めずらしい・・・

 

いつもの、かつ丼屋さん↓が、お休み。

https://ameblo.jp/cc-sumomo/entry-12389932435.html

(後日、聞いたら、田舎に帰ってた、とのこと)

 

じゃ、いいか。 帰ろ。

と、思いましたが、いつもスクーターで、お店の横を通り過ぎる、

(神戸で、たぶん一番いかがわしい通りなのです)

インド料理屋さんを、ふと思い出し、行ってみた。

 

お店の名前は、ANGOOR(アンゴール) ← どういう意味だろ?

店内は、なかなかキタナイ^-^;

(掃除、したい~)

しかも日本語が正確に通じている気がしない^-^;

(失敗したかなぁ・・・と、少し後悔が・・・)

 

とかなんとか、やりとりしながら、チキンカレーとライスを注文。

作り方を見ていると、どうも小さいお鍋で一人分を作るみたい。

ほぅ、手間がかかるのねぇ。

温めて、ごはんにかけるだけじゃないんだぁ。

と、観察していると、白い飲み物が出てきた。

 

「これ・・・たのんでませんけど・・・」

「サービス」

「なんですのん?」

「ラッシー」

「らっしー?」

「ヨーグルトな飲み物」

(メニューを見ると400円もするじゃん)

と、おバカな会話をして、カレーが完成。パチパチ。

 

「写真、撮ってもいいですか?」

「いいよ」

で、パチリ。

 

 

ほぅ、辛くない、やさしい味だねぇ。 なかなかおいしい。

パラパラ散らばっている葉っぱの切れ端もいい香りがする。

食べていると、けっこう複雑な成分なのだと気づく。

ほぅ、これは、なかなかのごちそうだ。

 

で、すりきり一杯のラッシーとやらを飲んでみる。

甘っ!

ヨーグルトに飽和量の砂糖を溶かしたような感じ。

あ、でも、これ、おいしい。(サービスだから?)

 

とりあえず、おいしかったし、なかなか楽しめたので、また来てみようかな。

今度は、ライスじゃなくて、ナンで。

 

こんばんは。すももです。

 

千葉の停電、まだ5万軒強が未復旧・・・

需要家のみなさん、電力関連のみなさん、お見舞い申し上げます。

電気は送れるのに、配電網がダメとは、なんとも歯がゆいです。

 

んで、三相信号発生回路の続き。(しつこい^^;)

その4↓で、ポータブルタイプは、完成としたんですが、

https://ameblo.jp/cc-sumomo/entry-12516547605.html

◇電流出力が小さい。

◇ロス、発熱が多い。

のが、気に入らなかったので、D級アンプを使えないかと、

試してみました。

 

D級アンプは、スイッチングによるパルス幅変調で波形を再現する方式で

いわゆるディジタルアンプ(デジアン)といわれてて、効率がいい。

ただスイッチングノイズがたくさん出るので、人間の耳は騙せても、

計装信号に使えるかは、試してみないとわからない。

 

最近、デジアンは人気で、チップメーカーの標準回路を完成基板にして

販売していることが多く、チップやその他、部品を集めて作らなくても

目的に近いものが簡単に手に入る。 しかも、その方が安いし^^。

 

で、よかったのが、ST社のTDA7492。 ノイズがマイルド。

変成器の絶縁だけで問題ないレベルまで抑制できた。

うん、これで・・・と思ったけど、もう一台作れる材料が揃ってしまったので、

ベンチタイプ(据え置き形)を作ることにしました。

 

1、部品取付

 

 

2、配線

 

3、動作テスト

今回は、指示計器じゃなくて、電源品質アナライザでテスト。

・電流は変流器でブーストしているので、5Aがラクに発生できるようになった^^。

 発熱も少なく、効率はリニアアンプの倍以上!すごい!ファン要らず。

・波形は、ちょっとひずむ。THD=5%くらい。用途的に問題なし。

 (ひずみの主な原因は、発振器と変成器。アンプは優秀)

・進み電流のベクトル。45度くらい進められる。

・遅れ電流のベクトル。60度くらいかな。

できるとわかっている作業は早いなぁ。

もう少し研究して、ポータブルの方にも応用しようっと。

 

こんばんは。 すももです。

 

月と木星。 今日は、よく見える。 2000倍も遠いんだなぁ。 

 

 

太陽系最大の惑星

英語で、Jupiter(ジュピター)

ラテン語で、Juppiter(ユピテル)かぁ。

 

ん、ユピテルって・・・

 

すももです。 ・・・やっと、できました。

 

これがあれば、三相電源のない場所で、三相の指示計器を簡単に

チェックできます。(写真のように自宅の机上でもできる)

