2020年にオンラインで、

「片付けのコンステレーション」

をテーマに、

1回のオンラインセッションで、

片付けられない原因を探り出して、

解決を見つけてから、

3回のコーチングをセットにした、

パッケージを提供しました。

 

そのセッション後のコーチングでは、

クライアントさんは携帯を使い、

今から片付けに着手するという現場と、

自宅の仕事部屋にいる私が繋がり、

実践的なコーチングを行いました。

 

例えば、

居間の片付けを始める際には、

そこを映像で見せてもらい、

どの位置の何から手をつけると、

本人が楽に進めることができるかを、

二人で相談しながら決め、

私が見守る中、

クライアント本人は手を動かす、

という方法です。

 

それは双方にとってなかなか面白く、

片付けは一人でやるよりサクサク進み、

見事に結果を出していきました。

 

 

片付けられない症状は、

人によって様々で、

居間だけ片付けることができない人もいれば、

台所だけ収集がつかないという人もいますし、

床一面に本とか、

衣類を広げるように置いてしまう人もいます。

 

それぞれが、

隠れた理由や原因を、

無意識にその状態(症状)を通して訴えています。

 

多く見かけるのが、

家族の過去に、

空襲に遭った人がいる、

原爆による被爆者がいるという場合で、

焼け跡の荒廃した景色と心の傷を、

本来くつろげる筈の自分の居場所、

家や部屋で再現しているというケースです。

 

 

自分の無意識が、

本当は何を訴えているのかを理解しない限り、

いくらコンマリの本を読んで、

セミナーに通っても、

すぐに片付けられない自分に、

戻ってしまうのではないか思うのです。

 

6月のワークショップは、

もう間近になっているのですが、

もし、ワークショップの参加者の中に、

片付けを問題として、

働きかけを受けた人がいた場合、

アフターケアのコーチングは、

実践実況中継方式でお手伝いします。

 

本人が作業を進めるにあたり、

実践コーチングをもっと求めたいとなったら、

オンラインの3時間パックとか、

5時間パックとかを申し込んでいただけたら、

現場とつなぐ、

実践実況中継方式コーチングでお手伝いします。


一度、そんな風にやってみると、

片付け方のコツを掴むみたいで、

早い人だとコーチング一回で、

何を手放し、

何を残し、

何を優先して、

何が記憶と絡んでいるのかを、

見極めるようになって、

次からは一人でも、

頑張らなくてもできるようになるのです。


大切な思い出は残し、

物は物として仕分けることが可能になります。

 

この頃、東京近辺では雨が続いています。

梅雨が始まる前に、

部屋をサッパリさせたい人が、

いるのではないかなと思い、

こんな方法もあるよとご提案です。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

6月4日(土)、5日(日)は、

東京でのワークショップです。

来週の土日5月21日、22日は、スーパービジョンです。

毎年、私の新しい発見をファミリーコンステレーションの実践者の方々と分かち合う場であり、セラピスト、ファシリテーターの方々のブラシアップ講座でもあります。