インスタ映えだと

テーマ:
本日は鶴田中学校の文化祭がありました

随所にインスタ映えスポットが作られていて時代を感じましたw

思春期な中学生がインスタスポットでは写真を撮らせてくれてましたw

まぁ富士見湖パークにも

こことか
最近だと

このとかあるが

やっぱりみんなやること同じだね
すぐ見つける


逆にこちらがいいとこ教えて欲しいかもw

観光案内所あるある

テーマ:
道の駅つるた観光案内所勤務
エリンギ先輩

受付に来た方が

観光客「この辺で鶴の舞橋の他に見るところってどこありますか?」


エリンギ先輩「この辺ですかぁ?そーですね」


実はこの時点でもう距離の誤差が発生している

エリンギ先輩「・・・(気付いた)このへんってどのへんですか?鶴田ってことですか?」


ちなみに正解はお察しの通り近隣地域のことでした

しももお手伝い程度で観光案内所にいることがありますが、観光客と地元民の距離感覚はかなり違う


例えば

鶴田から斜陽館は30〜40分くらいですと言えば

「あ、すぐだね」

そこから高山稲荷行きたいんだ!それで泊まるのは浅虫温泉


もうね、、、頭ナビぐるぐるですよw
一応ルートと時間的に高山稲荷行ってから斜陽館行って青森市内がスムーズだと思うんですがと言ったら

「斜陽館から高山稲荷遠いの?」

いや、ナビ設定がどのルートかにもよりますが、1時間はかからないはずです

私は迷うことを想定して一応多く見積もって伝えた

「斜陽館が30分で高山稲荷がそこから1時間かからないのね、大丈夫だね!」


どこからその自信が、、、

ちなみに鶴田から不老ふ死温泉も近いと思われている

「海岸線まっすぐでしょ?」

えーと、、、それはそーなんだけどw

距離感覚の温度差激しい爆笑



野生児を伝承します③

テーマ:
私が小学生の頃は、自然がおもちゃになった
というか、それが楽しかった
今ほどゲームもないからね
あってもゲームウォッチw←歳バレるw

最近そーゆー遊びを親子に話すと逆に食いつく事を感じる
その1つが笹舟

これに関してはガイド仲間のれっちゃんまで食いつくw






この画像は春のものなので富士見湖満タンの時です

ミコパを散策してると子どもの頃の遊びを思い出すのが最近の楽しみ