直流12Vの電源で動くように作ったので、自動車のシガーソケット

でもOKです。

3つのつまみのうち、左が電圧レベル調整用、中が電流レベル調整用、

右が電流位相調整用。 これ以上ないほど、簡単な操作系です。

 

 

 

で、三相ってなに・・・っていうと、電柱の高いところにある3本の架空線が

三相の6000V。 ビルとかは大きな電力を使うので6000Vのまま

電気を買って、自家用の電気設備で200Vとか100Vにしてる。

ここで電気を監視するためのメーターがたくさんついているんだけど、

メーターが良品なのか、配線は正しいのかを事前に確認しておかないと

不具合があったとき、電気が送れなくなって、大迷惑になっちゃう。

 

三相は以下のような結線で、右のベクトル図のような関係になってて、

 VTは、計器用変圧器といって、メーター用に電圧を安全に小さくする部品。

 CTは、計器用変流器といって、メーター用に電流を安全に小さくする部品。

P=V12×I1+V32×I3(頭のドットは省略^^;)に比例する。

Pは、電力、Vは、電圧、Iは、電流のことです。

・・・と、昔のえらい人が「ブロンデルの定理」として証明してくれてます。

で、V12、V32、I1、I3 が得られると、(イ)(ロ)(ハ)のベクトルは、簡単に

合成できるし、わざわざ電力演算に使わなくてもいい。

んで、結線を間違ったりすると、機器を破損させたり、ベクトル方向が

反転しておかしな指示値になったりする。

でも、意外とチェックされていなくて、おかしな指示値のまま、

運用されている設備もあるんです。

それの確認や修理の依頼というのも、ときどきあります。

 

以下、通電テスト。

まず、電子式指示計器。 電流、電力、電圧が正常に指示。

 

次、機械式電力計。うん、有効電力として正常に指示。

実際に100kWの負荷を動かしてもらわなくてもいいのがミソ。

 

次、力率計。 さっきの電圧と電流ベクトルの位相角を指示する計器。

この計器がけっこう厄介で、まちがいが多い。

まず位相を調整して進みの指示を確認・・・OK。

で、位相を調整して遅れの指示を確認・・・OK。

つないでしまえば、あっという間に挙動を把握できるので、

自主点検や施主さんへの説明に使えそう。

ただ、ポータブル重視で作ったので、扱える電力が小さくて、

フルスケールまで振らせられないのと、

やっぱり、出力のモニタ計器がほしいなぁ、

簡易校正ができるのに・・・と思った。

 

まあ、勉強にもなったし、壊れても自分で修理できるし、

とりあえず使えるものができたので、良しとしましょう。

 

☆後日追記(2019.09.23)

D級アンプ(PAM8610とTPA3118)に載せ替えました。

電源にケミコン1000uF25Vを取り付けると、

トランジェントが改善されて、具合が良くなった^-^。

リニアアンプと遜色ない性能で、発熱は半分以下に^-^。

 

すももです。

 

お盆と大雨を伴った台風が過ぎていきました。

戦争や自然災害や・・・、生死を考えさせられる今年の夏。

 

・・・とはいっても、できることしかできないのですけど。

 

で、三相信号発生回路の続き。

ちゃっちゃと作ってしまえばいいものを、ゆっくりやっております。

(ブログが「備忘録」として、役に立ってるなぁ・・・)

 

今日は操作パネルを加工したので、備忘録に^^。

 

昔作って退役したデータロガーのケースを流用する。

ホームセンターで買ってきたアルミ板をケースのパネルのサイズにカットして・・・

 

1、けがき

 

2、穴あけ

 

3、塗装

 

4、部品の取り付け

 

 

 

うん、それっぽくなってきた。

 

すももです。

最近、気晴らしに、職場の屋上で ラジコンカーを走らせて遊んでいます。

 

↓ こんなの (タミヤのグラスホッパーという車種です)

最廉価品なのに よく走ります。

 

高儀のディスクグラインダーケース DC-125 (\1500くらい)に

ぴったり入ります。

 

今日は、カメラを載せて走らせてみました。

 

 

日差しが まぶしい~。

 

 

 

Windows7の延長サポートが、2020年1月14日で終わるそうなので、

少しずつ、手持ちの端末を Windows10にアップグレードしています。

無償アップグレードのキャンペーンは、だいぶ前に終了していますけど、

その時はアップグレードしたくなかったので、今更ということに。

 

