいい。

恥ずかしい思いをしてもいい。


どんな自分を愛してもいいと

ゆるし

自分が自分の一番の味方。

 

 

とことん自分の姫な部分

女性性を愛し抜いてあげた。

 

 


 

ついつい

自分の存在無価値感説や

どうせ誰からも

愛されてない説

もっと頑張らなきゃお前(自分)は

まだまだ頑張れてない説を

タンスの奥から引っ張り出してきて



未完成な男性性で感情を無視して

カッコよく引き受けて

力づくでも結果を出したい!欲

みたいなのが

ムクムクムクっと

優位になりそうにもなったけど

 

 

 

とことん自分に寄り添う。

とことん自分を満たしてあげる。

愛を思い出す作業。

世界はこんなにも愛でいっぱいだったんだ説に

その都度シフト。



 

そして

いま私は何をするべきときなのか。

いま私は何を大切にしたいのか。

何を差し置いても

ここを感じることに時間をさいた。

 

 

 

Biz School

あんた本当にやる気あんの?

 

って突っ込んでたのは、

実は他の誰でもない心の中の私。

 

 


いま私は何をするべきときなのか。

いま私は何を大切にしたいのか。

結局私はどうしたいのか。


 

 

だから

焼肉のタレを商品化したいとか

言ってるくせに

本物を持参して

皆さんに味見してもらうこともしない

自分をゆるして愛し

 

 

普段タレを作ってたのは母で

私はレシピすら知らないままでも

時間を大切に過ごしながら

3ヶ月の座学講座、通い続けましたよ💓

 

 

 

 

でも

これで

まさかまさかの

自家製ダレを使った焼き肉丼屋さん

大当たり〜〜〜〜〜〜!!!!

に繋がっていくのです。

 

 

 

焼肉のタレプロジェクト2019回想ログ①〜え?なんで焼肉のタレ?ぼんちマルシェ編

焼肉のタレプロジェクト2019回想ログ②〜ぼんちマルシェBizSchool参加編

焼肉のタレプロジェクト2019回想ログ③〜ぼんちマルシェ結果編

焼肉のタレプロジェクト2019回想ログ④〜レシピを知らないまま商品化したいだなんて

くらしを楽しみ

わたしを丁寧に生きたい

プチひきこもりな私が

 

焼肉のタレプロジェクトをきっかけに

自分の家という安全圏から

一歩外へ踏み出し

地球で遊びはじめるお話。

怖がりちゃんの大冒険。

 

 

 

 

 

マルシェ出店。

 

 

これめちゃ大変だった。

舐めてたよ。

 

 

 

ありがたいことに

売れに売れたもんだから

死ぬほど疲れてガーン

 

 

 

おまけに翌日から

子どもに流行っている風邪をもらい

自分の喘息を併発し度々発熱もして

ずっと絶不調えーん

 

 

 

ありがたいことに

こんなはずじゃなかった😭と

思う日々。

 

ありがたいことに

なんで申し込んじゃったんだろう😭とさえ

思ったのであります。

 

(思考が現実化して

予定通りなんだよっていう

ツッコミは

自分でするので不要✋)

 

 

 

うちのチームは
悶絶級に美味しい焼き肉丼スープ付き
っていうのを100食限定850円で販売。
 
 
 
 
悶絶級に美味しいってのは
チームメンバーしか食べたことないから
他の人が食べてどうだかは
当日まで分からない。
 
 
 
むしろ当日
出店不慣れな私たちの
オペレーションで
どれだけさばけるか
ご提供できるか全く分からない
 
 
 
(というか自分自身が
容量悪くて不器用だから
やったこともない当日の動きに
自信がもてるわけがなかったw)
 
 
 
それにチームメンバーは6人なのに
当日
焼き肉丼屋に出れるのは
作ってくれる亀元さんと私の2人
www爆
 
 
 
2人で回せるわけないだろってことで
美人どころが2人助っ人に来てくれて
当日もう一人飛び込みでお手伝いしてくれて
 
 
 
