山中優|写真家|foosha.

山中優|写真家|foosha.

「楽しいから撮るし楽しいから笑うし楽しいから書く?」
とても意味の薄いことを、心を込めて書いています。タイムラインに流してまで読んでもらおうと思わないけど、誰かの何かにちょっとでもハマってくれたらそれだけで嬉しい。
【5行/5分以内/35mm/月300件目標】

 

改めてお知らせしますと、

 

いつからかこのブログはEOSKissX7+EF-S24mmF2.8で撮った写真を使って

 

投稿しています。

 

(それまでは、同じ画角のレンズだけどもっと上位機種で撮ってました)

 

 

 

家庭で使う軽くてシンプルで安いカメラはどれだろう、と

 

4月頃中古で購入しました。

 

結果、カメラが21,000くらい、レンズが12,000くらいだったので、

 

33,000円で”家族カメラ”が買えるのです。

 

とnoteに書いたところ、大橋さんがそれをソッコーで買って、

 

先日バルーンを受け取りに来ていただいたときの写真が今日のモノです。

 

大橋さんちのEOSKissで大橋さんファミリーを撮っている山中を、

 

山中のEOSKissでスタッフあよちゃんが撮ってくれました。

 

いい写真だなあ。

 

 

 

 

 

初遠足でした。

 

コロナの影響だな、年少さんから年長さんまでが一堂に会することができたのは、

 

今日が初めてでした。

 

僕も撮影仕事が入っていたのが、急遽延期になり、

 

奇跡的に参加することができました。

 

昼間からこうして一緒にいれることができるのは、最高だ。

 

海の家を貸し切ってもらって、ビールが飲みたいのを我慢できたのは、

 

ずいぶんお利口さんになったもんだ。

 

 

 

 

プライベートカメラにEOSkissX7+EF-S24mmという装備を持ち、

 

フルサイズ換算で画角35mmというセットを楽しんでいます。

 

やってみたかったのが、スタジオにお客さんが来てくれて、

 

駐車場へお出迎えへ行く、その流れをプライベートカメラで撮れたら。

 

応接であーだこーだ、ひさしぶりですねーとかお変わりないですかーとか

 

言いながら、そういうオフの時間をプライベートカメラで残し、

 

さあ、撮影しましょう!となったら本気のカメラに変わる。

 

オンとオフの切り替わりがおもしろいんです。

 

初めましての方にはできないけど、ずっと撮らせてもらってる親しいご家族には

 

そんな遊びもできる。以上でーす