Under the Same Sky

Under the Same Sky

みんな同じ空の下で生きている。

自炊や外食のB級グルメを中心に、自由で孤独なシングル親父「★≡Dai≡★」が仕事や音楽のことなどと共に日々の雑感を書いております。

10日ぐらい前やったかな〜

とにかくだいぶ前にスイカを買って、冷蔵庫に保存しておいた。

そして昨夜「いい加減に食わないと…」と思い、出してきてラップを剥がした。


うん?

表面はヌメっとしていて、けっこう傷んでる。。。

食ってみても、大して甘くない (¬_¬)


まぁでもオレ的に赤い部分はそれほど重要ではないので、半分ほど食ったらすぐにそのまま漬物制作へ取りかかった(笑)。


そして今朝には、アニキ(焼鳥屋の大吉ではちょっと古くなった鶏肉のことをこう呼ぶw)スイカの一夜漬けが完成〜🎵


う〜ん!

さすが「King of 漬物」は、やっぱり美味い!


でも今回は、唐辛子をちょっと入れ過ぎたかも。

これはたぶん、相方なら一口も食えないな (^◇^;)


ところで皆さん、スイカの種はやっぱり出す?

オレはすべて食います ( ^罒^ )v


昨夜の豪雨がウソのように晴れ上がった午後、ランチには超一流のダシを味わいに「辨慶」の淀店へ。


★きざみきつねうどん 750円

★山菜トッピング 150円

★麺を2玉へ増量 300円

-------

税込合計 1,200円


カレーうどんを食わない時には、最近この組合せが定番になってきた。

でもこのトッピングと絶妙スープのコンビネーションが、めちゃくちゃ美味いんよね〜✩.*˚


というわけで、今日も完飲(笑)。


+++++++


昨夜は仕事帰りにスーパーへ立ち寄ると、閉店前のタイムセールが絶賛開催中。

オレの目の前で次々と半額シールを貼ってくるから、これはもう買わないと仕方ない(笑)。


◆いかの天ぷら2本 196円→98円

◆にぎり寿司10貫 480円→240円


なので昨夜は「にぎり寿司+天ぷらにゅうめん」という半額ディナーになり、ヒジョ〜にコストパフォーマンスに優れた夕飯になりました (^_-)-☆

午前中は大雨に見舞われ、少し小降りになった午後には「ザ めしや」の京都伏見店へ。


★しば漬け 無料

★季節野菜の高野煮 253円

★トロさば煮付 330円

★大めし 209円

★おくらの白和え 165円

★昆布うどん 462円

-------

税込合計 1,419円



高野豆腐と一緒に煮てある季節野菜というのは、ナスビ・おくら・冬瓜の3種類。

では何で夏野菜なのに「冬瓜(とうがん)」と呼ぶのかな?

というわけで、調べてみました (^_-)-☆


冬瓜は夏に収穫される「夏野菜」だが、冬まで貯蔵出来るからこの名前が着いたそうな。

へぇ〜〜〜〜〜!

勉強になるわぁ〜〜〜♥(笑)

こないだ姫路のスーパーをウロウロしていたら「出石風焼そば」なるものを発見したので、思わず衝動買いしてしまった。


出石(いずし)って信州から伝わった和そばが有名やけど、焼そばもあるんか〜?

そんなことを思いながらパッケージを改めて見てみると、全然ちがうやん!


書いてある言葉が「出石」ではなく「出店」やん!

オレの目、かなりヤバくなってきたな〜( ̄▽ ̄;)


というわけで、今朝の出勤前に「出店風焼そば」を食ってきました(笑)。


◆阪やんのピーマン

◆緑豆もやし

◆出店風焼そば2玉


出石であれ出店であれ、袋入りのインスタント焼そばはやっぱり裏切らない。

美味かった〜〜\(^o^)/


昨夜のおやつは、ビアソーセージをフィーチャーしたサラダ ( ^罒^ )v


◆レタス

◆阪やんのキュウリ

◆阪やんの新玉ネギ

◆カイワレ

◆ビアソーセージ

◆自作ドレッシング(オリーブオイル・お酢・砂糖・醤油・おろしニンニク・粗挽きコショウ)


