高校1年生・2年生の校内実施ベネッセ模試11月分の成績表が返却されてきております。

大学受験では学校の定期考査より模試の偏差値の方が重要度が高い(だからといって定期考査を疎かにはできませんが)、だから順調に偏差値アップしているかは、一番気になるところです。

 

今回は返却されてきた模試結果の中から、偏差値アップ事例をご紹介致します。

高1(M高校Aさん)

中3時五ツ木模試では最高偏差値59→高1の今では全国偏差値70.2(学年一桁)に成長!

他、COLORS指導部門生は、ほぼ全生徒が7月模試から英語の偏差値がアップ!!(偏差値ダウン事例は、元々高偏差値とっていた子が若干偏差値が下がってしまったケースのみ)

このクラスは、高校受験を通して「頑張ることの大切さ」や、「高校入学後の勉強の仕方や意識の仕方」を理解して、本人たちが高校入学後にちゃんと意識を変えて、真面目に取り組んできた結果です。本当君たちは凄いです!そして、もっとできる、もっと伸びる!

 

②高2(H高校 Bくん)

高1 7月模試全国偏差値57.3→高2の今では全国偏差値66.9(学年一桁)にアップ!

高2クラスでは先日生徒面談を行い、志望大学や進路先へ向けてのことを各々とお話しました。冬期講習では「いよいよ受験勉強の開始」をテーマにやっていきます。自分の将来に向かって、頑張る時です!

 

COLORSでは、「もっとCOLORSを知ってほしい」ため、

中1・2、高1・高2のCOLORS指導部門では冬期講習が外部生受講料無料となっております。

この期間に是非、COLORSで一緒に切磋琢磨してみませんか。

短期間でも「自分のために頑張る」ことができるように、「自分で自分を変えていきましょう。」