No,903

☆ 装甲騎兵ボトムズ SAK1/35 スナッピングタートル その2 比較の続き

 

タカラSAK1/35スナッピングタートルをもうちょっとだけ 比較してゆきます

まずはセブンのスナッピングタートルから

スコープドッグ・ブルーティッシュドッグとあわせて全3種のセブン版  

フックトイですが サイズは1/48ということでアクティックギアの始祖的完成トイですね

つぶれ気味の頭部・ボディー  やたらと大きなスワンピークラッグなど 

全体的な雰囲気は結構似ている気がします

セブン版 後方も腕は肉抜きがあるものの結構ディテールは作りこまれています

スワンピークラッグも差し替えでちゃんと使用状態にできます

大きいアーマーも似てますね

 

続いてボトムズガムのスナッピングタートル

ボトムズガム版はアレンジの効いたデザインなので 一味違う雰囲気が漂っています

角ばった頭部が面白いですね

ボトムズガムも食玩の先駆けですが良く出来ています

ここまでの比較のスナッピングタートル集合

この辺までだと 思った以上にSAK1/35版の造形も悪くはない感じがしてきます

 

あと 同じくらいのサイズのMO-CRAFT版

1/48スケールのガレージキットになりますので さすがにスタイルは素晴らしい造形です

この辺と比べると やはり脚部が詰まった感じなのと ボディーがつぶれ気味という感じでしょうか

MO-CRAFTの方はリベットが強調されていて 良い感じです

まあ 今回も可動拡張改修しながらの作業ですので プロポーション優先にはいかないのですが なんとなく方向性は見えてきた感じはします

 

こうして比べてゆくと そんなに問題点も無いようにも思えてきたりするのですが 今回は1/48サイズの小さな物との比較でしたが 次回は 更に改修ポイントを探るべく アクティックギアやSAK1/24などとの比較をしながら考えてゆきます