なぜ「値上げ」が必要なのか?
を考えてみよう!

 

 

値上げを企業側から見ると


●値上げをしていかないと
これからの時代、
現状の売上、利益が保てなくなる。

値上げをしないと
売上、利益は減少してしてしまい
貧する経営になってしまうだろう・・・

 

●これからの時代とは
人口が減少していく時代である。

日本の人口は減少していく

人口が減少すれば
 →おのずと顧客の数も減る
 →そうなると売上は減少する。

 

●売上を分解すると
売上=「単価」×「人数」
だ。

例えば、今は
10万円の商品を10人に売っているならば
売上は→10万円×10人=100万円
じゃないですか。

お客さんの数が減る
すると

例えば、今後は
お客さんは8人に減ってしまう。

売上は→10万円×8人=80万円
になってしまう。

うーんどうしよう?

●今の売上100万円を維持したいよね
8人のお客さんで

売上=単価×人数
の算式に当てはめると
 

100万円÷8人=125,000円

 

単価を
100,000円から→125,000円
に値上げすればいいんだ。

そうすれば
売上1,000,000円を維持できる。
125,000円×8人=売上1,000,000円

●でも
125,000円÷1000,000円=125%
25%の値上げだ・・・

えーそんなに値上げムリー(>_<)

25%値引きセールならね
25%値上げセールなんてしたら

お客さんとして残っていただいている
8人のお客さんも
どっかに行ってしまうよ・・・

●値上げして売上を維持しようと思ったら
逆に、売上が減ってしまう(>_<)

125,000円×8人=売上1,00,000円
の目論見が

125,000円×6人=売上750,000円
とかになっちゃうよ・・・

値上げせずに
100,000円×8人=800,000円
にしといたほうがマシだった
ということになつちゃう

どうすればいいだ???

●人口が減る時代(=お客さんの人数が減る)
机上の計算だと
人数が減る分、単価を値上げすれば
売上は維持できるじゃん
となる。

●しかし
現実はそう簡単にはいかにない。

安易に値上げをすれば
お客さんが逃げていくことなる。

値上げ→売上の維持ではなく
値上げ→売上の減少となる

●とくに
デフレマインドが強い日本の消費者が相手だから
値上げはそうそうできない。

●ならば
値上げできずに
顧客はじょじょに減って
売上もじょじょに減って
時間ともに貧する
のを受け入れるのか・・・?

どうしよう???

●ただ一つ言えることは
「考える」
ということだ。

なんとなく経営するのではなく、
考えて、工夫する。

そうすれば、何か解決策が
絶対に出てくるはずだ。

それを信じて考えましょう♪

●経営者とは「考える人」です
一緒に考えましょう
「三人寄ればイノベーション♪」

(2021/6/26)