このビアソーセージ、生野菜とよく合う (^_-)-☆


今日はなぜか午前中から「塩元帥」の「ゆず香る塩ラーメン」を食いたくて、昼を過ぎてから胸躍らせて行ってみると休み (´・ω・`)

仕方がないのですぐ近くにある個人経営の人気ラーメン店「ほそかわ」へ行ってみたら、何とそこも休み (꒪д꒪II

そこでオレは気がついた。


『これは盆休みか〜〜(꒪⌓꒪)』


しかしオレの口はすっかり「ラーメンが欲しい!」になっていたので、車を10分ほど走らせて京都発祥の老舗チェーン「ラーメン横綱」の本店を目指した。

するとそこは、ちゃんと開いていた〜〜〜\(^o^)/


★チャーシューメン大 980円

★中ライス 80円


オーソドックスな豚骨醤油スープ。

入れ放題の国産ネギとヤンニンジャン(ニンニク入りの唐辛子調味料)をたっぷり入れて、さすがは「天下一品」と双璧を成したチェーンだけあってやっぱり美味い✩.*˚


姫路からの帰り道でふと「今晩は焼肉を作ろう!」と思い立ち、そのとき目の前にあったスーパー「ライフ(あの『ザ めしや』の親会社)」へ入った。


そして、そこで買ってきたものがこれら。

◆オーストラリア産シマチョウ 122g

◆北海道産ボイルほたて(大)6個

◆オーストラリア産ハラミ 210g

◆オーストラリア産レバー 90g


そして家にあった野菜。

◆阪やんのピーマン

◆阪やんのナスビ

◆レタス


いつものようにホットプレートの上にクッキングシートを敷いて、あと片付け簡単バージョン(笑)。


それより今日は、買ってきたハラミを見て唖然。

めちゃくちゃ細かい!

スプーンが欲しくなるほど、細かく切り刻んであるのだ。

それにレバーも薄っぺらくて、厚さ3ミリほどしかない!


今後は二度と、この「スーパー・ライフ」では肉を買わないようにしよう (- - #)


こちらは、朝に姫路で食ってきた「日清焼そば・大盛り1.5」。

やっぱり美味〜〜い ( ^罒^ )v

今日は終戦記念日なので、ベトナム戦争時代に代表的な反戦歌の一つとして支持された楽曲を再投稿させていただきます。

 

元々はアメリカのトラディショナル・フォークソング(いわゆる民謡)で、起源については諸説あるようです。

19世紀の南北戦争の時にはすでに歌われていたと言われ、さらにその100年も昔のアメリカ独立戦争の時代にもさかのぼるという説や、もっと古いイングランドに起源があるという説もあるらしい。

歌詞の内容は女性の心理を歌ったもので、ジョニーという名の恋人が戦地へ向かうので自分も一緒に行くと訴えるものです。

 

PPM(ピーター・ポール&マリー)のピーターが伝統的な形を元にして、3声のハーモニーが活きるように歌詞と旋律を整え1962年に発表しました。

日本では「悲惨な戦争」という邦題が付けられています。

 

この曲は女性が歌うべき楽曲なので、今回はオレの限界ギリギリまでの高いキーに挑戦してみました。

そしてこの曲の何よりの魅力はその美しいコーラスなので、ちょっと真似をしてオーバーダビングで低いオッサンボイスを重ねています(笑)。

 

The Cruel War(悲惨な戦争)/ PPM(アコギ弾き語りカバー 歌詞訳詞付)

↓↓↓

 

キャッチフレーズ「二時間の幸せを」でおなじみワンランク上の食べ放題焼肉店「ワンカルビ」の「ワン・ダイニング」が運営するしゃぶしゃぶ専門店「きんのぶた」へ初見参。

 

入ったのは「姫路今宿店」でお盆の真っ最中ということもあって、予約していない人は1時間待ち。

でもまぁ別に急がないし今日はどこへ行っても同じようなもんだから、電話番号を告げて車内で待つことに (^_-)-☆

 