結果
10:00-15:00の間で
120食以上出たよ。
 
 
当初目標は60食だった。
そこから、やっぱり80食まで頑張ろう。
いやいや
売れなかったら在庫どうするんだ。
自分たちで買い取ろう。
じゃぁもう少し頑張って
せっかくなら100食目指そう。
うん、怖いけどそうしよう。
という経緯があって
自分にできそうなことは
やったことなくても何でも
全力でやろう!って決めた。
 
 
 
 
ぼんちマルシェは
地方都市都城で毎月おこなわれている
出店数20店舗前後の
ゆったりとした感じのマルシェ。

 

 

 
どんどんどんどんオーダーをいただき
途中足りなくなったご飯を
亀元さんが買いに走ってくれて
予定以上にご提供することができた。

 

 

 

 

だから

もっとどうせ暇だろって舐めてたんだけど

 

 

要は、

 

 

 

中郷からきた自家製ダレの焼き肉丼

 

 

 

大当たり〜〜〜〜〜〜!!!!

 

 

 

だったわけなのです🎯🎯🎯🎯

 

 

 

 

この大当たりになるまでの道のりが

また摩訶不思議で.......

奇跡の連続でした。

 

 

 

え、なんでそうなるの。

これ、こんなありがたいもの

受け取っていいのかな。

 

 

 

と地方の姫ママは何度心の中で呟いたことか。

 

 

 

次はその辺り紐解いていきますね。

 

 

焼肉のタレプロジェクト2019回想ログ①〜え?なんで焼肉のタレ?ぼんちマルシェ編

焼肉のタレプロジェクト2019回想ログ②〜ぼんちマルシェBizSchool参加編

焼肉のタレプロジェクト2019回想ログ③〜ぼんちマルシェ結果編

 

オンラインサロンを
一緒に運営してる靖乃ちゃん。


いやぁ〜ご結婚おめでとう💓💓💓



靖乃ちゃんのブログ、
ちょこちょこ
私の名前が出てくるのが
密かにめっちゃ嬉しい💓
(神々しいだなんて恐縮です!)


私はブログをガンガン
書いてるわけじゃないから
靖乃ちゃんが私の事を書くメリットって
あんまりないと思うんだ。



でもこうして誰かの心に残って
幸せになるパスポートに
一つ二つスタンプ押せてたら
こんなに嬉しいことないわー!!!!
って思う💓



ゆるふわで何の苦労もしてなさそうとか
悩みなんてなさそうとか
幸せそうに見られて嫉妬されては
わざわざ挙足をとったりダメ出しや
マウンティングしてくる人が多い中で、
(あ、むかし私もやってたけどねw)



謙虚に私を伴奏者に選んでくれた
靖乃ちゃんが
私にとってはすごく新鮮で
ただ「自分も周りも幸せになることしか
選択しない」って決めてるだけだから
私のそこを見抜いた審美眼。
なんて素晴らしい感性の持ち主なんだろう
眩しいって思います。


ぼんぼりのような静かな柔らかな灯り
陰の月の光の価値を見つけて
受け取ってくれてありがとう💓






そんでさね、
私は誰に向けてでもないけど
いま言いたいことがあるんだ。



結婚してからが
人生はオモロイんだ😍
(一生独身貫いたことないから
そっちもオモロイかもよ)



パートナーは魂の双子



一緒にいればいるほど
相手のことを知れるし
分からない部分も
課題もわんさか出てくる。



はらわた煮えくりかえるくらい
すげームカつくこともあれば
え、この人
こんなにカッコいいところあったんや
って惚れ直すこともある。



両想いだから
結婚できたわけだけど
一生両想いなわけじゃない。



好きって思ったり
ときめいたりする機会は
自分で作ったり
引き寄せたりした方がいいし
でもそれ放棄してもいいし



おばさんになってくにつれて
自分を磨いて
大勢多数にモテててもいいし



パートナーという
たった一人の人からモテ続けるっていうのには
努力は必要かなって思う。



うちの場合は
旦那さんは
自由なマインドをもっていて
常に何かに挑戦して
自分を磨く事を怠らない人なので
たぶん
一生モテると思うから。
(口は悪いからそこんとこ
どれだけマイナスに作用してるかは
計り知れないw)