現在でもマイクロソフトが提供してくれている、

 MediaCreationTool1903.exe ("1903"は、現在最新のようです)を入手すれば、

(MediaCreationTool で検索~) 正規のWindows7なら、

自動的にプロダクトIDを読んで アップグレードしてくれます。 

(端末によっては ダメなこともあります)

(Panasonicのレッツノートやタフブックの古い機種は"1809"の時、苦労しました。

  "1903"なら 難儀だったCF-19も あっさり通りました。 改善されてるねー)

 

で、Slate2のアップグレード。

この子は、HPの古いタブレットPCで、今や Windows10のシステム要件を

ギリギリ満たす程度の残念な性能・・・なのですが、

win7pro 32bit/8.9in(1024x600)/Atom Z670 1.5GHz/SSD64GB/2GB

造りは、なかなかかっこいい。

 

元々プチフリしやすいし、Z670なので、動作はもっさり。

10時間以上かかりましたが、とりあえず、入りました^ ^。

(有線LANですればよかった・・・)

 

 

でも、無線LANが、パネルタッチが、bluetoothが認識しない等々、

いろいろ、なんやかんやあるわけで。

(やっぱり、有線LANですればよかった・・・)

でもまあ、OSが入ったから、デバイスマネージャから、

ドライバを、消したり、入れたり、ひねくり回して・・・

(タッチが4点になったのに不安定、最終的にシングルタッチに戻す)

とりあえず、アラートは解消。

 

その後、約60GBしかない主ストレージから、

不要なファイルをどんどん消して、空きを35GBほど確保。

(追記: 空き43.7GB/57.0GBまで、確保できました~)

Windows7の時よりも 動きが軽くなった。 なかなかいいねー。

 

とりあえず、Windows10でも動くということで。

今は、職場の机上で 閲覧用端末になってます。

 

かわぐちかいじ先生の漫画が好きで、

今上映中の「空母いぶき」を観てきました。

どちらかというとアニメが好きなんですけど、

この作品なら実写もアリかなって。

 

内容的には漫画とかなり違うオリジナルストーリーで、

なるほど、これはこれで よくできてる。

俳優さんたちもいい感じで、原作漫画を台無しにしちゃうようなことには

なっていないように思う。

 

かわぐちかいじ先生は「軍事的」な漫画を多く描かれていて、

女子はあまり登場しない。

映画の本田翼さんのようなかわいい人は漫画には出てこない。

男たちの思いのようなものを描くことが最重要なのだろう。

でも、その思いの中には女性や子供たちがないわけではない。

 

「空母いぶき」のような「軍事的」な作品(ストーリー)は、

敵対関係のどちらにも正義というか都合があって、

悪者をやっつけるのを観る、痛快アクションではない。

 

すももは、いつも不思議に思う。

地球という惑星の生き物を焼き尽くすのに足る暴力装置を

地球人は、たんまり持っているということ。

しかも、おもに人に向けて使用するようにしてある。

それは、愛する人や物を守るための力であるという。

それは、はるかに安価な食糧や教育や医療やエネルギーや

環境対策などよりも、大きな代償を払って構築されている。

それが無駄とかいらないとかは思わないけど、

なんとも切ない。

 

「敵勢力」なるものが火器を使用する。当たると大変なので迎撃する。

でも迎撃に100%はないから、当たって損傷する機体や人が出る。

これはくやしい!かたき討ちしたくなる!

だんだん劣勢になる前に、敵兵力を無力化しないとこちらが危ない。

となると、有効な攻撃をせざるを得なくなる。

それは「敵勢力」にとっても同じこと。

 

自衛隊や各国の軍のみなさん、本当に本当に大変なお仕事です。

でも、どうか装備品や訓練が無駄になってほしいです。

 

平成最後の日の今日は、いつものホームセンターで

 1800 x 300mm

 1800 x 350mm

 1800 x 400mm

棚板を3枚買ってきて、棚をこしらえた。

作業の途中、休憩していると、

今日で退位する天皇陛下最後のお言葉をテレビで放送していた。

なんとも、心にじーんとくる。 

両陛下、

少しは、お体とお心を休めることができるのかな。

いや、そうでもないんだろうな。

上皇、上皇后となられても、お心は変わらないのでしょう。

でも、お元気な状態で元号が変わるというのは、

悲しくないし、なかなかいいもんだと思う。

あと数時間で平成が終わり令和になる。

それは言い方が変わるだけで、月が替わる程度の意味しかないけど、

ひとつの区切りではある。

 

時代は止まらない。

 

令和だからって、なにができるかわかんないけど、

あともう少し進もう。

昨日よりも、少しは、賢く、上手に、なれるかもしれない。

 

うーん、まずは散らかった部屋をどうにかしないと・・・