Blog journal 
le 2 octobre 

皆様、こんにちは😃
今日は、心地の良い秋の風が吹く
天気になりました。

先日、常連様に頼んだワイン🍷を
届けていただきました。
2001年のシノン。
どうかぁ〜〜と思いましたけど、
このシノンは、私が初めて
高校生最後の秋に、
親父に進められて飲んだワインで、
とても印象深い思いでが!

ビールは、飲むのに時間がかかったが、
ワインや日本酒は私の口にすぐ慣れ、
驚いきました。
 
さて、前にも書いたのですが、
フランス文学のバルザック故郷である
ロワール地方のワインで
ロワール河はトゥールより50キロほど
下流でもう一つのヴェンヌ河と
合流しますが、ここにシノンがあり、
その北岸がブルグイになっています。

そうそう、あの有名な
ジャンヌ ダルクの出身地で、
歴史的にも有名な場所です。

ロワール地方の赤ワインは、
アルコール最低含有量は9.5度とされ、
比較的軽いワインを産しており、
飲み口のよい、爽やかな、
ルビー色の赤ワインです。
どちらかといえば、
ブルグイの方が固く、熟成時期も
長くかけた方がよいとされる。
ブーケは、シノンがスミレ、
ブルグイは、木苺ですが!

赤ワインといっても、
ステーキなどの肉料理よりは、
仔牛の料理、仔羊の料理などに
良くあいますよ!

私なら、ウサギをシノンで料理して、
それを召し上がる時には
ブルグイを飲みたいですね。
月見をしながら!

読書も!


岐阜各務原フランス料理店🇫🇷
ビストロデコラソン
スタッフ募集中!
058-383-5822