キラキラ初めましての方キラキラ

 

私のプロフィールはこちらから。

 

 

このブログは、

「自分を好きになる」

というテーマを中心に

私の経験や感じたことを綴っています。

夢の実現...ワークショップを開催しました

 

ただ、感じ方は人それぞれ。

ここに綴ることは

あくまでも主観であり

「私」という一つの「個」としての表現です。

 

 

読んだ方の何かのヒントになれば

こんなに幸せなことはありませんキラキラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の名前。

宝塚時代の芸名です。

 

 

 

 

 

 

この 静 という名前は

有難いことに大先輩にいただきました。

 

 

今も昔も

とても気に入っているのですが

 

 

近頃の現役生と比較してしまうと

 

男役としては

ちょっと大人しい印象だったかな?

 

と頭をよぎったことが

正直に言えば、あります。

 

 


 


 

いま「言葉と表現熱」に

浮かされている私は

 

 

原田マハさんの著書

「本日は、お日柄もよく」を

読み返しているところです。

 

 

 

 

この小説は、

 

スピーチライター ───

 

その名の通り、

スピーチ原稿を書くことを

生業とする人のお話なのですが

 

 

 

スピーチの大基本は

「静」 だという、くだりがあります。

 

 

 

その真意として書かれている一部を

以下引用させていただきます。

 

 

 

必要以上に力を入れたり、

威勢を張ったりする必要はない。

 

人前に出るのだから、

無理に目立つ必要はない。

 

力を抜き、

心静かに平常心で臨む。

 

 

 

 

 

 

人前に出る舞台人として

深みのある名前をいただいたものだと

 

 

改めて、感謝し

ますます、好きになり

とても、腑に落ちました。

 

 

 

 

 

芸名を考えた20歳の頃の私は

大して熟慮しなかったように

記憶しているのですが

 

 

いまになって

なんとも私らしい名前を

授けていただいたものだと

思わず笑みがこぼれました。

 

 

全てはご縁あるもので

天に見守られているなと

温かなホッとした気持ちで。

 

 

 

 

 

人前に出る時だけにとどまらず

いつも胸に刻んでおきたい一節です。

 

 

 

 

 

千佳流れ星

 

 

 

こちらでも同小説の一節をご紹介しています↓

 

★.。:* 関連した記事下矢印 :*・★

3時間後の私、24時間後の私。