公文式道明寺・レインボー教室

公文式道明寺・レインボー教室

毎月配布している「みんにゃ くりあんさす」教室でのこと、そして趣味、コレクションなどをブログに載せます


テーマ:

新学期です。

希望に胸膨らませて迎えた新しい学年にいつまでもその希望が続くことを祈る私ですが、些細な事が原因でその新しい環境になじめず、傷つき、自信をなくしたお子さんを診ると、なくした自信や傷ついた心を取り戻すために公文学習をお勧めしたくなります。

 

また、折角公文で中学教材を先取り学習してくださるようになったのに「中学生になったから・・・」「友達が塾に行くから・・・」と、教室を去って行かれると、なんとも言いようのないむなしさ、寂しさ、残念さ、悔しさ、もったいないな~~等々が私の脳裏を去就します。

「会うは別れの始まり」とは申しますが、せめて、中学教材を終了してほしいな~~、いいえ、高校基礎課程教材を終了してほしいと思うのですが・・・。

 

公文は小学生の時、おまけに低学年の時だけと思い込んでおられる方が未だ未だいらっしゃると私ども公文関係従事者がもっともっと世間へ伝達しなければと思うと同時に、伝達力の無さを反省させられます。

そして、諦めることなく、いろんな形で伝達し、かつ実例をより多く出すしかないと頑張っているのですが・・・。

 

先日も中学2年生の半ば(数学H教材後半)で教室を去られたお子さんが高校合格の吉報をもって教室に来てくださいました。

「それでも、数学は今でも大好きな教科です」と嬉しいお言葉を頂戴しました。

そうです、基礎は公文でしっかりつけたと自信をもって言わせていただきます。

また、教室を去っても、私を忘れず、こうして報告に来てくださることもとっても嬉しい事でもあります。

 

くもんメソッドができ来年で60年にもなりますと、最近では入会を希望されるお子さんのご両親が公文学習経験者というケースも多くみられるようになりました。

そんな時、私は必ずご父兄にお聞きすることがあります。「どこの教室でしたか?」「先生のお名前は?」と。

お返事に「さあ~~、名前までは知りません」「だいぶ前の事なので、先生の名前は忘れました」と申されると、私はとっても寂しさを感じます。

おそらく、その先生もその子のことを思って、熱心に、懸命に指導されたのだろうと思います。

なのに、先生の名前を知らない、記憶に残らない、残っていないなんて・・・。

そんな指導者にはなりたくないのです。

「1、2年で教室を去られた方なら仕方ないけれど、こんなに長く教室に来てくださっているのだから、そのお子さんの心の中に入っていきたい、誠心誠意、懸命に、熱く、指導したい」と思うのです。

教室の子供たちが親になり、自分の子供に公文教室に通わせることになった時「僕(私)も公文してました」「どこの教室ですか?先生の名前は?」との質問に間髪入れず「高〇先生です!」と即答してくださるような、お子さんの心の中に入っている、かけがえのない指導者でありたいと願い、研鑽に励む私です。

 

道明寺ではもう40年近く公文教室をさせていただいており、教室のお子さんがお父さんになりお子さんに公文をさせる時「同じ行かせるのだったら高〇先生の教室に行かせたい!」と私の教室に来られたことがありました(うれしかったな~~)。そのお子さんも今では某関西難関私立大学の大学生になっておられます。

かたや、レインボー教室は、まだ引き継いで5年目ですので、そんなお子さんになっていただきたく、懸命に手直し進行形ですので御理解と御協力のほどよろしく御願いいたします。

 

入会されるとき、必ず「公文教材は、全国、どこの教室も同じ教材ですが、それに指導者それぞれの教材の与え方はちがいます・・・」と説明させていただきます。

毎日毎日宿題を分けてされる子、1日でやってしまう子、教室の前日に済ませる子、教室に行く直前に済ませる子と十人十色です。

どの子もまじめに公文学習に、そして宿題に取り組んでくださっている事に間違い有りません。それをどうのこうのと言うのでなく、それを認めてやる指導をしてやることが大切だと私は思っていますので、些細な事でも、本音で御相談くださることを願っています。

 

今年度もこんな私ですが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

「〇〇ちゃんは宿題たくさんするんだって!なのにあんたは・・・」

「△君は□教材をやっているんだって!なのにあんたは・・・」は禁句!

 

             2018年4月

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。