昨日は松本市にあるやまびこドームへ。


毎年恒例の楽市楽座に行ってきました。



県内外からたくさんのうまいもんが集結。食べ物以外にも体験、健康などをテーマにしたブースがたくさん出店。



ドーム内はどこもたくさんの方で賑わっていましたね。



外は飲食が中心です。



わたくしは2年ぶりに行きましたが、2年前とブースの場所が変わっていましたね。


わたくしは広島焼と・・・


山形の芋煮。


妻は福岡の焼きラーメンをいただきました。



焼きラーメンが何気に美味かったです。ベースに豚骨スープの味がしっかり感じられましたね。芋煮は素朴な味わいで、癒されました。



ちなみに広島焼を買ったブースでは、♪それ行けカープがエンドレスで流れていました(笑)。


午後2時半前になると、ドーム内ステージ前にたくさんの人が集まります。写真はステージ裏側から撮ったものです。



今回はゲストで、松本伊代のトーク&ライブがありました。



写真撮影及び録音はNGということで、写真はありませんが、生で♪伊代はまだ、16だから~を聴くことが出来ました(笑)。



♪センチメンタルジャーニー以外にも5曲ほど歌っていましたが、客席にピンクのハッピを着た親衛隊の方々のパワーに圧倒されましたね(汗)。



思ったより小柄で顔が小さく(妻も同じ感想)、とても50代半ばには見えませんでしたが、天然なのは十分伝わりました(笑)。



楽市楽座は楽しかったんですが、帰る時に外はどしゃ降り・・・傘は差していたものの、夫婦ともびしょ濡れになって車に戻りましたね。色んな意味で印象に残りましたわ・・・。

9月12日、ホテルにチェックインし、歩いて市街地へ夕食を食べに行きました。

 

 

 

少し迷ったんですが(笑)、こちらのお店へ。

 

 

『郷土料理金ちゃん』

 

 

 

6年連続で石垣島に行っていた妻が行きつけということで、ずっと前から行きたかったんです。

 

 

まずはオリオンビールで乾杯!!

 

 

海ぶどう。

 

 

 

こんな大きくてしっかりした食感のものを食べたのは初めてですし、ちょっとした感動を覚えました。

 

 

大根とマグロをさっと炒めたもの。

 

 

 

金ちゃんはメニューがあって無いようなもの・・・妻からそう聞かされていたので、料理は全てお任せです。なので、メニュー名は分かりませんが、シンプルでお酒にもごはんにも合う一品でした。

 

 

ラフティー。

 

 

 

とろとろに煮込まれていて、甘めの味付けが最高でしたね。

 

 

ゆし豆腐。

 

 

 

胃にやさしい一品でしたね。大豆の味がしっかり楽しめましたし、普通のものより豆腐が細かいのでお汁感覚でいだけました。

 

 

島らっきょうの炒め物。

 

 

 

お醤油をほんの少し垂らしていただきましたが、ホクホク感がたまりませんでしたね。

 

 

刺身の盛り合わせ。

 

 

 

カツオ、マグロ、アオブダイ(イラブチャー)ですが、アオブダイ(イラブチャー)はこちらでないと食べれませんからね。新鮮でしたし、食感が楽しめました。

 

 

まさかこちらで石垣牛がいただけるとは思いませんでした。

 

 

 

塩コショウのシンプルな味付けでしたが、それで十分。柔らかくて最高でしたね。

 

 

 

そんな感じでお腹いっぱい・・・7000円ぐらいでしたが、コスパもめちゃめちゃ良かったです。

 

 

 

何より、大将の気さくで本当に楽しい時間でした。地元の方だけでなく、観光客も多くて、地元の方と一緒のテーブルで知らない者同士が飲むのは珍しい光景ではないようです。結婚の報告もしたんですが、本当に喜んでくれました。『オレの“娘”大切にしてやってくれよ』と言われましたが、妻のお父さんよりプレッシャーに感じたかも(笑)。

 

 

 

また石垣島を訪れる機会があれば、必ず行きたいお店です。本当に温かい気持ちになれました。

木曜日にドラフト会議が行われましたが、今までで一番驚きましたね。

 

 

 

くじ運はわりと良いマリーンズですが、まさか佐々木を引き当てるとは思いませんでした。

 

 

 

ファイターズ、イーグルス、ライオンズを含めた4球団との競合となりましたし、どのチームもマリーンズと同じでくじ運が良い部類に入りますからね。何だかんだで過去に超高校級と呼ばれた選手を数多く育ててきたファイターズなんじゃないかと心の中では思っていました・・・。

 

 

 

1位:佐々木朗希・投手・大船渡高
2位:佐藤都志也・捕手・東洋大
3位:高部瑛斗・外野手・国士舘大
4位:横山陸人・投手・専大松戸
5位:福田光輝・内野手・法政大
育成1位:本前郁也・投手・北翔大
育成2位:植田将太・捕手・慶応大

 

 

 

育成を含めて7選手を指名しましたが、戦力外通告をした選手の数を考えるとやや少なめという印象ですね。

 

 

 

実際にプレーを見た選手はいないので何とも言えませんが、佐藤、高部、福田の大卒3選手は即戦力のようですし、ポジションによっては生温い争いをしているところもありますから、刺激になるのではないかと期待できそうです。

 

 

 

個人的には3位の高部は面白い存在なんじゃないかと思います。外野は高齢化が進んでいますし、加藤や菅野なども伸び悩んでいますからね。荻野貴、角中、清田は30代半ばに近づいていますし、近い将来、藤原と外野の一角を担えるんじゃないかと期待しています。

 

 

 

何だかんだ言っても、やはり佐々木朗希!!

 

 

 

高校で163キロを投げるなんて・・・一日も早く観てみたいです。1年目から一軍でとは思いません。しっかり体を作って長い間活躍できる選手であってほしいですね。平沢、安田、藤原とここ数年で高卒の金の卵を獲得してきましたが、投手はいませんでした。投手コーチの役割が重要となってきますから、特に二軍を担当する投手コーチにはしっかり育ててもらいたいです。

 

 

 

皆さん心配していると思いますが、来年の浦和がとんでもないことになりそうで心配です・・・。

 

 

 

新人合同自主トレは、今年の藤原以上になることは間違いないでしょうし、近隣住民の迷惑にならなければいいと思うんですが・・・マリンで行うとか、今から対策を立ててもらいたいですね。

 

 

 

ここ数年は思い通りのドラフトが出来ていると思いますが、今年はさらにその上をいったと思います。100点満点のドラフトなんじゃないかと・・・あとはホント、育成ですね。