チェリーのはっぴーらいふ☆

チェリーのはっぴーらいふ☆

2009年生まれのマルチーズの女の子です。我が家の2代目の愛犬です。いつの間にか10歳になりました。

チェリー地方は冬が来ると、本当に晴れの日が少なくなります。

 

だから、最近の「小春日和」の日はとても貴重なんです。

 

きれな「皇帝ダリア」が咲いてます。

 

 

 

いつもご近所さんのお散歩コースを止めて、

 

車で市役所の近くの公園まで足を伸ばしました。

 

 

 

市民会館が新しくなり、図書館もきれいになりました。

 

 

 

車の中で不安そうなチェリーさん。

 

どうしたのかな?

 

お母さんがいるから大丈夫だよ。

 

 

 

公園はすっかり晩秋。

 

枯れ落ち葉が趣があって、なんだか違う雰囲気。

 

 

 

チェリーも少しずつ慣れてきました。

 

 

小学生がいつもたくさんいるのですが、

今日は早めに出かけてきました。

 

 

 

 

公園から、道路の方へ行ってみました。

 

 

 

何のオブジェなのかなあ?

 

 

 

遠くの半島の山々の木々も色づいて、もうすっかり秋だね。

 

 

 

お家に帰って、寝んねです。

 

 

お日様に当たったら、気持ちよかったね。

 

また、行こうね。

 

 

 

 

 

 

 

 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

 

今回は回復するのに、時間が結構かかりました。

 

フードをだんだん食べなくなって、本当に困りました。

 

好きなおやつを食べなくなって、病院に連れて行きました。

 

 

血液検査をしてもらったのですが、特にこれといった原因も分からず。

 

 

心臓は雑音がするのですが、まだそれほど深刻でもなく。

 

 

とにかく食べれそうなものをいろいろ試してみました。

 

 

 

 

お菓子作りが好きなので、米粉やこめ油、てんさい糖を使って、クッキーを焼いてみました。

 

 

 

少しずつですが、食欲が回復してきていたので、この辺りから

食べ物を食べてくれるようになったのです。

 

 

本当に安心しました。

 

 

 

おやつの「おねだり」です。

 

少々うるさいのですが、元気になったので

うれしい悲鳴です。

 

 

目も生き生きしてきました。

 

 

これで安心して一緒に眠れます。

 

 

 

何か、怒ってる?

 

 

いやいや、怒ってないよ。

 

 

 

 

ただ、うるさいだけだよ!

 にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村

 

ワンちゃんも年を取ると、人間と一緒で、あちこち悪くなります。

 

チェリーもご多分に漏れず、病院通いが続いています。

 

 

昨晩はお腹がぎゅるぎゅる鳴って、眠れなかったね。

 

今朝一番に病院に行って、点滴と抗生剤の注射をしてもらいました。

 

 

 

病気になると、本当に「かまってちゃん」に変身します。

 

「抱っこ、抱っこ」攻撃です。

 

 

3キロ弱のチェリーを抱っこしながら、夜中に部屋を歩き回ります。

 

 

我が家にはまだ、「孫」はいませんが、いたらこんな感じかなあ、

 

なんて思いながら、抱っこをしてます。

 

 

病院の先生と「手つくりご飯」の相談をしました。

 

 

タンパク質と炭水化物、野菜類などの量の割合を聞きました。

5割がタンパク質、鶏肉か白身のお魚。

 

ご飯を加え、野菜類は食物繊維があるので、少な目で。

 

かぼちゃかさつまいも。

 

じゃがいもは、かえってお腹を壊す子がいるらしいです。

 

後はカルシウム。いりこなどがいいそうです。

 

 

 

続けるの大変そうだなあ?

 

カリカリフードを食べてくれないチェリーさんに

頭が痛いお母さんです。

 

 

 

 

いっぱい並んだフードです。

 

 

以前の写真です。

 

 

早く元気になりますように。

 

 

 

 

 

にほんブログ村 犬ブログ マルチーズへ
にほんブログ村