そしてほぼ1時間後に電話が入り、やっと店内へ案内された。

あの「ワンカルビ」と同じく広くて清潔な店で、おまけに店員さんがみんな礼儀正しい (;^ω^)

 

注文したのは「和豚もちぶた食べ放題コース(税込3,608円)」で、オレは60歳以上なので「シニアコース」となり税込3,245円。

何か、嬉しいような嬉しくないようなミョ~~な気持ち(笑)。

 

まず驚いたのが、スープを16種類の中から3つを選べるってこと。

↓↓↓

 

これだけあるとただただ悩んでしまうけど、選んだのは「利尻昆布だし」と「美肌豚骨だし」と「香るゆず塩だし」。

↓↓↓

 

最初に出てくるのが、これだけの材料。

↓↓↓

 

そして食べ放題メニューはめちゃくちゃ豊富で、これまた驚き。

↓↓↓

 

豚骨だしの場合は、このモロヘイヤのタレに漬けてどうぞと勧められた。

 

鍋具材の一部。

しゃぶしゃぶに、海老やらホタテを入れる?(笑)

 

鍋用の追加具材は野菜も肉も思いっきり食ったけど、サイドメニューもた~~くさん注文した (;^ω^)

 

ローストビーフユッケ風 国産大根おろしを添えて

 

とうもろこしの天ぷら

 

若鶏の塩唐揚げ~塩麹使用~

 

柑橘香るイカ素麺 ~おろしマヨチーズソース~

 

ミミガーおろしポン酢

 

国産豚の一口ヘレカツ

ホルモンの天ぷら

 

腹いっぱい食ったけど、結論としてスープは3種類も必要ない(笑)。

内部の仕切りのない鍋で、ゆっくりと食いたかった (;^ω^)

 

そしてサイドメニュー。

どれも一級品で美味いんだけど、一般ピ~ポ~なら鍋と一緒にこれだけの種類は食えない(笑)。

なのでワンランク下の「税込3,058円」のコースでも、じゅ~~ぶんである (^▽^;)

昨晩姫路へ入って、相方はすぐに夜勤へ。

そして寝たり起きたりで留守番していたら、朝に帰ってきた相方が今日もメシを作ってくれました (^_-)-☆


♥相方製・玉ネギとワカメの味噌汁

♥相方製・クリームチーズの野菜サラダ

♥相方製・ニンジンとごぼ天の煮付け

♥オレ製・阪やんキュウリの白ダシ漬け

♥相方製・オクラの豚肉巻き

♥オレ製・阪やんナスビと阪やんシシトウの炒め浸し


唐辛子をかなり控えめに入れたオレ製の漬物はオレ的にはほとんど辛味がなかったんだけど、相方は一口食って「うぅ!!!」と叫んでそのまま「ウェ〜!(  ・᷄ᯅ・᷅ )」と泣き出した。

相方が辛いものを苦手なのは知っていたが、ここまで弱いとは思わなんだ〜(^◇^;)

ちなみにシシトウも少しだけ辛味があったけど、相方にとっては「激辛」らしい(笑)。

日本では、間もなく77回目の終戦記念日。
第二次世界大戦が終わってからこれだけの年月が経っているのに、世界のあちこちではまだ武力による紛争や衝突が後を絶たない。

そんな今日は、マイケル・ジャクソンが遺したメッセージソングを弾き語りました。
1991年に発表された作品で、タイトルは直訳すると「世界を癒そう」という「Heal The World」です。

+++++++
There are people dying
If you care enough for the living
Make a better place
For you and for me
死にかけている人々がいる
君が生命を大切に思えば
世界はもっと良い場所になる
君のために そして僕のために
+++++++

最後にこのフレーズが何回も繰り返され、マイケルの強い思いが伝わってくる。

今回はアコギを使って弾き語り、サビの部分にだけシンセで音に厚みを付けました。
キーは原曲から2音下げましたが、それでも最後に2回も転調されるので死にそうになって歌っています (;^ω^)

Heal The World / Michael Jackson(アコギ弾き語りカバー 歌詞訳詞付)

↓↓↓