いっちーの幸せ探し ~岡山,倉敷より保護猫ブログ~

いっちーの幸せ探し ~岡山,倉敷より保護猫ブログ~

岡山県内で猫の保護活動をしています。
仕事や家庭とのバランスを取りながら過度な無理はせず、程々に無理しての活動の為、頻繁には更新出来ません。マイペースですが保護活動をブログに書いて行こうと思います。

【ご支援のお願い】
活動を続けていく為、ご支援頂けると活動を継続出来ます。もしご支援頂けるのであればAmazon欲しいものリストを作らせて頂きました。よろしくお願い致します。
↓ ↓ ↓

https://ameblo.jp/chiiichiiichiiichiiichii/entry-12631429576.html



2021年、10/7に岡山県動物愛護センターよりレスキューしたチュウタ君。


レスキュー時に、頬に外傷がありました。右脚をかばう様に歩いていて、、頬の傷も他の猫にやられた傷なのか?交通事故なのか?センターの獣医さんも分からない。との事でした。

猫エイズ、白血病も陰性との事でしたが、センター収容されて、すぐの検査ですし、、、
 

猫エイズ、白血病の潜伏期間も考え1ヶ月後に再検査しました。(私がお世話になっている病院で使用されてるウイルス検査キットは、猫エイズ4週間、猫白血病3週間となってました)



結果は、
猫白血病 陰性→陰性
猫エイズ 陰性→陽性

でした。

猫エイズ陽性の判定線は、薄らでは無く、くっきり反応が出ていました。




思わず、病院で「えっ!マジ!?」アセアセ

チュウタが再検査した時の月齢が生後6ヶ月近かった事と、陰性→陽性(くっきり反応)に変わった事と、頬に血が出る様な深い傷があった事と、

全て合わせると、、母猫からの移行抗体では無く、チュウタ自身が猫エイズキャリアで間違いないと思います。


保護活動してると、残念ですが、たまーに、こんな事があります。

何も知らないままで、陰性だと思って猫エイズや、猫白血病の子を譲渡してたら、、しかも、先住ちゃんのいるお家に、、、と。

もう、先住ちゃんに移ってしまったら。と考えただけでゾッとします。ガーン

ホント、再検査してよかったです!
それまで里親募集をかけてなかったので、猫エイズは残念だけど、保護っ子のままで良かった。