青春? ♯65

テーマ:
 
~友梨奈~

 
最近、なぜかねるは私の所にくる
理佐という恋人がいるのにも関わらず。

私の所に来る度に
理佐は寂しそうな顔をして
こっちを見つめてくる


今日もまた、ねるは私と帰るらしい。
悩みがあるらしいけど、それはたぶん
理佐の事かな?

  




ね「お待たせ、帰ろっか」

平「うん」

ね「...。」

平「理佐のこと?」

ね「うん」

平「何かあったの?」

ね「グスッ……てっちゃぁぁぁん」

平「え、ちょ  どうした?」






ねるが泣きながらくっついて来たから
かなり驚いた

だって泣くってそうとうだよ?
ねるには助けてもらったし
今度は私が力になりたいな





ね「理佐の事好き、大好き」

平「う、うん」

ね「でも、理佐はきっと、私の事そこまで好きじゃないんだ」
 
平「え、そんなわけ」

ね「あるんだよ、、きっと」

平「ねるの思い過ごしじゃない?」
「ちゃんと話してみな?」

ね「怖いもん」



平「あ、そういえば最近理佐の事さけてるよね?」

ね「うん」

平「不安だから?」

ね「それもあるけど、、ある事を聞いちゃって、理佐がわかんないんだよね」

平「あること?」

ね「うん。ごめんね?多分これ勝手に話すのはいけないと思うから話せないんだ」 

平「大丈夫、だけどちゃんと理佐と話しなよ?」

ね「えぇ~」 

平「気持ちの整理がついたら話なね?」

ね「うん」




ある事ってなんだろ
ま、いっか

2人ともお互いに大好きだから
すぐに仲直りできるといいなぁ

別れるって事はないだろう






…………………………………………………………………………

~梨加~


もなと一緒に帰って
コンビニによって買い物を終わったら
理佐が1人で歩いてた


最近ねるちゃんと一緒にいる所
見かけないし、理佐の笑顔が減った気がする




梨「ねぇもな、あそこ」




ともなに理佐を教えると
すぐに



愛「りさぁ~」

理「あ、、、」



2人で理佐の元にかけよると
理佐は作り笑いを浮かべた




愛「…何かあった?」

理「え?」

愛「変だよ」

理「…何も無いよ」

梨「嘘つかないで、ねるちゃんでしょ?」

理「...。」

愛「理佐、話聞くよ?」

理「ねるさ、最近友梨奈といるんだよね」

理「友梨奈の方が好きなのかな、、、」

梨「ねるちゃんは理佐が1番だと思うよ?」 

理「でも、、、最近話しかけてくれないし」

愛「う~ん、、ねるも何かあるんじゃない?」

梨「理佐から、行けば?」

理「でもさ…避けられるんだもん」

「グスッ…ヒック……ねるの事大好きなのに…グスッ……辛いよ…」






とうとう理佐が泣き出してしまった

手で顔を隠しているけど
手から溢れ出る水の量から
どれだけ辛いか、どれだけ寂しいか
すごい伝わってきた


今まで、泣かないように我慢してたのかな
理佐は人に弱い所を見せようとしないから
今かなり限界なんだろう




理「グスッ……私だけ好きなのかな…ヒック」

梨「りさ…」

理「…ごめんっ、、今の忘れて。じゃっ」

愛「りさ!」 




理佐はそのまま走って帰ってしまった

もなは理佐が行った際を見つめながら
ただ落ち込んでいた




ぎゅっ

梨「もな」

愛「ん?」

梨「もなが抱える事じゃないからね?」
「皆で協力して解決してあげよ?」

愛「うん、そうだね。ありがと」




私たちはそのまま家に帰った

家に着くと理佐から
明日、話してみる
と連絡が入っていた。


理佐、がんばれ







AD