あなぐまのブログ

あなぐまのブログ

小倉北区足立山麓にある風のストリート沿いの謎のケーキ屋です。

 フルーツショートケーキ 380YEN

 以前は、長方形につくっていましたが、内容は同じでも、この三角の形の方がお客さんのウケがいいので、最近はもっぱらこのスタイルでやってます。

 三角というか、丸くつくってカットしましたというわけですね。

 フルーツは、季節とその日の入荷の都合によってかわります。

 もちろんフルーツの状態によっても。たとえば、メロンやいちじくは、よく熟れたもののほうが、香りもよくておいしいですが、ケーキに使うには、ちょっとやわらかくて、くずれそうかな・・なんてこともよくあります。ピークよりもちょっと若めの状態が使いやすいですね。

 トッピングされたフルーツの表面には、ナパージュというジャム状のものを塗って、乾燥や変色から保護しています。

 フルーツの断面はどうしても弱いので、現状ではやむを得ない措置です。フルーツを保護するもっといい方法が発明されたらいいですね。 しかし、現状でもとてもおいしくできていますよ。よかったらぜひチェックしてみて下さいね。  あなぐま

 マーブルクッキー ひとふくろ350YEN

 どこにでもあるマーブルクッキーですが、意外とコレ人気です。

 食べやすいからなのか、わかりやすいからなのか、どちらにしても大きな失敗はしないですからね。

 棒状に成型した生地をカットしてオーブンプレートに並べて焼きます。

 CTで撮影した内臓脂肪みたいだなとドキッとしつつカットします。

 焼き上がっても、内臓脂肪っぷりは変わりませんでした。残念!      あなぐま

 

 9月も中旬で、ハロウィンを見据えた仕事を増やしていく時期になってきました。まずは、クレーム・ブリュレに使用している容器をハロウィン仕様にしようかなと考えました。

 普段はそういうことはないのですが、今回、うっかり器の容量の確認が不十分なまま注文してしまいました。そう、いつもはそういうことはないのです。

 結局、サイズが でかい わけです。

 生地を流してしまうと、けっこう入る。通常よりだいぶ入る。通常より2割以上大きなブリュレになってしまいました。

 しかし、購入した容器は使ってしまわなければいけないし。商品価格を安易に上げるわけにもいかないし。 このさい、価格そのままということにしました。

 だから、ハロウィンの黒い器のクレームブリュレは、おトクです。是非、ご利用くださいませ。

 トンカ豆香るクレームブリュレ 420YEN             あなぐま

 

 マロン・ショコラ 400YEN

 モンブランが一番人気ですがそれだけでは、足りないので、栗のケーキをもう一つつくりました。栗のクリームと、少しのラム酒の香りをのせたチョコレートのケーキにしてみました。ぜひチェックしてみて下さいね。          あなぐま

 アップルパイ 360YEN

 この秋も、アップルパイをリリースすることができました。生のりんごをつかっている都合により、当店のアップルパイは、秋から春までの季節商品となっております。

 今年も、例年通りのりんごとパイの生地でできた、シンプルなアップルパイです。

 できるだけ毎日。せっせと焼きますので、ぜひご利用くださいませ。      あなぐま

 りんご入荷しました。今シーズン最初の品種は、サンつがるです。

 で、今はもう鍋の中です。

 りんごは、皮をむいて四分の一にカット。種を取って、バターと砂糖だけで、ソテーしました。

 パイ生地は準備できているので、明日の朝アップルパイになる予定です。19-20シーズンのアップルパイは明日からのスタートとなりそうです。  ぜひご利用くださいませ。       あなぐま

 

 きょうは、ジャガイモとブルーチーズのキッシュを焼きました。 1CUT 300YEN

 ブルーチーズのぴりっとした塩気とじゃがいものほっくり感。生クリームと卵のアパレイユがよく合います。

 もちろん焼き立てがおいしいですよ。このところ、キッシュとパンは毎日焼いているのですが、アップルパイがはじまると、時々、お休みということになりそうです。販売スペースがそんなに広くないのです。ご了承くださいませませ。  あなぐま

いちじくのショートケーキ 380YEN

きょうも、残暑は厳しいですが、少しずつ秋の感じもしてきましたので、きょうはいちじくのショートケーキをつくりました。

いちじくや、マスカットで、ショーケースの中も、やや秋の色彩が感じられるようになってきました。

きょうのいちじくは、蓬莱です。最近はとよみつひめが主流になっていますが、甘さの少ない蓬莱が入荷しましたので、ショートケーキにいいのではないかなと、考えました。果肉もしっかりしていますしね。

よかったら、チェックしてみて下さいね。        あなぐま

碧いレモンのタルト 300YEN

国産の碧いレモンでレモンメレンゲパイをつくりました。

クラシックなタルトですが、わりと一般受けしますね。碧いレモンのさわやかな香りが印象的です。個人的には酸っぱめがすきなので、果汁は多めに加えました。

また、近いうちにつくりましょうね。秋が深まりすぎないうちに。     あなぐま

 モンブラン 460YEN

 生栗でつくるモンブランです。ベースはタルトレットになっています。メレンゲをつかっているお店も多いですが、個人的に、メレンゲじゃない方が好きなので、タルトレットに、クリームと栗を詰めて、その上に、栗のクリームを絞っています。

 結局は、この栗のクリームがキモなので、これをいかにおいしくつくるかにエレルギーをつかいます。

 きのうまでは、熊本産の栗をつかっていました。きょうは福岡産のものが入荷しましたので、今回コレでやってみようと思います。そんなに大きな違いはなさそうですね。

 うちの場合は、栗を剥いて、それをシロップで煮て、翌日、これを裏ごし。栗は剥くのもたいへんですけど、裏ごしもなかなか厳しい作業です。栗のシーズンが秋だけでよかったです。年中だと、カラダがもちませんね。

 で、裏ごした栗に生クリームをあわせます。

 お酒を入れたり、バターを入れたりはしません。美味しい栗をストレートに味わえるということをテーマにした、モンブランを今年も目指します。

ぜひチェックよろしく。         あなぐま