でもこれは
旦那さんに媚びるわけじゃない。



パートナーシップは
どれだけ自分と向き合えるか。



ありがとうが言えますか。
ごめんなさいは、どうですか。
それは嫌です、こっちがいいです
あれください、こうしてあげるね
言えてますか。



相手に向けて言う言葉は
自分に向けて言う言葉。



親やきょうだいとの関係も
浄化して改善するチャンスになるよ。



新たな自分のことも知れるし
知らない部分の光と闇の世界は
うんと広がり
ぐっと深まる。




結婚してからが
人生はオモロイんだ😍



でも一生独身貫いたことないし
結婚を途中で辞めたことないから
そっちもオモロイかもよー。



くらしを楽しみ

わたしを丁寧に生きたい

プチひきこもりな私が

 

焼肉のタレプロジェクトをきっかけに

自分の家という安全圏から

一歩外へ踏み出し

地球で遊びはじめるお話。

怖がりちゃんの大冒険。

 

 

 

 

焼肉のタレプロジェクト2019回想ログ〜ぼんちマルシェ編①はこちら

 

 

 

焼肉のタレの商品化について

漠然と

そろそろ動いてみよっかなー

何からしたらいいんだろー

と思っていた矢先

街中で何度も目にしたこのポスター。

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見てみると

え、これ、あなたのために

用意しておいたから入んなさい

ってことか?!

と思うような内容だった。

 

 

 

【都城まちなかBiz School】

 

▶︎理想のコンセプト

“好き”や“得意”をカタチにしていく

ノウハウを総合的に学びます。

都城市または都城のまちなかにある商品

(食品・農産物・サービスなど)を題材に

商品ブランディングや

まちなかのマルシェなどで販売体験を

行うセミナー。

 

 

なんとまぁ

うちの焼肉のタレが

お肉の美味しい街で愛されるために

わざわざ仲間を集めてくれて

みんなでプロデュースしますよー

って言ってもらってるのかと勘違い

しちゃうような内容ですw

 

 

 

しかもこだわりの強い私のために

“好き”をカタチにしてよい

という大前提で話を進めてくれるという、

講師・先生の言う通りにしろよ系

のセミナーではないということ。

なんてありがたい環境💓

 

 

 

▶︎理想の講師

おしゃれな野菜屋さん

宮丸商店のオーナーさん。

この方は、

ただの八百屋のおじさんではない。

(高良さん、おじさん言うてごめんなさい)

大手商社出身で現在も多方面でご活躍中の

バリバリのビジネスマン。

イベントプロデューサー。

 

田舎の裸の大将が講師だったら

絶対に参加しないけど

柔軟な発想バンバンでてきそうだし

おもしい世界を魅せてもらえそう💓

 

 

▶︎理想の場所

汚い古いビルなどが大嫌いな私のための

出来立てホヤホヤピカピカ

未来創造ステーション✨

ドリンクバーやお菓子食べ放題✨

 

 

▶︎理想の受講費

座学3回

マルシェ出店体験2回

その他セミナー

もろもろ込みで6,000円。

えw

お財布に優しすぎる🤯

 

 

▶︎理想の受講環境

未来創造ステーション内の

別室にて託児つき💓💓

 

 

 

 

 
 

難所

子どもを預けることの問題も

金銭的な問題も

商品開発ド素人の私でも

丸々OK

申し込まない理由がない.....。

 

 

 

息子を抱っこしながら

「ね?私なんかにはできませんよね?

