※福音動画 「アブラハムとイサク」を作成しました。是非福音伝道用にお使いください。これをご覧になった全ての方がイエス・キリストを信じ救われますように。

 

 

【福音動画】 聖書解説 アブラハムとイサク ~信仰の試練~ 【創世記22章】

 

 

アブラハムが自分の息子をささげる物語です。これは神さまがアブラハムに与えられた究極のテストです。もしも、聖書の中でもっとも素晴らしい章を10章選ぶとしたら、創世記22章をその中に入れないわけにはいかないでしょう。このことで、神さまが罪人を救われるためにはいのちが犠牲にならなければならないことをも示しています。人間の中にはその犠牲となる価値のある人はいません。神さまの御子だけがただひとりその価値のある方です。

 

 (創世記22:1)「これらの出来事の後、神はアブラハムを試練に会わせられた。神は彼に、『アブラハムよ』と呼びかけられると、彼は、『はい。ここにおります』と答えた。 

 

(創世記22:2)「神は仰せられた。『あなたの子、あなたの愛しているひとり子イサクを連れて、モリヤの地に行きなさい。そしてわたしがあなたに示す一つの山の上で、全焼のいけにえとしてイサクをわたしにささげなさい。』」

 

 (創世記22:9―10)「ふたりは神がアブラハムに告げられた場所に着き、アブラハムはその所に祭壇を築いた。そうしてたきぎを並べ、自分の子イサクを縛り、祭壇の上のたきぎの上に置いた。アブラハムは手を伸ばし、刀を取って自分の子をほふろうとした。」 

 

アブラハムは神さまがイサクを死者の中からよみがえらされると信じました。

 

(へブル11:19)「彼は、神には人を死者の中からよみがえらせることもできる、と考えました。それで彼は、死者の中からイサクを取り戻したのです。これは型です。」 

 

今日神さまのものである人たちをテストされるのです。神さまはアナタも私もテストされます。そのテストは私たちの信仰を強め、私たちを建て上げ、そして神さまのお役に立つものにするために与えられるテストです。アブラハムはここで最上級のテストを与えられ、神さまはこのあと、アブラハムになにひとつ要求されることはありません。 

 

アブラハムは、神さまご自身が小羊を備えてくださると言いました。彼らは雄羊を見つけ、それをささげました。でも、神さまは1900年あとになってキリストという小羊を備えられました。神さまはアブラハムの手を止められ、イサクを犠牲としてささげることはさせられませんでした。それは間違ったことだったからです。神さまはアブラハムの息子を助けられましたが、ご自分の息子は惜しまずに私たちのために与えられたのです。

 

 #聖書#イエスキリスト #聖書の言葉#聖書の御言葉 #福音 #十字架 #救い#復活 #教会 #キリスト #創造主 #罪 #御言葉 #真理 #神 #神様#信仰 #罪の赦し

 

※ 是非、引き続きブログテーマ「ワンポイントシリーズ」をお読みください。

 

神の御子イエス・キリストは、罪深い人間の身代わりに、十字架で死なれ、死の力を打ち破ってご復活されたまことの神、救い主なる御方です。

 

    
キリストは罪人である私たちの身代わりとなられ、十字架にかかり、死んでくださり、墓に葬られ、ご復活されました。その神の御子なるお方イエス・キリストを真の神、救い主と信じ受け入れることによって、私たちの罪がゆるされ、永遠の地獄の裁きから救われます。これが罪のゆるし、死後の裁きからの救いの福音です。

 

※ いのちのみことばチャンネル登録(YOUTUBE)をお願いします。福音伝道用動画を作成し配信中です。チャンネル登録してお使いください。

 

 

 現在ランキング1位! クリックをお願いします!

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ 現在PVランキング1位! クリックをお願いします!
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村