ディアブログ

“暗闇からの使者”ディアブロ 

生年月日/1971年12月27日  身長/172cm 体重/95kg

デビュー/1994年9月23日 博多スターレーン vsアステカ

所属歴/フリー(94~95)⇒西日本(95~96)⇒フリー(96~00)⇒
華☆激(00~09)⇒フリー(09~)


得意技/悪魔首折り弾、ディアブロドライバー、あらゆる反則攻撃


入場テーマ/These are fire in the house/Steve Vai


鍛え上げられた肉体から繰り出されるパワーファイトはもちろんのこと、チェーンやパイプ椅子を使った暴威の数々で、対戦相手や観客を恐怖の底に陥れるヒールプロレスラー。


新日本プロレス、全日本プロレス、プロレスリングノア、DRAGON GATEほか様々な団体にも参戦し、藤波辰爾、ヒロ斎藤、秋山準、獣神サンダーライガー、井上亘、エルサムライ、スペル・デルフィン、ドスカラス、エルソラール、TAKAみちのくなど数多くの強豪とも対戦を果たしインディーながらその存在感をアピールする。


現在はIWCインターナショナルウェルター級、第7代WDW王者である。(2019年11月現在)


2015年9月には、デビュー21記念大会「悪魔生誕祭」を開催、2019年9月にデビュー25周年を迎えた。

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

7/19 ちがさきプロレス

     ちがさきプロレス
『 旗揚げ4周年記念大会 』

7月19日(日)

神奈川県・湘南スタジオ


新生チーム・ハイブリッドvs反茅ヶ崎同盟

伊藤崇文&飯塚優&○安藤雅生
( 8分48秒  腕ひしぎ逆十字固め )     
ディアブロ&フレディ・クルーガー&サザンシャーク●



試合復帰!

小田原到着!


俺がホームに降りたら、一気に陽が差してきやがった。  歓迎らしいな。

本日、ちがさきプロレス参戦!


肩のケガと、コロナの影響で、4ヵ月ぶりの実戦となる。

復帰の舞台に、ちがさきを選んだのは湘南スタジオという、ボディスラムすら出来ない天井が極端に低い会場で、プロレスラーを名乗る連中が、いかに頭を使い自分の存在感を残すか。

要はプレイヤーとして、非常に難易度の高い会場だからだ。
敢えてテメぇに高いハードルを課したというワケだ。

ピョンピョンやってる奴らの持ち味は完全に消されるぞ!

そして、これから俺は更に試合数を絞って活動していく事にした。

ちがさきプロレスは、俺の試合が見れる数少ない団体だ。90席限定らしいが、テメら、しっかり感染対策をして会場に来い!

  久々に体中の血が沸点に達するな!

       ぐわははははは~


勝守


久しぶりの投稿となる。

前回の記事投稿から、全くブログを見る事も書く事も気にする事もなく。

実に平和な日々だった。肩も治療の効果が出てきて調子は、まぁ上がってきた。
痛みに耐えながらの、トレーニングは毎日続けている。

ステイホーム中でジムがクローズしていても、家トレは欠かさず。
今は、肩の治療とジムと家のトレーニングで実戦復帰に備える。

コロナ以前より確実に練習量は増えているし、この年齢にして最近にねぇ、カラダの張りを実感している!

そんな中、ディアブロのマスクを手掛けてもらえている、今井氏より、勝守が届いた。


東京・神田明神で実際に販売している御守。  悪魔が神域の何かしらを保持する。



  紅いな。  実にいい色だ。



今井氏は、デカい、ザクヘッドも送ってくれた。 元は、ガンダムも実際に書いていた、アニメーターだった人。

同氏から、ごっちゃんしたガンダム関係の家宝は数知れず。
マニアが見ても目ん玉飛び出るぞ!!


さて、自粛解除もされ、業界が大会の形態を変化させつつ、動きだしたな。

実際、複数の団体から試合のオファーがあったものの、肩の件もあり断ってきたが、ぼちぼち闇の爪を磨ぎだすとする!


また気が向く事があったら書くとする!








プッシュアップは不可能

岐阜県にも独自の非常事態宣言が発令された。 コロナ陽性は増えるばかりで遂に3ケタ到達。

不覚にも、プロテインが切れてしまったので繋ぎ用のモノをと思い、某量販店に向かったが、駐車場満車で入れずバカ負けして帰ってきた。

さすがにジムにも行くワケには行かず、
自重トレの日々(ジムは絶賛営業中みてぇだ)。

ウォーキング、ヒンズー、プランク・・
ただ、肩がクソ痛てぇので、プッシュアップは未だに出来ず。クソ肩に、クソコロナ!



そして、本日は桜花賞。
クラシックが無観客競馬となろうとは。

阪神競馬場は現在稍重。
馬場悪化すれば人気馬、吹っ飛ぶ可能性大なので、しばらく様子見だ。

俺の今のところの、◎は、サンクテュエール!

 結果や、いかに?!





加藤戦延期と吉野との約束

早かったな。夢闘派プロレスの延期の決断は。

前回の記事で書いたが、今はプロレスなんかやっている場合じゃねぇ!
感染したら、テメぇひとりの問題じゃ済まねぇんだ! 


5・2夢闘派プロレスの延期は当然想定内であった訳で、『中止』という選択だけは絶対にさせないと、吉野と約束を交わした。 ヤツも男として、そこは『延期』
で納得したはず・・

もちろん強引な納得のさせ方だがな、
   ガハハハハ~!
あの野郎、コロナを理由に加藤戦をなし崩し的に消滅させるかも知れねぇからな。
巨大な釘を刺しといた訳よ。

しかし、加藤も、よくよく運のねぇ男で
今の俺なら肩を攻撃したら短時間で勝てた可能性があるもんを、
俺にパワーアップする時間を与えてしまったな!

コロナが収まり、改めて日程の発表があるであろう。

加藤、その時はコロナの残党と共に貴様も消え去るのだ。  
そういう運命なんだ!  テメーは!!





1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>