こんなド素人の私にはついていけない

講座ですよね?」

と断る理由を考えつつ

窓口に行ってみたものの

 

 

予定通り

あたたかく励ましていただき

そんなあなたにピッタリです

と応援され

申し込んで帰ったのであります。

 

 

 

しかし実際スタートしてみて

座学までは良かった。

 

 

 

マルシェ出店。

↑これ

めちゃ大変だった。

舐めてたよ。

ありがたいことに

売れに売れたもんだから

死ぬほど疲れて、

ありがたいことに

こんなはずじゃなかったと

ありがたいことに

なんで申し込んじゃったんだろうとさえ

思いました。

 

 

焼肉のタレプロジェクト2019回想ログ①〜え?なんで焼肉のタレ?ぼんちマルシェ編

焼肉のタレプロジェクト2019回想ログ②〜ぼんちマルシェBizSchool参加編

焼肉のタレプロジェクト2019回想ログ③〜ぼんちマルシェ結果編

へ続く

くらしを楽しみ

わたしを丁寧に生きたい

プチひきこもりな私が

 

焼肉のタレプロジェクトをきっかけに

自分の家という安全圏から

一歩外へ踏み出し

地球で遊びはじめるお話。

怖がりちゃんの大冒険。

 

 

 

ずっと心の中で温めてきた

わたしの母の焼肉のタレを

商品化して世に送り出したい。

 

 

わたしの愛する母との

ともに生きた証になったらいいなぁ。

 

 

ストレートな愛情表現するのは

恥ずかしくて嫌だけど

家族みんなが愛する母の

家族みんなが愛する焼肉のタレの商品化が

家族みんな仲良くいられるように

きっかけみたいな存在で

あり続けられたらいいなぁ。

 

 

とにかくわたしたちにとって

美味しくて美味しくて大好き

母の焼肉のタレが

 

 

もし安心安全に誰かに手にとってもらって

あぁこれは美味しいって

笑顔になってもらえることができたら

それってすごーく素敵な素敵な

最高に素敵なことだと思う。

幸せなこと。

 

 

そのためには

とにもかくにも安心安全に

召し上がっていただける証明として

商品化しないと。

 

 

第三者機関にチェックしてもらって

安心して差し上げられて

安全に食していただけるように整える。

 

 

うん、

これ必要。

 

 

でも、怖がりちゃんのわたし。

本当に商品化なんてできるのかな。

右も左も分からぬ食のド素人のわたし。

失敗したらどうしよう。

まずい、嫌いって言われたらどうしよう。

鼻で笑われてたら

後ろ指さされてたらどうしよう。

どこの馬の骨か分からないような

あんたが焼肉のタレを?!って

ひかれたらどうしよう。

食のプロに100年早いわって

言われたらどうしよう。

お前がやるのは一家の恥だって言われたら

どうしよう。

どうしようどうしようどうしよう。

 

 

最初、素直にこう思ってた↑

でたよ。

被害妄想w

過去の記憶を引っ張り出して紐付けて

あみだくじして

ほらやっぱり私だから失敗したんだって

言いたい思いたい。

 

 

本音見つめまくって

掘りまくると

最終的には

 

本当は私は護られてるから

結局ひっちゃかめっちゃかで

上手くいっちゃうんだろうな。

一人で訳わからんうちに

ふー終わったーなんとかなったぞ

とか言ってそうやん。

 

 

っていう安心できる領域に落ち着いてw

 

 

さてさて

じゃぁ何からおっぱじめようかねー

ひぇーこわい

って思ってたら

 

 

え。用意されてた?

って思うようなタイミングで

 

理想のコンセプト

理想の講師

理想の場所

理想の受講費

理想の受講環境

の地元のビジネススクールが

はじまることになったのでした👏

 

 

 

焼肉のタレプロジェクト2019回想ログ②〜ぼんちマルシェBizSchool参加編

焼肉のタレプロジェクト2019回想ログ③〜ぼんちマルシェ結果編

へ続く

 

 

 

 

💓お知らせ💓

シェラトントークライブの動画は

1,000円→5,000円になりました♪